ベンクト・サミュエルソン:プロスタグランジン(PG)の発見とその研究で...

ベンクト・サミュエルソンはスウェーデンの生化学者です。1982年にスネ・ベリストロームとジョン・ベーンとともに生理活性物質として体の維持に重要な役割を果たす一群であるプロスタグランジン(PG)の発見とその研究によりノーベル生理学・医学賞を受賞しました。そんなベンクト・サミュエルソンの受賞までの道のりを詳しく解説していきます。

ヴェルナー・アーバー:制限酵素を発見し応用した微生物学者

ヴェルナー・アーバーは、スイス出身の微生物学者・遺伝学者です。当初は電子顕微鏡法の助手を務め、電子顕微鏡をより効率的に使うあれこれを研究していました。その後は、放射線における遺伝子への影響の研究や、制限酵素の発見とそれを応用した遺伝子組み替え技術を開発しました。これは、遺伝子工学的には、画期的な事です。それらの功績が認められ1978年同じ制限酵素について研究していたダニエル・ネーサンズとハミルトン・スミスと共にノーベル生物学・医学賞を受賞しました。

ハーバート・ジョージ・ウェルズ:オーバー・テクノロジーSFの父

ーバート・ジョージ・ウェルズはイングランドの小説家です。もともとは教師を目指し教員免許を取得しますが、教育業界独特の閉鎖的で無改革な風潮に疑問を抱き、1893年から作家活動を開始します。そして1895年の「タイム・マシン」のヒットにより人気作家となり、主に現実にある科学技術を誇張し、趙化学やスーパーテクノロジーを壮大に描いた作品を作り上げていきました。

ルネ・ラリック:ジュエリー・デザイナーからガラス工芸家へ

ルネ・ラリックは1860年フランス、シャンパーニュに生まれた芸術家です。アール・ヌーヴォーとアール・デコの両時代に渡り活躍したことでも知られており、当初はジュエリー・デザイナーとしてキャリアを確立したものの、50歳過ぎになってからガラス工芸の経営者に転身するなど、さまざまな工芸に取り組んだ多彩な人物でもありました。

ブレーマーハーフェン

ブレーマーハーフェン(ドイツ):世界的ヒットを記録した歌手、ララ・ア...

戦場の兵士たちの心を癒した名曲“リリー・マルレーン”、その曲を歌った歌手が『ララ・アンデルセン』である。ラジオから流れる名曲は、毎日のように兵士の心にぬくもりをもたらしたという。自伝を出版し、ベストセラーとなったことも有名だろう。そんなララ・アンデルセンの出身地が、ブレーメン州の街『ブレーマーハーフェン』である。ドイツを代表する港湾都市。ララ・アンデルセンと故郷ブレーマーハーフェンの魅力を紹介しよう。

スコーピオンズ:ハード・ロック界の皇帝、4人のスーパー・ギタリスト

まだドイツが西と東に分かれていた頃、ハノーヴァーから彗星のごとく現れたバンドがスコーピオンズです。マイケル・シェンカー、ルドルフ・シェンカーと言った2人のスーパー・ギタリストを有するスコーピオンズは、苦難の末、ワールド・ワイドな成功を手に入れます。そして、その影には4人のギタリストの姿があったのです。

リエージュ美術館(ラ・ボベリー):地元ベルギーの作家からゴッホ・シャガ...

リエージュ美術館(ラ・ボベリー)は、ベルギー・リエージュにある美術館です。ベルギーの代表作家の作品を豊富にコレクションしており、ベルギー芸術の移り変わりを知ることができます。また、世界的に有名な海外作家の作品も多く、リエージュの人々と芸術を繋ぐ拠点としても重要な場所です。そんなリエージュ美術館(ラ・ボベリー)の歴史と所蔵品について、詳しく解説していきます。

ベルギー王立自然史博物館:恐竜の歴史を知ることの出来る自然に満ちた博物館

ベルギー王立自然史博物館は、ベルギーでかつて発見された恐竜イグアノドンの骨格化石を展示していることで有名です。恐竜展示に力をいれており、その展示面積は世界最大とも言われています。恐竜達のみなぎる強大なエネルギーを感じられる博物館です。今回は、ベルギー王立自然史博物館を詳しく解説していきます。

ブールデル美術館:ロマンある彫刻の世界が広がる

彫刻は、絵画と違って何処か写実的で官能的な世界に誘ってくれます。そんな彫刻の世界をふんだんに楽しめるこちらのブールデル美術館は、世界的にも著名な彫刻家アントワーヌ・ブールデルの元アトリエ兼住居です。かつてこの地から生まれたであろう、作品の数々の余韻に浸ることが出来ます。そんなブールデル美術館について、詳しく解説していきます。