自動運転技術のこれから:新しい自動車がもたらすモノとは

自動運転とは、技術の進化によって誕生した新しい自動車のかたち。人間のドライバーは今よりも運転がラクに、もしくは運転の必要が無くなる可能性があります。しかし、自動運転車が完成した場合、多くのメリットと同時にデメリットも発生します。よって私たちは、自動運転車が登場した社会を意識した制度的、倫理的な問題を議論する必要があります。

自動運転は、AI(人工知能)の進化によって可能となります。自動車に搭載された機械が周辺の様子を読み取り、ナビ情報を参照して人間の運転者いらずで車両を走らせることが出来るシステムです。SFのような話ですが、現在自動車メーカーはこの技術の開発に注力しており、既に簡単な自動運転であれば実用可能となっています。テクノロジーの進化によって自動運転は今どこまで開発されており、またこれからどうなりそうなのかをみていきましょう。

1.自動運転技術の概要

1-1.自動運転レベルの定義

自動運転のレベルには、0〜5の6段階があります。レベル0〜2までは人間の運転者が車のほとんどの操作をします。レベル3では機械での作業継続が困難な場合に、人間の運転者が適切に対応することが必要なレベルです。レベル4ではほぼ全ての走行管理が機械で実行されますが、作業継続が困難になった場合、人間の運転者が適切に対応するケースも求められます。レベル5は完全自動運転で、これは人間の運転者は必要ないレベルです。

1-2.自動運転の仕組み

運転者(人間)が目視していた道路の車線、道路標識、信号、周囲の車両、歩行者などをカメラ、レーダーなどの機械が認識します。さらに、運転者の代わりにAIが判断した安全な走行ルートを元に、自律的に発進、加速、ハンドリング、減速、停止を行い走行することが可能です。

2.自動運転技術が車社会に与える影響

2-1.自動運転の普及によって淘汰される仕事

自動運転の車が増えることによって、都市部のタクシードライバーは需要が減る恐れがあります。人口が多いためデジタルの情報量が多く、数キロの移動に使う場合ならタクシーではなく自動運転車が活躍する可能性があります。しかし、観光地は名所案内といったニーズ等があるので、全てが自動化されるとはいえないでしょう。

同じ理由でバスのドライバーも淘汰の危機にあります。循環型バスは同じルートに沿って走行するため、比較的自動化はされやすいとされています。

また、高速道路のシステム整備は必要ですが、長距離輸送車のドライバーも自動化される可能性が高いといわれています。荷物の積み下ろしなどは人の手で行い、運転業務自体は自動化が検討されている職種です。

2-2.自動運転を想定した法整備

現在、各国の法律は自動運転を想定されて作られたものではありません。技術的な問題と同時に、法整備も進めていかなければなりません。実際に、自動運転車が道路での走行実験中に歩行者をはねて死亡させるという事故も発生しています。自動運転車が実現した場合、事故の責任はどうなるのか。多角的な観点からの法整備が求められます。

3.自動運転のメリット

3-1.交通事故の減少

現在発生している交通事故の原因は、主にドライバーの見落としや脇見運転、居眠り運転や操作ミスといったものがほとんど。自動運転が実現した場合、常にセンサーが360°監視しているため、対人、対物への反応は人間よりも上であることは明らかです。

3-2.渋滞の緩和

自動運転車はインターネット上でそれぞれ位置情報が管理されているため、渋滞の予測が可能になります。AIが渋滞予測を認識すると、それに合わせて別の走行ルートの選択ができます。また、車間距離を調整し、自然渋滞が発生しないようにコントロールすることも可能になるでしょう。

3-3.迷惑運転の減少

車に車種があるように、人間にも様々なタイプの方がいます。自動運転になることで、悪質ないやがらせ運転や危険なあおり運転などを受けることもなくなり、その結果トラブルに発展することも無くなるかもしれません。また、自分がその手のタイプの人間であれば、加害者になるリスクも減るでしょう。AIがドライバーの運転の性格を分析し本人にフィードバックすることや、その分析が免許更新時の更新判断材料になる日が来るかもしれません。

3-4.駐車場の有効活用

お店の駐車場情報が分かるようになることで、駐車スペースを求めてさまようことも無くなるでしょう。将来は、お店の前で人間は下車し、車が自動で駐車スペースに停まってくれるということも不可能ではありません。また現在注目が集まっているカーシェアの利用がさらに拡大していくと、駐車場として必要になるスペースも減少するかもしれません。

3-5.車両盗難の減少

情報機器の固まりである自動運転車は、異常をいち早く察知することが可能です。車の窃盗犯がドアガラスを破壊するなどした場合、警報を鳴らして犯人を威嚇したり、すぐに警察に自動通報をしたりといったことまで可能になります。また、位置情報がすぐに分かるため、窃盗犯が逃げ切ることも今より難しくなるでしょう。

3-6.運転からの解放

これが一番大きなメリットかもしれません。車で通勤している方であれば、通勤時間に新聞を読むことや身だしなみを整えることができます。また、家族旅行の最中であれば、同乗者が外観を楽しんでいるのに運転者だけ見られないという悔しい思いをすることも無くなります。疲れからの注意力不足による事故も無くなって一石二鳥です。

4.自動運転のデメリット

4-1.事故が起きた場合の責任

ITやAIといったシステムは完全無欠な魔法の杖ではありません。現在より少なくなるといっても、事故が起こる可能性は残ります。事故が起こった場合、その責任の所在はどこになるのでしょうか。車に乗っていたドライバーなのか、自動車メーカーなのか、またはソフトウェアメーカーか、現在のところはっきりとした結論は出ていません。

4-2.システムトラブル

物理的な車泥棒だけではなく、デジタル世界からの攻撃にも警戒しなくてはなりません。自動運転車はインターネットと繋がるので、外部からのハッキングも理論上可能です。ハッキングした車にわざと事故を起こさせる等の犯罪行為が発生するかもしれません。

4-3.運転手のスキル低下

完全な自動運転車が確立するかはまだ分かりませんが、遠くない将来、自動運転での走行が可能になるとされています。その時、ドライバーは適切な対応が出来るでしょうか。オートドライブとマニュアルドライブの切り替え方法も必要になってくるかもしれません。手動で運転する機会が減った結果、教習所以外での運転をする機会が無くなり、有事の際に適切な運転が出来るドライバーは少なくなることが予想されます。

4-4.事故が回避できない場合の判断

道徳的な問題になりますが、事故が避けられない場合にソフトはどのような判断を下すべきかという問題があります。道を左折すれば人が2人はねられ、右折すると1人はねられる、この場合にソフトはどちらを選択すべきでしょうか。このような倫理的な問題は、解決するのには相当長い時間が見込まれます。

4-5.雇用の減少

車社会に与える影響の項でも述べた通り、自動運転車の普及に伴って淘汰されてしまう職種が出てきます。もちろん、自動運転に関する新しい仕事の発生も考えられますが、無くなった分を埋められるほど数があるかは疑問です。また、自動運転が普及するとスマホアプリ1つで車を自宅まで呼び出すことが出来ます。その時には、自家用車は今ほど必要にはならなくなるでしょう。カーシェアやレンタル会社は儲かりますが、全体的な車の生産台数が減少し、多くの工場労働者は職を失うかもしれません。

4-6.兵器化の危険

現在でさえ、自爆テロなどに自動車が利用されることがあります。自動運転車が普及した場合、人的損失なく低コストの自動車爆弾を作り出すことが可能となります。ハッキングによる犯罪とも重なりますが、この場合はそれよりも簡単に、誰でも大きな被害を与えることが出来てしまいます。もしかしたら未来は、テロに怯える世界がより身近になっているかもしれません。

5.まとめ

自動運転には乗り越えなくてはならない技術的、倫理的、制度的要因が数多く存在します。私達の生活がより便利で快適なものになる可能性がありますが、一方で使い方を誤ると兵器として私たちに牙をむく恐れもあります。より良い未来を目指して、自動運転車が存在する社会を想定した議論を深めていく必要があるでしょう。

※本記事はコロナウイルス感染症拡大より以前に執筆・掲載された記事です。

関連記事一覧