アテネ・アクロポリス:悠久の歴史を感じるギリシャを代表する観光地

ギリシャ・アテネのアクロポリスは、1987年に世界文化遺産として登録された有名な観光地の一つ。5,000年の歴史を持つ遺跡で、丘の上に建てられた都市国家の中で最も発展したと言われています。

アテネのアクロポリスは、ギリシャを代表する世界遺産のひとつです。現在でもよく知られている、アクロポリスの神殿が残されています。
この記事では、アクロポリスとは何か?アクロポリスの中の有名な建造物、観光スポットについて詳しくご紹介していきます。

●アクロポリスとは?

アクロポリスは高い丘の上の都市とも言われ、ポリスの中心となった岩山です。ポリスは都市という意味を持ちます。古代ギリシャの中心となったこの岩山(都市)には、神殿や公共建築物が設置されています。

アテネ以外にもアルゴス、コリントス、テーバイにもアクロポリスがありますが、その中でもアテネのアクロポリスが特に有名です。また、守護神の神殿も作られています。

さらに古代には、緊急時の避難場所、要塞としても使われていました。

アテネのアクロポリスには、とても有名な建造物があります。観光スポットとしても人気がある「パルテノン神殿」です。
そもそもどういう由縁のある建物なのか、ご紹介いたします。アテネのアクロポリスは、ギリシャを代表する世界遺産のひとつです。現在でもよく知られている、アクロポリスの神殿が残されています。
この記事では、アクロポリスとは何か?アクロポリスの中の有名な建造物、観光スポットについて詳しくご紹介していきます。

●パルテノン神殿について

紀元前から447年から10年ほどの時をかけて建設された、アテナ女神を祭る神殿です。 現存しているアクロポリスの中心にある建造物として、紀元前438年に完成しました。当時はアテネの守護神、アテナ像が祀られていたといわれています。

歴史も長く有名なパルテノン神殿ですが、アテネの衰退と共に改修や崩壊等を経験していたため、そのままの形で残っていた訳ではありませんでした。

過去のパルテノン神殿は、現在より煌びやかな神殿であったそう。
現在のパルテノン神殿は19世紀に修復され、再度建設されたものです。

●アテネのおすすめ観光スポット5選

ここまでパルテノン神殿について説明しましたが、アテネには他にも有名な観光地があります。
パルテノン神殿以外のオススメ観光スポット5選をご紹介します。

・古代アゴラ

アゴラには「人が集まる所」という意味があります。
歴史的に生活・文化・経済の拠点であり、次第に住宅地となっていった場所です。

長い時間をかけて修復と保存作業が繰り返された過去があります。

【訪れる際に必要な情報】
住所:24 Adrianou St., Athens
営業時間: 8:00~20:00(10月~ 19:00、11/1~3/31は~15:00)
定休日:なし 休業日:1/1、3/25、イースター日曜、5/1、12/25、26

・アクロポリス博物館

アクロポリス博物館には、常設展としてアクロポリスポールルーム、古代のアーチホール、パルテノン館等があります。
最初の展示場所であるポールルームでは、アクロポリスの斜面に建てられた聖域、丘の麓での調査結果・歴史的時代について紹介しています。

古代のアーチホールではさまざまな建築彫刻、乙女、騎手を、あらゆる面から見る事ができます。徐々に変化する自然光が入ってくるギャラリーは、彫刻の優れた品質や芸術とは何かを発見できる場所です。

【訪れる際に必要な情報】
住所:15 Dionysiou Areopagitou St., Athens
営業時間:[4/1~10/30]8:00~20:00(月曜~16:00、金曜~22:00)、[11/1~3/31] 9:00~17:00(金曜~22:00、土・日曜~20:00)4月10月は開業時間の短縮あり。祝日時間短縮あり。
定休日:なし 休業日:1/1, イースター日曜、5/1、12/25、26

・ディオニソス劇場

現在は使われていない、1万を越える人数が入れるギリシャ最古の劇場です。
紀元前5世紀頃の3大詩人の悲劇、アリスファネスの喜劇が上演されていました。座席や舞台は木で作られていましたが、その後石で作り直され、皇帝ネロの時代に大きな改築が行われたといわれています。

【訪れる際に必要な情報】
住所:Dionissiou Areopagitou & Thrassilou St., Athens
営業時間: 8:00~20:00(10月~ 19:00、11/1~3/31は~15:00)4月10月は開業時間の短縮あり。祝日時間短縮あり。)
定休日:なし 休業日:1/1, 3/25、イースター日曜、5/1、12/25、26

・リカヴィトスの丘

標高277mの岩山で、頂上までのケーブルカーもあります。

頂上には教会の他にレストランなどがあり、アクロポリスからエーゲ海が見えます。
夜景を見に行くのにも最適です。

【訪れる際に必要な情報】
住所:Lycabettus Hill, Athens
営業時間:ケーブルカーは8:30~翌2:30(冬季は~翌1:30)で30毎。
定休日:なし

・オリンピア・ゼウス神殿

アクロポリスの東側にあり、ゼウスに捧げたといわれている神殿の跡地です。
建設には650年近くかかったと言われています。

【訪れる際に必要な情報】
住所:Vassilisis Olgas Ave., Athens
定休日:なし 休業日;1/1, 3/25、5/1、12/25、26
営業時間: 8:00~20:00(11月から3月末は~15:00まで、4月と10月は開業時間の短縮あり。祝日時間短縮あり。)

以上、アクロポリスやアテネの観光スポットをご紹介してきました。
歴史を感じられる場所が多数存在しており、そこになくとも以前の活気や古き時代の荘厳な雰囲気が肌、そして体全身から感じられます。

最後に、快適に過ごせるようなオススメホテルについてご紹介いたします。

●アテネでおすすめの宿泊施設4選

・ホテル グランデ ブレターニュ、ア ラグジュリー コレクション ホテル、アテネHotel Grande Bretagne, a Luxury Collection Hotel, Athen

神聖なアクロポリス、第一回オリンピックが行われたアテネ・オリンピックスタジアムなどの素晴らしい景観を楽しめ、またアテネの歴史を肌で感じ取る事もできます。何度も賞に輝いている5つ星ホテルです。

公式URL:Marriott Bonvoy

・エレクトラ メトロポリス アテネ Electra Metropol Athens

市内中心部にある、新しめの5つ星ホテルです。
高級ライフスタイルホテルで、観光スポットの近くにあります。客室の設備の充実は勿論、ホテルの中心部にはレストラン、カフェ、ミーティング室やアトリウムがある講演室などもあり、企業のイベント開催にも最適な場所となっています。
他にも、町全体の景色が景観できる屋上庭園があるホテルとなっています。

公式URL:Electra Metropolis Athens – Electra Hotels

・ニュー ホテル New Hotel

インテリアデザインも新しく、受賞歴のあるデザイナー二人が初めて手がけた5つ星ホテルです。環境にも配慮しており、現代的な雰囲気のある屋上のバーや、アクロポリスの景色を眺めることができます。
フィットネスも設備されており、各フロアには以前のオリンピックパレスホテルの名残が残っています。

公式URL:NEW Hotel | YES! Hotel

・ペリアンス ホテルPerianth Hotel

こちらも現代的で、開放感のある5つ星ホテルとなっています。朝食は無料のオーダー式、共用エリアにはWi-Fiも設置してあります。
他にも、専用バスルーム、バルコニー、コインランドリーや、ミニバーといった設備も充実していますよ。

ペリアンスホテル含め、すべてのホテルについての参考URL:エクスペディア

●まとめ

歴史に名を残す世界遺産が再築され、現在も形として存在しているアテネのアクロポリス。
アテネに訪れる機会には、パルテノン神殿は勿論、オススメ観光地にも足を運び、素晴らしい景観、古い歴史におもいを馳せながら観光してみてはどうでしょう。

※本記事はコロナウイルス感染症拡大より以前に執筆・掲載された記事です。

関連記事一覧