アムステルダム(オランダ):『アンネの日記』の著者、ゆかりの地

60以上の言語に翻訳され、世界的なベストセラーとなった文学作品『アンネの日記』。その著者である『アンネ・フランク』はユダヤ系のドイツ人です。2年間のオランダでの隠れ家生活を綴った作品は世界中で読まれ続け、たくさんの人々の共感と希望を集めてきました。その舞台となった場所が、オランダ最大の街である『アムステルダム』です。アンネ・フランクとそのゆかりの場所アムステルダムの魅力を、当記事で詳しくご紹介していきます。

ゲランド(フランス):ミステリー作家ジャン=フランソワ・パロのゆかりの街

フランス出身の歴史ミステリー作家『ジャン・フランソワ・パロ』。海外の国々を飛び回り、外交官としての経歴も持つ人物だ。その著書は英語などに翻訳され、いくつもの国で人気を集めてきた。そんなジャン・フランソワ・パロのゆかりの街が、フランスの街『ゲランド』。名産の高級塩“フルール・ド・セル”は、世界中の人気レストランで使用されている。作家ジャン・フランソワ・パロとゲランドの魅力を、紹介していこう。

ストラトフォード=アポン=エイヴォン(イングランド):文豪ウィリアム...

誰もが知る世界的な劇作家「ウィリアム・シェイクスピア」。「リア王」や「ハムレット」を代表とする4大悲劇やそのほかの作品は、時代を超えても多くの人々を魅了し続けています。最も優れた英文学の作家と称されている事実にも納得でしょう。そんなシェイクスピアが生まれた街が、イングランド中部に位置する「ストラトフォード=アポン=エイヴォン」です。歴史に残る文豪とその故郷に根付いた魅力を、詳しくご紹介していきます。

エクセター(イングランド):ハリーポッターの著者、J・K・ローリングが...

歴史上最も売れたシリーズ作品「ハリーポッター」。その著者として知られる人物が「J・K・ローリング」です。1997年に出版された第1巻「賢者の石」から、2007年に出版された第7巻「死の秘宝」まで、全世界を熱狂の渦に巻き込んできました。その後の活躍も注目される、イギリスを代表する作家です。そんなJ・K・ローリングが学んだ街がイングランド南西部の「エクセター」。J・K・ローリングとエクセターの魅力を、ご紹介していきます。

ヘルシンキ(フィンランド):ムーミンの生みの親、トーベ・ヤンソンの生...

世界に名だたる人気のキャラクター『ムーミン』。そのムーミンの生みの親となったのが、フィンランドの児童文学作家『トーベ・ヤンソン』です。1984年にはフィンランドの国民文学賞も受賞した、著名な人物。ムーミンの物語のほか、小説家としての活動でも世界に名を馳せています。そんなトーベ・ヤンソンの生まれた街が、北欧フィンランドの首都である『ヘルシンキ』です。トーベ・ヤンソンとヘルシンキの魅力を紹介していきます。

リュブリャナ(スロベニア):近代スロベニア最高の作家、イヴァン・ツァ...

近代スロベニア最高の作家といわれているのが『イヴァン・ツァンカル』です。明確な方法論を持たない散文を、スロベニア語で初めて芸術の領域にまで高めた人物。自然の美しさや人間の感情を文章に込めたイヴァン・ツァンカルの作品は、大きな支持を集めてきた。そんな偉大な作家ゆかりの街がスロベニアの首都である『リュブリャナ』です。スロベニアを代表する作家イヴァン・ツァンカルとリュブリャナの魅力を、ご紹介します。

バレンシア(スペイン):スペインの小説家、ブラスコ・イバニェスの出身地

スペインのバレンシア出身の小説家『ブラスコ・イバニェス』。代表作である『血と砂』などで知られる、世界的に著名な人物です。その作品は幾度も映画化され、注目を集めてきました。そんなブラスコ・イバニェスの出身地が、スペインで3番目の規模を誇る街『バレンシア』です。地中海西部で最大の港を備える港湾都市であり、世界遺産も持つ国内屈指の観光都市。スペインを代表する小説家ブラスコ・イバニェスとバレンシアの魅力を、ご紹介していきます。

マルセイユ(フランス):19世紀の詩人、アルチュール・ランボー最後の地

19世紀を代表するフランスの詩人『アルチュール・ランボー』。『早熟の天才』とも称される稀代の人物です。その人生の中で詩を書いたのはごく限られた期間のみであり、兵士や翻訳家など、職業を転々としていたこともランボーの特徴でしょう。そんなアルチュール・ランボーが生涯を終えた場所が、フランスの『マルセイユ』です。国内最大の港湾都市として注目される街。ランボーとマルセイユの魅力を、詳しくご紹介していきます。