ラーケンハル市立博物館:レンブラントの故郷、産業都市ライデンの文化博物館

ラーケンハル市立博物館はオランダ、ライデンに位置し、オランダの都市文化を中心とした美術品、工芸品を展示する市立博物館です。建物は1640年に建てられた“ラーケンホ-ル(布の会館)”を利用しており、16世紀から現代までのライデンを中心とした絵画、美術品、工芸品をコレクションしています。ルネッサンス期の三連祭壇画や初期のレンブラント作品、オランダ黄金期の画家達による作品、現代美術や工芸アートの傑作のステンドグラスを観賞することが出来ます。

ユトレヒト中央博物館:オランダ最古の市営博物館

ユトレヒト中央博物館は1838年に設立されたオランダ最古の市営博物館です。そのコレクションは非常に幅広く、歴史的な資料、絵画、彫刻、現代美術、衣装芸術、家具や工芸品が50000点にも及んでいます。中でも歴史的遺産「ユトレヒトの船」やモダンアートのリートフェルトのインテリア、世界的に有名なミッフィーの「ディック・ブルーナのスタジオ」など非常に人気がある展示となっています。

ブレディウス美術館:偉大な美術収集家ブレディウスの美術館

ブレディウス美術館は、マウリッツハイス美術館の館長を務めた美術収集家であり鑑定家、またレンブラント研究家であったアブラハム・ブレディウスの個人コレクションを展示している美術館です。17世紀オランダの絵画と銀細工、アンティーク家具、磁器をコレクションとしており、家庭的な雰囲気で質の高い展示の美術館となっています。

プーシキン美術館:世界第2位の収蔵数を誇る美術館

プーシキン美術館は、ロシアのモスクワにある美術館で、1912年に開館しました。古代エジプトから20世紀にいたるまでさまざまな作品が集められていることで知られており、そのコレクション数は約10万点と世界で2番目の所蔵数を誇っています。そんなプーシキン美術館の歴史とコレクションについて詳しく解説していきます。

ビュールレ・コレクション:印象派とポスト印象派のコレクションが充実し...

ビュールレ・コレクションはスイスのチューリッヒで、ある起業家が所蔵していたコレクションのことを指します。残念ながら2015年に閉館したものの、公式ウェブサイトでは所蔵しているコレクションを見ることができるなど、時代に沿った取り組みが行われています。そんなビュールレ・コレクションの歴史とコレクションについて詳しく解説いたします。

バーゼル市立美術館:世界最古の公共美術館のひとつ

バーゼル市立美術館は1671年に設立された、スイスのバーゼルにある美術館です。世界最古の公共美術館の一つであり、ハンス・ホルバインのコレクションのほか、ダダイスムやシュルレアリスムといった近代美術のコレクションに定評があります。そんなバーゼル市立美術館の歴史とコレクションについて詳しく解説していきます。

パウル・クレー・センター:クレーの作品のほとんどを所蔵する美術館

パウル・クレー・センターはスイスのベルンにある美術館で、2005年に開館しました。スイスを代表する画家パウル・クレーの作品が、4000点以上所蔵していることで知られており、また年間を通してさまざまな展覧会やイベントを行っています。そんなパウル・クレー・センターについて詳しく解説していきます。

チューリッヒ美術館:スイス最大規模のコレクションを誇る美術館

チューリッヒ美術館は、スイスのチューリッヒにある美術館で1910年に開館しました。後期ゴシックから印象派、表現主義などに加え、スイス出身の芸術家が残した作品も多く所蔵しており、そのコレクションの規模はスイス最大といわれています。そんなチューリッヒ美術館の歴史とコレクションについて、詳しく解説していきます。

ソアレスドスレイス国立美術館:ポルトガル最古の美術館の一つ

ソアレスドスレイス国立美術館は、ポルトガルにゆかりのある芸術家たちが残した絵画や彫刻、陶器などの膨大なコレクションを主に所蔵していることで知られており、ポルトガル最古の国立美術館としても有名です。そんなソアレスドスレイス国立美術館の歴史とコレクションについて詳しく解説していきます。