コンポントム:世界遺産以外の見どころ

コンポントムは、カンボジア中央部にある敷地面積国内第2位の州。豊かな穀倉地帯とトンレサップ湖に流れ込むセン川を有し、農業と漁業が盛んな地域である。観光名所としては、2017年にユネスコの世界遺産に登録されたサンボープレイクック遺跡があるほか、市街地近郊には地元の人々の素朴な暮らしに触れられるスポットがある。本記事では、サンボープレイクック遺跡以外のコンポントムの見どころを紹介する。

貿易陶磁博物館:海のシルクロードからベトナムに伝わった交易品をコレク...

貿易陶磁博物館はアジアとヨーロッパの貿易によって入手された陶磁器などを多くコレクションしている博物館で、別名「海のシルクロード博物館」といわれています。この博物館には、日本の朱印船によってもたらされた多くの陶磁器の遺物も展示されています。そんな貿易陶磁博物館の歴史と所蔵品についてくわしく解説します。

南部女性博物館:ベトナムの南部で活躍していた女性たちの歴史を展示する...

南部女性博物館はベトナム南部で子育てをしながら家庭を守り、活躍していた女性たちの歴史を展示しています。4階建ての南部女性博物館には、伝統的なベトナムの民族衣装や活躍した女性の写真などが多数展示されています。そんな南部女性博物館の歴史と所蔵品についてくわしく解説します。