リンゴ・スター:ビートルズ以降/熱きリズムを刻みつづける

リンゴ・スターはビートルズきっての好人物。彼がいなければ解散はもっと早まったとの見方さえあります。「僕は誰とでも親友なんだ」という発言どおり、彼の元にはバックアップしてくれる著名ミュージシャンが多数存在します。ソロ・ヒットに続き俳優としても活躍しますが、私生活では離婚や放浪生活、そしてアルコール依存症に悩むようになります。依存症を克服した後は、レコーディング、ライブともに復活。今もなおビートを刻み続けています。

ソロ活動の成功

リンゴ・スター(本名リチャード・スターキー)は、ビートルズ解散の年となった1970年、ソロ活動のスタートとして2枚のアルバムを発表しました。
1枚目は『センチメンタル・ジャーニー』。前年からジョージ・マーティンのプロデュースでレコーディングを開始したこのアルバムは、リンゴが「自分の両親や祖父母が好きだった曲を歌いたい」という希望を語ったことをきっかけに、音楽ファンにはおなじみのジャズのスタンダード・ナンバーが収録されました。
続く『カントリー・アルバム』では、お気に入りのカントリー&ウエスタンに挑戦。これら2作ではドラムを叩いていないという説が有力です。自分が心から楽しめる音楽を存分に歌いました。
ウォーミング・アップといえる2作を発表後、本格的にソロ活動の幕を開けた作品が、アルバム『リンゴ』です。ソロ・キャリアの中でも代表的と言われるこの作品は、アメリカでチャート1位になるなど大ヒットを記録しました。

そして最大の話題は、ジョン・レノン、ポール・マッカートニー、ジョージ・ハリスンがそれぞれ曲を提供・演奏していることです。皆が一緒に演奏をしていないとはいえ、1枚のアルバムに四人が揃うのは解散後初めて。大きな反響を呼びました。
ビートルズの元メンバーだけでなく、ザ・バンドのメンバーやハリー・ニルソン、ビリー・プレストン、クラウス・フォアマン、ニッキー・ホプキンス、マーク・ボラン、スティーブ・クロッパー、トム・スコット、ボビー・キーズなど、多数のゲストがリンゴを支え、1989年以降に彼が結成するオール・スター・バンドの原型となりました。
1974年2月までに発表したシングルとアルバムの全てがイギリス・アメリカともにトップテン入りしています。

俳優として活躍

ビートルズ時代、すでに俳優として一目置かれていた彼は1970年代に入っても映画出演を重ね、幅広い役柄に挑戦します。
西部劇『盲目ガンマン』(1971年)では、初の悪役にチャレンジ。フランク・ザッパとそのバンドを描いた『200モーテルズ』(1972年)では、ザッパ役を含めてひとり二役を演じました。
そして俳優として最も評価された作品が『マイウェイ・マイラブ』(1973年)。スターを夢見る1950年代の若者を主人公にしたこの映画で、かつての自分と重なるような不良少年役を熱演しました。

離婚と放浪

1970年代、仕事の順調さとは裏腹に私生活では危機に襲われていました。
最初の妻・モーリーンとの仲は疎遠になっていき、1973年にかつてジョンが住んでいた邸宅を購入したときには、夫婦間の溝は埋めがたいものになっていました。
1974年になるとモーリーンのもとを離れてロサンゼルスへ行き、同じく妻・ヨーコと別居中だったジョンやキース・ムーンらと一緒に酒びたりで大騒ぎをするようになります。
やがて元モデルの女性と交際を始めてしまい、モーリーンとは1975年7月17日に正式離婚。独身生活に戻ったリンゴは、ロサンゼルスやモンテカルロを拠点に世界中を放浪するようになるのです。

再婚

(Public Domain /‘Barbara Bach – 1978’ by United Artists. Image via WIKIMEDIA COMMONS)

1980年はポールが日本で大麻所持により逮捕され、ジョンが凶弾に倒れるという凶事が続き、ビートルズに関する人々にとっては悪夢の年でした。しかしリンゴは、出演した映画『おかしなおかしな石器人』の撮影現場で翌年に正式結婚するバーバラ・バックと出会うという幸運に恵まれます。
そのバーバラとロンドン郊外をドライブ中、交通事故に遭います。リンゴの運転していた車が横転するという大事故だったのにもかかわらず、奇跡的に二人は軽症で済みました。このとき運命を感じ、結婚を決意したのです。
1981年4月27日の結婚式には、ポールとリンダ夫妻、ジョージとオリビア夫妻が出席し、二人を祝福しました。

音楽活動の停滞

映画出演の機会が減り、本業の音楽でも1970年代後半からヒット曲に恵まれなくなります。更にはアルバム『オールド・ウェイブ』がイギリスやアメリカで発売されないという事態が起きました(ドイツや日本などでは発売)。
その後はしばらく表立った音楽活動から離れ、あちこちのパーティーに出没する姿を目撃されるようになります。

「トーマスおじさん」に

1984年、イギリスのテレビ・アニメーション『きかんしゃトーマス』でナレーションを務めます。これが大好評を博し、二年後には続編も作られました。子どもたちから「ビートルズのリンゴ」ではなく「トーマスおじさん」と呼ばれることになります。
アメリカでは1989年に『トーマス』の実写版が作られましたが、そこにも車掌の役で登場しました。

アルコール依存症

1980年代半ば頃、スタジオでも絶えずアルコールを口にしていたため、まともなドラム・プレイができなくなっていました。
深刻なアルコール依存症により社会生活が困難になってきた彼は、次第に家から一歩も出られなくなりました。更には飲酒を止めようとしていたバーバラまでもが同じような症状に陥ってしまったのです。
命の危機を感じたリンゴは1988年10月、バーバラと共にアリゾナ州にある専門のリハビリ・センターの門を叩きます。そして二人で集中的な治療を受け、依存症を克服。晴れて全快したあとは、酒やコーヒー、タバコもやめました。

オール・スター・バンド結成

心身の健康を回復させ、これはと思う友人に電話をかけまくります。ソロになってから一度も経験のなかったコンサート・ツアーに挑戦しようと思い立ったのです。
電話を受けたミュージシャンは皆、リンゴの申し出を快諾。リンゴ・スター&ヒズ・オール・スター・バンドが結成されました。
1989年の夏から秋にかけて、オール・スター・バンドはアメリカと日本をツアーしました。
歌いたいときに歌い、ドラムを叩きたいときに叩くというスタイルを望んだ彼は、ステージではバンド・メンバーにも各自のヒット曲を歌ってもらうことに。この方式はオール・スター・バンドの基本コンセプトとしてその後も踏襲されていきます。

ロックの殿堂入り

解散から18年後の1988年、ビートルズは「ロックの殿堂」に名を刻みます。リンゴはジョージ、ヨーコと授賞式に出席(ポールは欠席)。そして自身も1994年のジョン、1999年のポール、2004年のジョージに続いて、2015年に個人としてロックの殿堂入りが発表されました。ちょうどビートルズを創始したジョンから最後にメンバー入りしたリンゴまでが順番どおりの殿堂入りでした。

「ピース・アンド・ラブ!」

その後、リンゴは元気にレコーディング、コンサート、チャリティ活動などを行っています。
「自分がミュージシャンだということに喜びを感じていれば、倒れるまでプレイできるはずだよ」と力強く語ります。そして、なぜリンゴはみんなから愛されるのか、という質問には「大それたことをやらないからなんじゃないの。僕が伝えたいのは『ピース・アンド・ラブ』、それだけだから。『ヘイ! ピース・アンド・ラブ!』。わかりやすいでしょ。それに『イエロー・サブマリン』の歌詞ならみんな知ってる。嫌いになる理由なんてある?」と明るく返答。
これからも彼は優しさ溢れる笑顔を振りまき、熱いビートを刻み続けていくでしょう。

※本記事はコロナウイルス感染拡大より以前に執筆・掲載された記事です。

関連記事一覧