J・R・R・トールキン:指輪物語が色褪せない理由

J・R・R・トールキン は、1892年生まれのイギリス人作家。映画『ロード・オブ・ザ・リングシリーズ』の原作である『指輪物語』や、『ホビットの冒険』の著者として広く知られている。20世紀における最も偉大な小説ともいわれる、『指輪物語』。本記事では、1950年代に発表され、今なお世界中で人々を魅了し続ける『指輪物語』の魅力に迫る。

クロード・モネ:光に惚れ込み印象派を生んだ画家

クロード・モネ(1840―1926)はフランスのパリに生まれ、幼少期に港町ル・アーヴルに移り住みました。10代の後半に画家の巨匠ブーダンから油絵を教わった後、パリに拠点を移し絵画で光を表現しようという試みのもと、様々なモチーフの光と影を時間の経過とともに描いてきました。革新的な作品を次々と発表しますが、世間がそれを理解するまでには長い年月がかかり、モネは50歳を過ぎてからようやく日の目を浴びました。

パメラ・トラバース:人生における名言の宝庫「メアリー・ポピンズ」

メアリー・ポピンズなどの作品で有名な児童文学作家、パメラ・トラバース。高校を卒業してからは舞台女優や作家などとして活動し、25歳でイギリスに移住しました。その後は主に子供向けの小説と詩を執筆し、中でも「メアリー・ポピンズ」はあまりにも有名です。本名をヘレン・リンドン・ゴフという彼女は、1906年にオーストラリアのクイーンズランド州メアリーバラにて誕生します。イギリス系アイルランド人の父とオーストラリア系スコットランド人の母との間に3人姉妹の長女として生まれ、幼い頃から本を読むことも自ら書くことも大好きでした。

パブロ・ピカソ:キュビズムと画才

パブロ・ピカソ(1881―1973) スペインのアンダルシア地方マラガに画家教師の息子として生まれ、幼い頃から画才に溢れていたことはもちろん、斬新な遊び心でそれまで誰も思いつかなったものを次々と生み出しました。生涯のほとんどをフランスで過ごし、絵画だけでなく彫刻や陶芸なども手がけるなど、20世紀で最も偉大なアーティストの1人となりました。

ル・コルビュジエ:休暇小屋を愛した巨匠

20世紀の建築界に多大な影響をおよぼした建築家ル・コルビュジエが手がけた建築の中に「カップ・マルタンの休暇小屋」のような小さくてとても素敵な作品があります。南仏コート・ダ・ジュールの美しい海岸に面した高台に建つ小屋は、夫人と一緒に休暇を過ごすために設けられました。今回は建築界の巨匠ル・コルビュジエをご紹介します。

マルセル・デュシャン:「芸術の概念」を根本的に変えた革命家

マルセル・デュシャンは1887年7月28日フランス生まれの芸術家。その革新的な作品は芸術の概念そのものをくつがえし、20世紀と今世紀の芸術にあらたなともし火をともす。そのため「現代アートの父」とも呼ばれている。作品スタイルはキュビズム、フォーヴィズム、ダダ、シュルレアリスム。チェスの名人でもあった。1955年にアメリカの市民権を得る。1968年10月2日フランスのヌイイのアトリエで死去。享年81歳。

Victoria and Albert – 芸術そしてデザイン、英国400年の歴史を感じる

数あるロンドンの博物館の中でも、芸術とデザインを専門とするVictoria and Albert。5000年余りに渡る世界文明の芸術約230万点とともに、ハイドパークから徒歩10分というロケーション・サウスケンジントンに英国400年の歴史が存在する。そのコレクションのみならず、世界初ミュージアム内カフェ”V&Aカフェ”はV&Aがとても魅力的な博物館であることに付加価値を与える。