ジョルジオ・アルマーニ:完璧主義者のためのスタイル

ジョルジオ・アルマーニはイタリアを代表するファッションブランドの一つ。最高級の素材を使って、機能性や素材・シルエット・着心地のよさを徹底して追求する姿勢は、しばしば完璧主義と評され、セレブリティをはじめ世界に数多くのファンを得ています。卓越したビジネスセンスと服作りへの徹底したこだわりで築き上げられた巨大な帝国は、モード界で圧倒的な存在感を放っています。

ブランドの立ち上げまで

ジョルジオ・アルマーニは1934年、イタリア北部にある町ピアチェンツァに生まれました。厳格な家庭で将来は医師になるよう期待されていたため、ミラノ大学医学部に進みます。ところが在籍中に兵役のため召集されると、その後大学には戻らず中退してしまいます。
ビジネスの世界を志したジョルジオ・アルマーニは、1957年からミラノの老舗百貨店「ラ・リナシャンテ」でウィンドウドレッサーおよびバイヤーとなります。デザインや素材に関する消費者のニーズや、生産・流通過程などについて豊富な知識を得たことで、1965年にはセルッティが手がけるメンズウェア・ブランド「ヒットマン」のデザイナーの職を得ることに。1970年までの5年間に渡って3代目社長であるニノ・セルッティのもとでデザインの手法について学びます。
フリーのデザイナーとしての経験を積んだあと、1975年、41歳のときに建築家のセルジオ・ガレオッティをビジネスパートナーとしてジョルジオ・アルマーニ社を設立しました。

ジョルジオ・アルマーニの魅力

ジョルジオ・アルマーニでは、機能性を重視し、素材・シルエット・着心地のよさを追求したデザインとすることをコンセプトとして掲げています。あえて装飾的なデザインを避け、華美な配色を用いないのも大きな特徴です。

ジョルジオ・アルマーニが注目を集めるきっかけの一つとなったのが「アンコンジャケット」でした。これはアンコンストラクテッド・ジャケットを略したもので、非構築的なジャケットの意。当時、イタリア北部では、肩パッドや芯を多用して体型補正するようにラインを構築するジャケットが一般的でした。ジョルジオ・アルマーニは構築的なスーツ作りに懐疑的で、男性的な肉体の美しさをありのままに表現することを目的とし、肩パッドや芯などの副資材を排除して、体のラインに寄り添うしなやかなスーツ作りを実現したというわけです。

ジョルジオ・アルマーニはブランド立ち上げと同時にレディース向けのコレクションも発表しています。女性らしい雰囲気をまといながらもメンズ服の機能性を取り入れているのが特徴で、高級素材を用いて美しいシルエットに仕上げられたアイテムは、どれも着心地のよさに優れ、とりわけ女性がビジネスシーンで活躍する時代を迎えつつあったアメリカで注目を集めました。

映画での衣装協力とブランドの世界的な成功

ブランド創設後も、ジョルジオ・アルマーニは、エルメネジルド・ゼニアやロエベなど、国内外のブランドのためにデザインを提供していましたが、1980年にアメリカ映画『アメリカン・ジゴロ』において主人公のリチャード・ギアの衣装を担当したことで、ブランドは大きな転機を迎えることになります。
作中でダンディに振る舞うギアに、ジョルジオ・アルマーニの衣装は完璧にマッチし、映画は大ヒットを記録。やがてジョルジオ・アルマーニはファッション界のみならず広く話題を集め、世界的な名声を獲得することになり、この出来事はファッションデザイナーが映画衣装を手がける一連の動きを作るきっかけとなったともいわれています。

以後もジョルジオ・アルマーニは映画に積極的に衣装を提供。『アンタッチャブル』(1987年)、『ガタカ』(1997年)、『シャフト』(2000年)、『オーシャンズ13』(2007年)、『ダークナイト』(2008年)、『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』(2011年)、『エリジウム』(2013年)、『悪の法則』(2013年)など枚挙にいとまがありません。
マーティン・スコセッシを起用してセカンド・ラインのためのTV向けコマーシャル(1986年)を撮影したり、女性向けフレグランス「ジオ」のためのTVスポットをデヴィッド・リンチに依頼したりと、映画界とは特段深い関係を築いています。

ソフィア・ローレン、クラウディア・カルディナーレなど本国の俳優にとどまらず、ジョディ・フォスターやジョージ・クルーニー、トム・クルーズ、エリック・クラプトンといった世界中のセレブリティに愛用者が多いことでも知られます。

アルマーニの代表的なライン

ジョルジオ・アルマーニには実にさまざまなラインが展開されており、それらのうち代表的なものは以下の通りです。

ジョルジオ・アルマーニ

ジョルジオ・アルマーニのメインブランドであり、もっともブランドのこだわりが感じられるコレクションとなっています。ブラックレーベルと呼ばれることもあります。スーツやTシャツなどのウエアだけでなく、バッグやシューズ、アクセサリーなどをトータルでラインナップしています。

エンポリオ・アルマーニ

エンポリオ・アルマーニは、1981年にスタートしたジョルジオ・アルマーニのセカンドライン。遊び心のあるデザインを特徴としています。メインラインと同じく幅広いカテゴリーのアイテムをラインナップしていますが、価格設定は控えめです。

EA7

EA7は2004年にスタートした、エンポリオ・アルマーニのスポーツライン。元々はイタリアの人気プロサッカークラブ、ACミランの選手だったウクライナ出身のサッカー選手アンドリー・シェフチェンコとのコラボから生まれたもの。7はシェフチェンコの背番号にちなんでいます。

A|X アルマーニ・エクスチェンジ

A|X アルマーニ・エクスチェンジは若者向けのカジュアルライン。ウェアやシューズ、腕時計など、若者文化にインスピレーションを得たアイテムを展開しています。

アルマーニ・コレツィオーニ

アルマーニ・コレツィオーニは、ジョルジオ・アルマーニのビジネスシーン向けアイテムとして、スーツを中心にドレッシーなアイテムを展開。当初メインラインにおいて白いタグをつけて発表されていたことから、ホワイトレーベルと呼ばれたこともあります。2000年に正式にブランド化されますが、現在はエンポリオ・アルマーニに統合される形で消滅。

アルマーニ・ジーンズ

かつて存在したカジュアルライン。ジョルジオ・アルマーニのラグジュアリーな質感はそのままに、ジーンズを中心にデイリー・アイテムを展開。1981年の誕生以来人気を博しましたが、エンポリオ・アルマーニに統合される形で消滅しています。

最後に

時代を超えて支持される優雅さや、絶妙なカッティング技術から繰り出される美しいラインをアイデンティティをとするジョルジオ・アルマーニ。服作りへの徹底したこだわりと卓越したビジネスセンスのもと、イタリアを代表するブランドへと成長しました。売上高は23億3,000万ユーロと莫大なもので(2017年12月期)、ファッション界において圧倒的な存在感を放っています。競争力の向上を目指してブランドが統廃合され、今後どのような世界観に出会えるのか楽しみです。

※本記事はコロナウイルス感染拡大より以前に執筆・掲載された記事です。

関連記事一覧