ピエト・モンドリアン 〜赤・青・黄に魅せられた画家〜

ピエト・モンドリアン(1872-1944)はオランダを代表する抽象絵画の巨匠。デ・ステイル(新しい造形)という前衛運動の創立メンバーで、なかでも白地の上に黒い垂直線と水平のグリッド模様、赤、青、黄の3原色で構成された「コンポジション」という作品で有名です。自身の芸術理論を「新造形主義」と名付け、その原則に基づいた作品を多く残しています。その後、生まれた抽象表現主義やミニマル・アートに大きな影響を与えました。

【生い立ち】

モンドリアンは、1872年にオランダのユトレヒト州アメルスフォールト生まれです。父と叔父が素描の教師ということもあり、幼い頃から芸術に触れていました。当時は、近所に出かけてはスケッチをしており、絵を描くことに親しみながら育ちました。1892年、アムステルダム美術大学へ進学し、芸術への造詣を深めていきます。大学では父と同じく美術教師の資格を取得し、教師の職に就きます。学生時代はフォーヴィズムに夢中になり、その影響を受けた絵画作品を描いていました。まだ作品のスタイルを模索している段階です。また、インスピレーションを与えられていたのは故郷の風車や平原、川であったと彼は語っています。20代中頃から赤、青、黄の3原色にこだわった作品を描き続け、目に見えない世界への興味からスピリチュアルな世界へとのめり込んでいきます。なかでもプラヴァツキーが設立した神智学に影響され、神智学協会のオランダ支部にも入会するほど夢中になります。自然から得られるアイデアをより深く探究することは、モンドリアン芸術の生涯に渡って根幹となったのです。

※<フォーヴィズム>…写実表現とは異なり、荒々しい筆使いとハッキリとしたコントラストが特徴的で、自由に表現を追求することを目指した。マティスなどの作品もここに属している。
<神智学>…インスピレーションや直感によって神の啓示に触れようとする思想を学術的にしたもの。19世紀後半に生まれ、当時の芸術家に大きな影響を与えた。

【パリへ渡りキュビスムと出会う】

1911年にパリに渡り、当時全盛期だったキュビスムと出会います。自分よりも一回り若いピカソやブラックが創ろうとしている芸術絵画に大いに触発されましたが、彼の作風にもハッキリとその影響を見ることができます。その頃描いた作品が「Still Life Ginger Pot」。この作品は1911年のものと1912年のものがあり、キュビスムの影響が色濃い作風から、造形もよりシンプルに三角や四角に近づいていき、後に代表作が生まれる下地となりました。

<キュビスム>…従来の遠近法などを排除して絵画の2次元性を生かし、3次元の空間を全て平面で表現しようとした手法。

【オランダ時代】

1914年にオランダへ戻ったモンドリアンは、パリで出会ったキュビスムを越えようと新たな作品作りに挑み始めます。具象からより抽象的な絵画へと進んでいくのです。また、同時期に画家のバート・ヴァン・デ・レック(以下バート)やテオ・ファン・ドゥースブルフ(以下テオ)と出会い、意気投合。特にバートの絵画作品に決定的な影響を受け、新たな作品作りへと掻き立てられます。社会情勢としては、第一次世界大戦が勃発していた頃でした。そして1917年には、テオと共にアムステルダムを拠点に活動する前衛運動「デ・ステイル(新しい造形)」を結成します。同時に機関誌「デ・ステイル」を発行し、自身の芸術理論を「新造形主義」と呼びました。

※<新造形主義>…垂直線と水平線のみで図柄を構成し、線によって作られたグリッドを赤、青、黄の3色を基本に、白、黒、灰色を補助色として使うというルールに基づいて表現する手法。モンドリアンが影響を受けた神智学をベースに、秩序と調和のとれた表現を目指しています。
※<グリッド>…美術用語で格子のことを指します。近代絵画から用いられた技法です。

【再びのパリ】

(Public Domain /‘Composition in Oval with Color Planes 1’ by Piet Mondrian. Image via WIKIMEDIA COMMONS)

1918年には第一次世界大戦が終わり、再びパリへ戻ります。当時の現代アートの最先端はパリだったので、モンマルトル地区を中心に世界中から芸術家が集います。夜はムーラン・ルージュが光り輝く自由な雰囲気が街中を包み、次々と新たな芸術が生まれていきました。1920年頃になると、彼の特徴であるグリッドを使った作品が生まれるようになります。初期の作品から後期の作品にかけてマスは小さくなり、また白色のマスが少なくなっていきました。
この頃の代表作「Composition with grid vii」と、その前の作品を比較すると違いは一目瞭然です。そして、この頃から生まれる作品こそ、誰もがイメージするモンドリアン作品なのです。
しかし、当時はまだ彼の芸術発展の集大成ではなく、改良は微細だったものの、彼の作品はその後もパリで数年に渡り変化を続けていきます。

※<ムーラン・ルージュ>…1889年に誕生し、現在も続いている歌やダンスなどのショービジネスの聖地のひとつ。数々の著名人がここでショーを行ってきた歴史的な場所です。

【2本の線と青のひし型(1926)】

1921年以降、彼のほとんどの作品において黒い線はキャンバスの端から距離を置いて、意図的に止められているものになっていました。そこからの数年間でモンドリアンの作品は変化を繰り返し、キャンバスの端にまで線が届くようになり始めたのです。また、白色のマスを残す方向へさらに進み、着色された色のマスはどんどん少なくなっていくのです。こうした表現傾向は、特に1920年代半ばから始まるシリーズ「ひし型」に大きく特徴として表れます。「ひし型」シリーズは、正方形のキャンバスを45度傾けてダイヤモンドの形にして描かれた作品群です。代表的な作品は、現在フィラデルフィア美術館に所蔵されている「2本の線と青のひし型」(1926年)。モンドリアンの作品の中でも最もミニマムな作品であり、2本の黒い線と小さな青色の三角形のみで構成されています。

【ロンドン、そしてニューヨークへ】

(Public Domain /‘Victory Boogie Woogie’ by Piet Mondrian. Image via WIKIMEDIA COMMONS)

モンドリアンは1938年、ファシズムの台頭に直面して戦火が忍びよるパリを去り、ロンドンに移動します。その後、オランダがナチスに侵略され、1940年にパリも侵略されると、彼はロンドンを去りアメリカへ移動、残りの生涯をニューヨークで送ることになります。モンドリアンの後期作品の中には、製作時期が分からないものもありますが、パリやロンドンで描き始め、数年後にマンハッタンで完成したものが多いようです。後期作品は、これまでの作品と異なり非常にカラフルで線の数が多いのが特徴で、見た目は地図のようです。
1933年に制作した『4つの黄線で構成されたトローチ・コンポジション』は、黒の代わりに色の付いた線が上下左右の線に用いられたものの、この作品以降、ニューヨークに到着するまで、このような作品は休眠状態でした。ヨーロッパ時代に未完成状態のままにさせていた黒い線の絵の作品の中には、ニューヨークに移動したあと、違う色の線に修正して完成させたものもあるといいます。ニューヨークに着いてから、モンドリアンの作品は激変し始めたのです。1942年に描いた『ニューヨーク・シティ』は、赤、青、黄の線が複雑に垂直交差した作品です。以前よりも線の数が多くなり、深みを増しています。1940年から1943年にかけて制作した代表作である、MoMA所蔵の『ブロードウェイ・ブギ・ウギ』は、抽象幾何学絵画の世界で大きな影響力を持つ作品となったのです。本作はまるでマンハッタンを連想させる、たくさんの光るネオンライトのような正方形で構成されています。ニューヨークという町に惹きつけられたモンドリアンは、最後の最後まで画家としての輝きを増していったのです。
そして1944年2月1日、肺炎が原因でモンドリアンは死去します。ニューヨークのブルックリンにあるサイプレスヒルズ墓地に埋葬され、1944年2月3日に葬式が行われました。20世紀を代表する芸術家、マルク・シャガール、マルセル・デュシャン、フェルナン・レジェ、アレクサンダー・カルダーなど、200人近くの人々が出席しました。

【おわりに】

モンドリアンは生前にも評価されていましたが、世界中に彼の名が広まったのは1965年にイヴ・サンローランが発表した「モンドリアン・ルック」からでしょう。これは、現代アートが初めてファッションの世界と融合した画期的な出来事でした。このことで、モンドリアンの人気は名実ともに世界的なものとなったのです。イヴ・サンローランのこの衣装は「明日のドレス」と呼ばれるほど画期的で、新しい時代の象徴となった作品です。モンドリアンは今後も、常に新しい時代の節目に再評価され続けていくでしょう。そういった新しさ、普遍性が作品の中に内包されているのです。

※本記事はコロナウイルス感染症拡大より以前に執筆・掲載された記事です。

関連記事一覧