グアヤサミン美術館:エクアドルの画家グアヤサミンの美術館

エクアドルを代表する巨匠オスワルド・グアヤサミンの自宅兼アトリエに併設されているのが、グアヤサミン美術館です。通称「人間教会」と呼ばれるアイコニックな建物は、それ自体がコレクションの中核のひとつ。美術館内では開放的な空間でグアヤサミンの傑作たちと向き合うことができます。エクアドルを訪れたら、是非足を運びたいスポットでしょう。この記事ではグアヤサミン美術館の歴史やコレクションと、見どころについて紹介します。

グアテマラ鉄道博物館:鉄道の歴史を伝える博物館

グアテマラ鉄道博物館はグアテマラの首都グアテマラシティにある、かつて使用されていた駅舎を改装して2004年に開館した博物館です。グアテマラを走った蒸気機関車やディーゼル機関車、鉄道に関する写真や制服などを公開しており、実際に車両内部を覗くこともできる体験型の施設です。2007年に運営を終了したグアテマラの鉄道の歴史を、ゼロから知ることができます。この記事では、グアテマラ鉄道博物館の歴史や見どころを紹介します。

エルサルバドル美術館:エルサルバドルを代表する現代アートの美術館

エルサルバドル美術館は中米のエルサルバドルにある現代美術館です。白を基調としたモダンな建物内には、主にラテンアメリカ出身のアーティストの作品が展示されています。また美術館前に展示された巨大なオブジェは美術館のランドマークとして知られています。絵画や彫刻、インスタレーションなど、見どころ豊富な美術館です。

イニョチン:2006年開館の世界最大の野外博物館

イニョチンはブラジルにある世界最大の野外美術館です。トリップ・アドバイザーが選ぶ“死ぬまでに行きたい美術館”にも選出されており、国内外から大勢の観光客を集めています。21のギャラリースペースと23の屋外展示空間に広がる圧巻のコレクションは、1日かけても見て回れないほどです。ダグ・エイケン、マシュー・バーニーなど、現代芸術を代表するアーティストの作品に、驚くことは間違いないでしょう。イニョチンの歴史やコレクションを紹介します。

アンデス博物館1972:飛行機事故の歴史を綴った博物館

アンデス1972博物館は1972年に発生した飛行機事故をテーマにしたウルグアイの首都モンテビデオにある博物館です。アンデス山脈に激突した飛行機はそのまま墜落し、救助されるまでの72日間に及ぶ過酷な生存試練は、これまでに何度も映画化されてきました。アンデス博物館1972では事故当時の様子を解説したパネルや新聞記事が展示され、事故の凄惨さを物語っています。この記事では、アンデス博物館の歴史や展示の内容について紹介します。

トレンチタウン・カルチャー・ヤード・ミュージアム:ボブ・マーリーが少...

トレンチタウン・カルチャー・ヤード・ミュージアムは、ジャマイカを代表するレゲエミュージシャン、ボブ・マーリーが少年時代を過ごした家です。当時の状況を維持した家は、博物館として公開されています。カルチャー・ヤードの敷地内にはボブ・マーリーの像、愛用したギター、少年時代を過ごした部屋、ボブ・マーリーの愛車など、レゲエの神様にまつわる場所やコレクションがあります。トレンチタウン・カルチャー・ヤード・ミュージアムの歴史や見どころを紹介しましょう。

チェ・ゲバラ霊廟:キューバの革命チェ・ゲバラの霊廟・博物館

ラテンアメリカのキューバにあるのがチェ・ゲバラ霊廟。キューバ革命の英雄であるチェ・ゲバラの遺骨を祀った記念碑です。サンタクララにある霊廟にはチェ・ゲバラの堂々たる銅像が設置されており、その存在をたたえています。隣接する博物館にはゲバラの幼少期の写真や、革命運動時に使用された銃などが展示されており、ゲバラの生涯に思いを馳せることができるでしょう。キューバにあるチェ・ゲバラ霊廟の歴史や見どころを紹介します。