レンブラント・ファン・レイン:生涯オランダで光と影を描いた男

レンブラント・ファン・レイン(1606―1669)はオランダ西部のライデンに、製粉業者の息子として誕生しました。人間の内面への洞察力を作品に惜しみなく発揮し、20代半ばで既に画家で生計を立てていました。裕福な家の娘サスキアと結婚し多くの作品を残し、側から見れば順風満帆な人生ですが、私生活では多くの不幸に見舞われることもありました。

Museu Picasso – 天才ピカソ。バルセロナでキュビズムに触れる

1907年、パブロ・ピカソが「アビニヨンの娘たち」を完成させたのがキュビズムの出発点だった。 スペイン人ピカソはバルセロナで青年時代を過ごす。そのバルセロナにMuseu Picasso/ピカソ美術館がある。本人の希望で設立された美術館には幼少期の写真やその時代に描かれた絵、「青の時代」から晩年の作品まで3800点ものコレクションが展示されている。Museu Picassoで天才ピカソの人生を垣間見る。

Victoria and Albert – 芸術そしてデザイン、英国400年の歴史を感じる

数あるロンドンの博物館の中でも、芸術とデザインを専門とするVictoria and Albert。5000年余りに渡る世界文明の芸術約230万点とともに、ハイドパークから徒歩10分というロケーション・サウスケンジントンに英国400年の歴史が存在する。そのコレクションのみならず、世界初ミュージアム内カフェ”V&Aカフェ”はV&Aがとても魅力的な博物館であることに付加価値を与える。

ダミアン・ハースト:作品に巨額の資産を投じる現代アーティストの素顔

ダミアン・ハーストは1965年生まれのイギリス人の現代アーティストです。今世紀、世界で最も裕福なアーティストのひとりであり、現代アート界でその名を知らない人はいません。作品は主にコンセプチュアル・アートやミニマル・アートのスタイルをとっており、主なテーマは「芸術と生」「生と死」などがあげられます。

アンディ・ウォーホル:ポップ・アートの巨匠

アンディ・ウォーホルというアーティストを知っていますか?キャンベルスープ缶の絵やシルクスクリーンで描いたマリリン・モンローの肖像画といえば、見たことのある方も多いのではないでしょうか。今回は、アートをビジネスに変え、ポップアート界のアイコンともいわれたウォーホルについて、詳しく解説していきます。

ランス:ルーブル美術館別館の美しさを知る

ルーブルはフランスを代表する国立美術館。世界最大級のコレクションを求め訪れる人々が絶えない。しかし、パリのルーブルには35万点と言われる全収蔵品の10%しか展示されていない。そのため地域活性化を目的に、フランス北部ランスに別館を作り展示する。厳選されたコレクションは国・文化を超え時系列で展示される”時のギャラリー”というユニークな方法が取られ、5年ごとに全ての作品が入れ替わるところに特徴がある。