ハーバート・ジョージ・ウェルズ:オーバー・テクノロジーSFの父

ーバート・ジョージ・ウェルズはイングランドの小説家です。もともとは教師を目指し教員免許を取得しますが、教育業界独特の閉鎖的で無改革な風潮に疑問を抱き、1893年から作家活動を開始します。そして1895年の「タイム・マシン」のヒットにより人気作家となり、主に現実にある科学技術を誇張し、趙化学やスーパーテクノロジーを壮大に描いた作品を作り上げていきました。

(Public Domain /‘Czech writer Franz Kafka’ by UNKNOWN. Image via Wikimedia commons)

フランツ・カフカ:毎日ラブレターを送る情熱的な作家

フランツ・カフカはチェコのプラハ出身のユダヤ人作家です。当時プラハにはチェコ人とユダヤ人が共住していたためドイツ語で作品を残しています。彼は法律を学び保険局に勤めながら執筆活動を行い、長編小説や短編小説、日記および恋人などに宛てた膨大な量の手紙から著作しました。代表作には「変身」、「審判」、「城」が挙げられますが生きている間には完成せず、カフカが亡くなった後友人のマックス・ブロートが編集して世に出しました。

フョードル・ドストエフスキー: 逮捕歴を作品に生かし絶賛されたロシア人...

フョードル・ドストエフスキーはロシア出身の小説家及び思想家です。代表作は「罪と罰」、「白痴」、「貧しき人々」、「悪霊」、「カラマーゾフの兄弟」など多数あります。19世紀後半のロシア小説を牽引した代表的な文豪で、社会主義思想に影響を受けた知識階級の暴力的な革命を否定した人物です。また反ユダヤ主義者でもあり人間の中にある悪について追及し書き続けました。ペテルブルク市内には彼の像が設置され、彼が住んでいた家がドストエフスキー博物館として観光名所となっています。

アーダルベルト・シュティフター:自然を愛し、画才と文才に恵まれた作家

南ボヘミア生まれの作家兼風景画家。オーストリアにおける「リアリズム文学」を代表する作家でもある。三月革命や普墺戦争など激動の時代に生きながらも、豊かな自然描写、平和かつ調和的に生きる人間像を追求した作品を多く執筆した。主要な著作に「コンドル」「習作集」「石さまざま」「晩夏」「ヴィティコー」などがある。

ハーマン・メルヴィル:放浪し不作が続くも死後評価された小説家

ハーマン・メルヴィルはアメリカの小説家及び詩人です。代表作は「タイピー」や「オムー」「白鯨」などがあり、アメリカの政府主義に反発した人間の個性や感情を綴ったロマン主義の作家です。12歳のときに父親を亡くし、家計を支えるために数々の職を転々とした後、南太平洋の島々を4年間放浪しました。1846年にはその頃の放浪体験をもとに執筆した小説「タイピー」を出版し、以後「オムー」や「マーディ」、「白鯨」などを刊行しましたが戦時中だったこともあり、社会に反抗する人々の心情を綴った作品は思うように売れませんでした。彼の作品は生前にはほとんど評価されていませんでしたが、現在ではアメリカ文学史上で高い地位を占めています。

ジョナサン・スウィフト:歓喜は無常にして短く、快活は定着して恒久なり。

ジョナサン・スウィフト(1667―1745)はイギリスで活躍した小説家・風刺作家・詩人・エッセイスト・司祭です。アイルランド東部のダブリン出身のイングランド系アイルランド人で、小説の代表作に『ガリバー旅行記』などがあります。長編の風刺文学であるこの作品は現在でも世界中の人々に愛され、彼の肖像はアイルランドの10ポンド紙幣にも使用されています。

ジョージ・バーナード・ショー:粋でシュールなユーモア作家

ジョージ・バーナード・ショー(1856―1950)はアイルランドのダブリンに生まれた文学者・脚本家・劇作家・評論家・政治家・教育家・ジャーナリストです。20歳の頃から音楽評論家のゴーストライターを始め、27歳で小説を発表、36歳の頃に「やもめの家」で劇作家デビューしました。そして数々の名作を世に送りだし、1925年にノーベル文学賞を受賞します。ヴィクトリア朝時代から近代にかけてイギリスやアメリカなどで活躍し、94歳で亡くなりました。