ヘルマン・カール・ヘッセ:精神的に苦しみながらも執筆を続けた作家

ヘルマン・カール・ヘッセ(1877-1962) 詩や小説によって知られるドイツ出身の文学者兼作家。ドイツ南部のヴュルテンベルク王国に、宣教師である父ヨハネスの第二子として生まれる。ヘッセは父の影響を受けプロテスタントの神学生になるが入学からわずか7か月で退学し、その後自殺未遂や精神病院への入院など振れ幅の大きい人生を送る。退院すると書店の店員など様々な職を転々としながら詩や小説の執筆をし、ノーベル文学賞を受賞するなど成功を収めた。

アストリッド・リンドグレーン:スウェーデンのやんちゃな子どもたち

アストリッド・リンドグレーン(1907年-2002年)は、スウェーデンの児童書編集者兼、児童文学作家として活躍しました。主な作品に、「長くつ下のピッピ」、「やかまし村の子どもたち」、「ロッタちゃん」などがあり、今もなお世界中の子どもたちに愛され続けています。世界中の子どもたちに愛される物語を書いた作者は、どんな人物だったのでしょう。著書の紹介も合わせて解説していきます。

J・R・R・トールキン:指輪物語が色褪せない理由

J・R・R・トールキン は、1892年生まれのイギリス人作家。映画『ロード・オブ・ザ・リングシリーズ』の原作である『指輪物語』や、『ホビットの冒険』の著者として広く知られている。20世紀における最も偉大な小説ともいわれる、『指輪物語』。本記事では、1950年代に発表され、今なお世界中で人々を魅了し続ける『指輪物語』の魅力に迫る。

パメラ・トラバース:人生における名言の宝庫「メアリー・ポピンズ」

メアリー・ポピンズなどの作品で有名な児童文学作家、パメラ・トラバース。高校を卒業してからは舞台女優や作家などとして活動し、25歳でイギリスに移住しました。その後は主に子供向けの小説と詩を執筆し、中でも「メアリー・ポピンズ」はあまりにも有名です。本名をヘレン・リンドン・ゴフという彼女は、1906年にオーストラリアのクイーンズランド州メアリーバラにて誕生します。イギリス系アイルランド人の父とオーストラリア系スコットランド人の母との間に3人姉妹の長女として生まれ、幼い頃から本を読むことも自ら書くことも大好きでした。