アスンシオン(パラグアイ):ラテンアメリカの作家アウグスト・ロア=バ...

ラテンアメリカを代表する作家アウグスト・ロア=バストスは、パラグアイ出身の人物で脚本家、ジャーナリストとしても活躍している。文学賞で得た賞金を、故郷であるパラグアイの教育支援に充てたことでも有名だろう。そんなアウグスト・ロア=バストスの故郷が、パラグアイの首都であるアスンシオンである。ラテンアメリカを代表する作家アウグスト・ロア=バストスとアスンシオンの魅力を、お伝えしていこう。

アルベール・カミュ:長きに渡り愛される作品を書き上げた短命のノーベル...

アルベール・カミュ(1913-1960) アルジェリア出身の哲学者。小説家兼劇作家でもあり、1957年にノーベル文学賞を受賞しています。彼の作品「カリギュラ」はパリや日本などで度々舞台上演され、2014年には短編「客」を映画化した「涙するまで、生きる」がアメリカで80万ドル以上の興行収入を記録するなど数々の成功を収めています。

Luy Ung Techhong:カンボジアの学生作家

Luy Ung Techhongは、2000年生まれのカンボジア・プノンペン出身の作家。2015年に、15歳で処女作『KAMPUCHEA ROCKS』の第1版を執筆・出版。18歳となった2018年12月には前版を加筆編集の上、第2版を発表した。カンボジアの魅力を客観的かつユーモアたっぷりに描写する作品の内容もさることながら、出版ビジネスに関心を抱く彼の将来にも注目が集まる。

ナント(フランス):SFの父、ジュール・ヴェルヌの生まれ故郷

SF(サイエンス・フィクション)の父と呼ばれるフランスの小説家『ジュール・ヴェルヌ』。20世紀のパリなどで知られる、世界的にも著名な人物です。執筆された作品は映画化などもされ、形を変えて現代も多くの人々に親しまれている傑作ばかりです。そんなジュール・ヴェルヌの生まれ故郷がフランスの『ナント』。1598年に発令されたナントの勅令はあまりに有名です。ジュール・ヴェルヌと故郷ナントの魅力をお伝えしていきます。

ブザンソン(フランス):ロマン主義の小説家、ヴィクトル・ユーゴーの生...

フランスを代表する小説家「ヴィクトル・ユーゴー」。世界的な名作「レ・ミゼラブル」は現在でも舞台化、映画化の絶えない傑作中の傑作。時代を経ても色褪せないユーゴーの小説の数々は、世界中で多くの人々を感動の渦に巻き込んでいます。その名前をご存知の人も多いでしょう。そんなヴィクトル・ユーゴーの故郷がフランス東部の街「ブザンソン」です。ヴィクトル・ユーゴーとブザンソンの魅力を、当記事でお届けしていきます。

ポートランド(メイン州・アメリカ):アメリカを代表する小説家、スティ...

現代のアメリカを代表する小説家「スティーブン・キング」。具体的な名詞を多用する、モダン・ホラーの開拓者とも称される人物です。ブラム・ストーカー賞など、数々の文学賞を受賞している功績も見逃せないでしょう。そんなスティーブン・キングが生まれた街が、アメリカのメイン州にある「ポートランド」です。映画化された作品も多い人気の小説家スティーブン・キングと、その故郷ポートランドの魅力に迫っていきます。

リヨン(フランス):フランスを代表する小説家、サン=テグジュペリのふ...

世界200を超える国や地域で愛されるベストセラー「星の王子さま」。その著者がフランスの小説家「サン・テグジュペリ」です。操縦士としての経歴を持ちながらも、意欲的に作品制作を続けた人物。その作品の数々は、現代でも多くの人々を虜にしています。お気に入りの作品がある人も多いでしょう。そんなサン・テグジュペリのふるさとが、フランスの「リヨン」です。サン・テグジュペリとリヨンの魅力を、当記事でご紹介していきます。

トーキー(イングランド):ミステリーの女王、アガサ・クリスティ誕生の地

ミステリーの女王「アガサ・クリスティ」。代表作「そして誰もいなくなった」をはじめとする作品の数々は、世界のミステリー好きの心を虜にして止みません。その卓越した描写とトリックの巧みさには、脱帽というほかないでしょう。そんなアガサ・クリスティ誕生の地が、イングランド南西部に位置する街「トーキー」です。温暖な気候から人気を集める、保養地であり観光都市。アガサ・クリスティとトーキーの魅力を、お伝えしていきます。