ホーチミン市博物館:古代から近代までのベトナムの歴史を紹介する博物館

ホーチミン市博物館は、ベトナム・ホーチミンにある美しい宮殿を利用した博物館です。ベトナムの考古学的資料・工芸品・民族衣装・ベトナム戦争の記録などをコレクションしており、ベトナムの歴史を知る上で欠かせない場所といえます。そんなホーチミン市博物館の歴史と所蔵品について、詳しく解説していきます。

ベトナム民俗学博物館:国内54の民族の暮らしがわかる博物館

ベトナム民俗学博物館は、ベトナムのハノイにある国立の博物館で、1997年に建てられました。ベトナムに暮らす54の民族について展示しており、生活道具や衣装、建築物など約1万5000点の資料が所蔵されています。屋外展示では、各民族が利用してきた伝統的な建築物や水上人形劇が見られます。そんなベトナム民俗学博物館の歴史と所蔵品について詳しく解説していきます。

ベトナム美術博物館:国宝を含め古代から現代までのベトナム美術作品を所...

ベトナム美術博物館はベトナム・ハノイにある博物館です。考古学的な資料・宗教美術・近代美術などベトナムで発展した芸術作品を幅広くコレクションしており、作品からベトナム国の歴史を垣間見ることができます。そんなベトナム美術博物館の歴史と所蔵品について詳しく解説していきます。

葛飾北斎:数多くの改号と転居を繰り返し、生涯に3万点の作品を残した浮世...

富士山を表富士と裏富士に分け、随所から描いた風景画集「冨嶽三十六景」で知られる、江戸時代後期を代表する浮世絵師。生涯に約3万点を超える作品を発表した。世界へも衝撃と日本文化を広めるという多くの良き影響を与え、印象派画壇の芸術家であるフィンセント・ファン・ゴッホも葛飾北斎の作品に影響を受けた。葛飾北斎の作品はこの世の天地間に存在する数限りない万物を描き、絵画業界だけでなく、工芸や音楽業界にも高く評価された。当時ではまれな90歳という長寿であった。

絵画・陶磁器博物館:インドネシアの伝統美術から現代アートまでを網羅す...

絵画・陶磁器博物館はインドネシア・ジャカルタにある博物館です。インドネシアの有名芸術家の絵画はもちろん、東南アジアの美しい陶器コレクション・彫刻作品などバラエティに富んだ美術品を堪能することができます。そんな絵画・陶磁器博物館の歴史と所蔵品について、詳しく解説していきます。

プリ・ルキサン美術館:戦前から現代までの伝統的なバリ芸術を集めたバリ...

プリ・ルキサン美術館は、インドネシア・バリ島にあるバリで最も古い美術館です。伝統的な絵画や木彫り作品・現代アーティストの彫刻など、バリで育まれた芸術にふれることができます。また、ワークショックも数多く開催しており、旅の大切な思い出作りにも最適な人気スポットです。そんなプリ・ルキサン美術館の歴史と所蔵品について詳しく解説していきます。

ブランコ・ルネッサンス美術館:「バリのダリ」と呼ばれたアントニオ・ブ...

ブランコ・ルネッサンス美術館は、バリ島中部のウブド地区の景観の良い高台にあります。「バリのダリ」と呼ばれたアントニオ・ブランコのとても個性的な作品が展示されています。伝統的なバリ絵画とは違うアントニオ・ブランコの世界を堪能できる美術館といえるでしょう。そんなブランコ・ルネッサンス美術館の歴史と所蔵品を紹介します。

ネカ美術館:バリの伝統絵画から現代のバリ絵画までを所蔵する美術館

ネカ美術館ではバリ絵画を中心に、世界中の美術作品をコレクションしたステジャ・ネカ氏が所蔵していた約400点が展示されています。とくにバリ絵画はとても充実しており、バリ絵画の歴史やバリの文化、美しい風景などを知ることができる美術館です。そんなネカ美術館の歴史と所蔵品を紹介します。