パーヌルル国立公園:美しい縞模様の奇岩群とアボリジニ

パーヌルル国立公園は西オーストラリア州キンバリー地区に位置する保護区である。オレンジと灰色の縞模様の奇岩群が印象的な風景を形成しており、その美しさと地質学的価値から2003年に世界遺産に登録された。1982年までその存在はあまり知られておらず、地元のアボリジナルピープルの協力もあって地質学的研究と観光地としての拡大が進んでいる。

フレーザー島:世界最大の砂丘システム

フレーザー島はオーストラリア東部に位置する世界最大の砂島であり、地質学的価値と生態系の希少性から1992年世界自然遺産に登録された。その砂丘システムは地球の歴史と生命進化を研究するための重要なサンプルであり、また島内では純血のディンゴを含む貴重な動植物が数多く確認されている。現在はメジャーな観光地となっており、人間が環境に与える影響などを懸念して保護活動が積極的に行われている。

エアーズロック:神秘的かつ圧倒的な一枚岩

「エアーズロック」は、世界でも最大級の一枚岩。オーストラリアが持つ世界遺産のひとつだ。その神秘的で圧倒的な迫力は、見るものの心を奪い、観光の目的地としても高い人気を誇っている。そんなエアーズロックの、真の魅力とはなんなのか?人生で一度は目にしておきたい、オーストラリアの先住民「アボリジナルピープル」の聖地の秘密に迫っていこう。