タイトル:ヴァージニア・ウルフ:『ダロウェイ夫人』『灯台へ』を制作し...

ヴァージニア・ウルフは1882年1月25日イギリスのロンドンに生まれた小説家です。『ダロウェイ夫人』や『灯台へ』『オーラントー』など20世紀モダニズム文学の代表作となる作品を執筆したことで知られています。そんなヴァージニア・ウルフの人生と作品について詳しく解説していきます。

イアン・フレミング:「007」シリーズの作者

イアン・フレミングは1908年5月28日イギリスのウェストミンスター・メイフェアで生まれた小説家です。イギリス海軍情報部に勤務し、第二次世界大戦中は諜報員としても活躍。そうした経験をもとに執筆した「007」シリーズは大ベストセラーになりました。そんなイアン・フレミングの人生と作品について詳しく解説していきます。

アンソニー・バージェス:『時計仕掛けのオレンジ』を執筆いた小説家

アンソニー・バージェスは1917年イングランドのランカシャー州に生まれた小説家です。東南アジアやアメリカ、中央ヨーロッパなど各地を転々としながら執筆活動を進め、『時計仕掛けのオレンジ』を発表したことで有名な人物です。そんなアンソニー・バージェスの人生と作品について詳しく解説していきます。

アルトゥル・シュニッツラー:『アナトール』『夢小説』を執筆した小説家

アルトゥル・シュニッツラーは1862年5月15日オーストリアのウィーンに生まれた小説家です。「青年ウィーン」の一員としてウィーン世紀末文化を感じさせる新ロマン主義的な小説を執筆したことで知られており、特に恋愛と死をテーマとしてオーストリア文学史に残る作品を執筆しました。そんなアルトゥル・シュニッツラーの人生と作品について詳しく解説していきます。

アリステア・マクリーン:『女王陛下のユリシーズ号』を執筆した小説家

アリステア・マクリーンは1922年4月21日スコットランドのグラスゴーに生まれた小説家です。海洋冒険小説の不朽の名作とて名高い『女王陛下のユリシーズ号』を執筆したことで知られており、その後のスパイ小説に大きな影響を与えました。そんなアリステア・マクリーンの人生と作品について詳しく解説していきます。

アリアナ・ハフィントン:ハフィントン・ポストの共同創業者

アリアナ・ハフィントンは1950年7月15日アテネのギリシアに生まれたジャーナリストです。リベラル系ニュースサイト「ハフィントン・ポスト」の創設者として有名であり、フォーブズ誌による「メディア界で最も影響力のある女性」では12位に選出されました。そんなアリアナ・ハフィントンの人生について詳しく解説していきます。

アストリッド・リンドグレーン:『長くつ下のピッピ』を執筆した児童文学作家

アストリッド・リンドグレーンは、1907年11月14日スウェーデン南東部のヴェンメルビューに生まれた児童文学作家です。特に『長くつ下のピッピ』や『ロッタちゃんシリーズ』といった作品を執筆したことで知られており、世界100か国以上の国々で読み継がれています。そんなアストリッド・リンドグレーンの人生と作品について詳しく解説していきます。

アガサ・クリスティ:「ミステリーの女王」

アガサ・クリスティは1890年9月16日に生まれた小説家で、「ミステリーの女王」と称される人物です。名探偵ポワロやミス・メープルといったユニークな登場人物と共に読み手をあっと驚かせるようなストーリー展開は大きな話題となり、現代においても読み継がれています。そんなアガサ・クリスティの人生と作品について詳しく解説していきます。