ホヤ・デ・セレン遺跡・博物館:世界遺産ホヤ・デ・セレンのための博物館

中央アメリカのエルサルバドルにあるのが、世界遺産にも認定されたマヤ文明のホヤ・デ・セレン遺跡です。1976年に発見された遺跡は美しい状態が維持されており、マヤ文明の生活様式を解明する大きな手がかりとなりました。この博物館のエリアでは10棟の建物や台所、共同浴場などが公開されています。付属の博物館では遺跡から出土した器や壺など、貴重なコレクションが沢山あります。この記事では、ホヤ・デ・セレン遺跡と付属の博物館の歴史や見どころを紹介します。

トレンチタウン・カルチャー・ヤード・ミュージアム:ボブ・マーリーが少...

トレンチタウン・カルチャー・ヤード・ミュージアムは、ジャマイカを代表するレゲエミュージシャン、ボブ・マーリーが少年時代を過ごした家です。当時の状況を維持した家は、博物館として公開されています。カルチャー・ヤードの敷地内にはボブ・マーリーの像、愛用したギター、少年時代を過ごした部屋、ボブ・マーリーの愛車など、レゲエの神様にまつわる場所やコレクションがあります。トレンチタウン・カルチャー・ヤード・ミュージアムの歴史や見どころを紹介しましょう。

チェ・ゲバラ霊廟:キューバの革命チェ・ゲバラの霊廟・博物館

ラテンアメリカのキューバにあるのがチェ・ゲバラ霊廟。キューバ革命の英雄であるチェ・ゲバラの遺骨を祀った記念碑です。サンタクララにある霊廟にはチェ・ゲバラの堂々たる銅像が設置されており、その存在をたたえています。隣接する博物館にはゲバラの幼少期の写真や、革命運動時に使用された銃などが展示されており、ゲバラの生涯に思いを馳せることができるでしょう。キューバにあるチェ・ゲバラ霊廟の歴史や見どころを紹介します。

アントワープ州立写真博物館:歴史的瞬間を写真で知る

時として「写真」は、人々の歴史を伝える物として貴重な情報媒体です。アントワープ州立写真博物館は、貴重な写真の数々と写真にまつわる遺構を展示しています。著名な写真展の会場としても利用される博物館は、「写真」とは切っても切れない場所と言えるでしょう。そんなアントワープ州立写真博物館についてご紹介します。