ココ・シャネル:5番目の獅子

ガブリエル・ボヌール・シャネル(1883-1971)フランス出身のファッションデザイナーで、世界的ファッションブランド「シャネル」の創業者。女性にも着心地の良い洋服を提案すべく、シャネル・スーツや香水を生み出しました。

※フランス、ソミュールの街並み

<歌手を目指しデザイナーへ>

シャネルは、フランス南西部メーヌ=エ=ロワール県ソミュールの救済病院で誕生。12歳頃に母が病死し、行商人の父にも見捨てられた彼女は、孤児院や寄宿生の修道院学校で育ちます。当時の修道院学校は、様々な階級の子供たちが集まっており、中には裕福な家庭の子供も行儀見習いや勉強のために通っていました。そのため、孤児だった彼女は軽蔑やいじめの対象となっていたのです。しかし、同じ修道院学校に居た(父方の)叔母の影響で、ファッション業界に強い感心を抱き、辛い経験をしながらも裁縫の技術を学びました。

その後、18歳で孤児院を出ると、フランス中央部ムーランへ移ります。これまでに習得した知識と技術を生かし、洋服店で裁縫の仕事をしながら、キャバレーでも働くようになりました。ココ・シャネルの“ココ”は、この頃に彼女が歌っていた曲のタイトル「Ko Ko Ri Ko (ココリコ)」と「Qui qu’a vu Coco dans le Trocadero(トロカデロでココを見たのはだれ)」の2曲から来ています。彼女が舞台に立つと、観客は「コッコッ」とニワトリの鳴き声をマネし、声援を送りました。こうした事から「ココ・シャネル」と呼ばれるようになります。

しかし、彼女が歌手として将来の道を切り開く事は難しかったのです。当時の恋人エティエンヌ・バルサンは、落ち込む彼女を郊外の牧場へ連れて行き、慰めました。また、自らデザインした帽子が周囲から評判を得ていた彼女に、お店を構える事を提案します。彼の資金によってブティックを構える事が出来ましたが、その後2人は別れてしまうのです。

※現在のシャネル・パリ本店

そんな彼女の前に新たなスポンサーとして現れたのが、イギリス人実業家のアーサー・カペルでした。彼はパリにブティックを出展するための資金を用意してくれたのです。ブティックの売れ行きは好調で、3年も経たずにフランス北岸にあるドーヴィルに2号店を構えました。そして、1915年には初のファッションショーを主催し、公に彼女のデザインを広める事に成功します。当時、窮屈なコルセットを身につけるのが主流だった女性にも、柔らかくて着心地の良い洋服を提案。シンプルなデザインや着心地の良さを実現した女性のパンツルックやワンピースドレス、ジャージ素材のスーツは、瞬く間に好評を得る事となりました。

『Deauville –Inside CHANEL』

<自由な女性>

シャネルは仕事に励むようになりますが、ブランドが大きくなるにつれて現場の作業員たちと意見や価値観が喰い違うようになっていきます。そして、労働条件に不満を持った作業員たちが集団ストライキを起こしたのです。孤児として育ち、努力を惜しまなかった彼女は作業員たちの気持ちに寄り添えず、上手く交渉する事が出来ませんでした。

その結果、ブティックは次々とシャッターを下ろす事に。さらに、第二次世界大戦中ドイツに占領されたフランスでは、彼女も苦しい生活を強いられます。しかし、そのような状況下でも彼女は屈しませんでした。なぜなら、ドイツ王族の血を引く貴公子ディンクラーゲ男爵と愛人関係にあったからです。しかし、彼はドイツの大物スパイであるとも噂され、彼女がその協力者として数年姿を暗ましたのではないかという説が浮上しました。

フランスの公文書館には、警察の報告書が残っています。そこには、ドイツ軍情報部のエージェントとして、彼女の名前と共にコードネーム、エージェント番号が記載されているのです。彼女は、共産主義の浸透を防ぐためにドイツ軍やイギリス軍に協力したのか、それともただの色恋沙汰か。真相は明らかでないにも関わらず、連合軍によってフランスが開放された後、彼女は逮捕されてしまいました。彼女は、様々な人脈(イギリスの首相チャーチルや前国王と友人関係、イギリス大貴族の元愛人など)の持ち主であったため、ドイツ軍はその人脈を利用しようと企んだのかもしれません。

その後、戦争が終わるとスイスへ亡命しました。同時期、ディオールの創業者クリスチャン・ディオールがシャネルと正反対のデザインを発表。クリスチャン・ディオールが発表した洋服は、女性の身体を美しく見せるためにコルセットを使用していたのです。このニュースに黙っていられなかったシャネルは、1954年に再びファッションショーを開催する事を決意しました。

『Gabrielle Chanel –Inside CHANEL (VF)』

<女性の新しい生き方の提案>

シャネルは、女性服のシルエットを変えただけではなく、女性の自由な生き方のシンボルとして、シャネルブランドを確固たる存在にしました。シャネルブランドは、働く女性が身につける憧れの存在となり、上流階級の女性には流通ブティックとしての立場や役割を提案したのです。

※シャネルブランドのジュエリーやアクセサリー(イメージ)

その後、ジュエリーやアクセサリーもデザインに加えました。また、イミテーションの宝石に価値を見出した彼女は、ファッションと融合させていきます。そして彼女は、オートクチュールにこだわり続けましたが、作品がコピーされる事は容認していたのです。それでこそ、流行でありファッション業界の先頭を走るブランドだという自負がありました。彼女は「流行こそ時代遅れであり、私はスタイルを作っている。みんな私の着ているものを見て笑ったわ。でもそれが私の成功の鍵だった。みんなと同じ格好をしなかったから。」と語っています。

自分が好きな事で、人生を切り開いていったシャネル。そして、洋服の優美さは自由な身動きであるとして、自由な女性のライフスタイルを提案し続けました。晩年は孤独と不安に悩まされ、ひどい不眠症に陥ったようですが、コレクションの準備には熱心に取り組んでいたようです。服装だけに目がいくのは下品であると考え、女性を引き立たせる上品なデザインを追求し続けました。

彼女は、1971年ファッションショーの準備中に体調を崩し、長年住んでいたホテル・リッツで亡くなります。(享年87歳)ドイツ軍への協力やスパイ行為を容認出来ないため、フランス高級墓地への埋葬を拒否された亡骸は、亡命していたスイスのローザンヌにある墓地「ボア・デュ・ヴォー(9-No.130)」に埋葬されました。彼女の墓には、5匹の獅子(5番目の星である獅子座)が掘られています。生前、ライオンのモチーフを好み、たばこの箱や部屋にはライオンの置物が飾ってあったようです。シャネルブランドでは、現在でもハイジュエリーコレクションにおいて度々獅子をモチーフにしたジュエリーが発表されています。

『Le Lion –Inside CHANEL (VF)』

※本記事はコロナウイルス感染症拡大より以前に執筆・掲載された記事です。

関連記事一覧