オーストラリア:ビーチでリラックス、オージーたちの休日の過ごし方

オージーたちの休日はもっぱら「ビーチサイドでリラックス」というスタイルであることが多い。オーストラリアのビーチ周辺には様々な施設があるが、その中でもオージーたちに人気のある施設や休日の過ごし方をご紹介しよう。

これがオーストラリア流!休日の過ごし方

オーストラリアは広大な土地に透き通った海がどこまでも広がり、海好きにはまさに「楽園」のような国だ。

そんなオーストラリアで人気のある休日の過ごし方は、何と言っても「ビーチでのんびりすること」。
無数のビーチが点在しているが、どこのビーチでも赤ちゃんから若者・老人まで幅広い層のオージーたちや移住者の姿が確認できる。

ここではオージーたちがどのように休日を過ごしているのかにスポットを当て、詳しくご紹介していくことにしよう。

ビーチで日焼け

ビーチにタオルを敷いて寝転がり、太陽の光を全身にたっぷりと浴びる…。
波の音を聴きながらゆっくりと目を閉じ、ただただ時間の流れを感じる…。

こんな贅沢な時間の過ごし方はオージーたちが最も求める休日の過ごし方と言ってもいいだろう。

それを象徴するかのように休日にはたくさんの地元民でビーチが賑わっている。明け方から専用トレーラーが砂浜の凹凸を均したり不要物を撤去したりという整備が行われている。
そのため「ビーチがゴミで汚れている」といったことはほとんどなく、常に清潔でクリーンな砂浜が保たれているのだ。

綺麗な砂浜に腰を下ろして太陽に顔を向ければ、そこにはサンサンと輝くオーストラリアの気候を感じられるだろう。

読書や音楽

ビーチでリラックスするというスタイルは、オージーたちに限らずオーストラリアに住む移住者にも大人気だ。

そしてよく目にする光景は、ビーチで日焼けをしながら「読書」をしている人や「音楽を聴きながら寝ている」人たちである。お気に入りの本や音楽をビーチに持ち込めば家とはまた違った感覚で趣味を楽しむことができる。

オージーたちの休日の過ごし方を注意深く見てみると、そのほとんどが広大で壮大な自然と触れ合うことによって日頃のストレスを発散させているように思われる。音楽や書籍はある意味「自然と一体化させてこそ意味のあるツール」なのかもしれない。

スポーツをする

寒い土地に住んでいる人たちからすると考えられないほどアクティブで活動的なオーストラリア。

日の出と共にランニングを始める人はもちろん、日の出よりも前に起床して海へ出かける人も決して珍しくはない。

国技がサーフィンということもあり、時間を問わずビーチには子どもからお年寄りまで様々な人たちがサーフィンを楽しんでいる。

休日には「1日中サーフィンをしている」というオージーもいれば、サーフィンだけではなく「海で泳ぐ」「ビーチでサッカーをする」なんて人も。

とにかく体を動かすことと外に出かけることが大好きなオージーたち!休日は早朝から夜までアグレッシブに動き回る人もよく見かける。

散歩やランニング

オーストラリアに住んでいた経験があるため、オージーたちの日課といえば「散歩」や「ランニング」という言葉が真っ先に思い浮かぶ。

ビーチサイドはどこも綺麗に整えられていて、海を臨みながら気分良く歩くことができる。

  • ベビーカーに赤ちゃんを乗せてランニングするお母さん
  • 仲良く手を繋いで散歩をする老夫婦
  • 子どもはスケボー、親は犬の散歩

などというように、休日のビーチサイドにはバラエティに富んだ歩行者や利用者がいるものだ。

休日ではない出勤前にビーチサイドを散歩したりランニングをしたりする人も多いが、時間に余裕が生まれる休日には特に多くの人でビーチサイドは賑わっている。

海水浴

透き通った海水が印象的なビーチが無数にあるだけではなく、内陸部から海岸線沿いへのアクセスも抜群なので車を持たない人でもビーチへ出かけやすい。

そして、休日にはそんな綺麗な海で海水浴をするオージーたちの姿が確認できない日はない。

パラソルを立てクーラーボックスに飲み物を忍ばせ、サーフボード片手に日焼け対策をして海へ繰り出すオージーたちの目はキラキラしている。

オーストラリアでは生後間もない赤ちゃんから幼児、児童たちまでもが休日をビーチで過ごすのが一般的。
赤ちゃんはビーチサイドで砂遊びに扮し、児童にもなれば父親とサーフィンやボディーボードなどを楽しむ。
母親はそんな子どもたちをパラソルの下から微笑ましく見守る…こんな風にのんびり過ごしているオージーファミリーはとても多く、海と人がとても近くで共存していることを感じさせてくれるものだ。

オーストラリアのビーチサイドにある施設とは

オーストラリアのビーチサイドでは無料で使用できる驚きの施設がたくさんあることをご存知だろうか?
ここではその一部をご紹介しよう。

バーベキューコンロ

「オージービーフ」の名前で知られているように、バーベキューが日常的に行われている。スーパーに行けばバーベキュー用のオージービーフやソーセージなどが大々的に販売され、オーストラリア人のバーベキュー好きを伺うこともできるほどだ。

そして、ビーチサイドでは無料で使用することができる本格的な「バーベキューコンロ」が常設されており、使用者がいなければいつでも自由に使用することができる。鉄板はもちろん、ダイナミックなオージービーフが楽しめる「本格的なグリル」が付いているものも少なくない。

こうした施設を使用すれば海を眺めながらワイワイとバーベキューを楽しむことができるのでおすすめだ。

子ども向け玩具

海岸線沿いには子ども向けの玩具が充実している。

「ブランコ」「滑り台」「綱渡り」「ジャングルジム」など、思考を凝らした玩具アイテムが子どもの心と好奇心をがっちりキャッチ。

  • サーフィンをしているパパを待っている間に玩具で遊ぶ母子
  • 友達ファミリーと海を眺めながら玩具で楽しむ
  • 玩具に飽きたら海で海水浴

ビーチサイドに凝った玩具広場があることで、海水浴に飽きた時やちょっと時間を潰したい時などに利用することができるのでとても便利だ。そのため早朝から夕暮れまで様々な利用者が玩具広場に集っている。

ここに注意!オーストラリアで禁止されていること

オーストラリア人たちの休日は比較的ゆったりとした時間の流れを楽しむというスタイルが多いようだ。

そんな時、頭に浮かんでくるのは「アルコール」ではないだろうか?

昼間から大好きなビールを飲みながらバーベキューをして海を眺める…なんて想像しただけでも優雅で心地良いだろう。

だが、オーストラリアでは「外で飲酒をしてはいけない」という法律があるためビーチサイドでバーベキューをしながらビールを…なんてもっての外だ。

お酒が飲みたければバーなりパブなりレストランなりに入店して飲む必要があるので注意しておこう。

ただ、ビーチサイドにはお酒が飲めるレストランやサーフクラブが充実しているので、海を臨みながらお酒が飲みたい人はチェックしてみるといいだろう。

オージー流のリラックス方法で南国気分を満喫しよう

広大な土地と綺麗な海が魅力的な。
オーストラリア。国に住むオージーたちもまた、自国の美しさに誇りを持って生活している。

「美しくありたい」と願う心の奥には、自分の国を愛し自然を守り、そして調和させていこうとする彼らの意識が必ず働いている。

その心が、休日を「自然と共に過ごす」というオージー流のスタイルに繋がっているのではないだろうか。

ぜひ一度、都会の葛藤から離れて「オージー流の休日」を過ごしてみてもらいたいと思う。

関連記事一覧