スルツェイ島:学者たちを魅了する世界自然遺産の島

スルツェイ島は、アイスランド南沖の大西洋に誕生した火山島です。この島は、人為的な干渉無しでどのように自然が形成されるのかを調査されている為、自然保護区に指定されています。スルツェイ島研究学会の監督下に置かれており、許可なくして人が入ることは許されません。その中でも許可を得たアイスランドの学者たちを中心に、増え続ける多くの動植物と島の成り立ちが調査されており、2008年には世界自然遺産に登録されました。

【放射能:私たちは原子力をどう考えるべきか?】

現在、地球環境に対するさまざまな問題が取り上げられ、活発な議論が交わされています。 放射能の問題も地球環境問題のひとつと言えます。 私たち人類は、今、放射能をさまざまな形で利用しています。たとえば、原子力発電所や核爆弾などがそうです。 知らず知らずのうちに原子力の恩恵を受けている時代ですが、原子力がもたらす影響について真剣に考えたことはあるでしょうか。 1986年に起きたチェルノブイリ原発事故に続いて、2011年に発生した福島第一原発事故によって、人々は原子力の利便性と危険性を突きつけられました。 私たちは原子力とどう向き合って、原子力をどう考えるべきなのでしょうか。