ジャクソン・ポロック:アクション・ペインティングとアルコールの画家

ジャクソン・ポロックはアメリカ合衆国ワイオミング州、コーディに生まれた画家です。20世紀を代表するアメリカの画家であり、ポロックの「アクション・ペインティング」は世界に大きな衝撃を与えました。その表現が絶賛される一方で、ポロックは「アメリカを代表する画家」と称されることへのプレッシャーからアルコール依存症に苦しんでいました。そんなポロックの人生とはどのようなものだったのでしょうか。

サム・ファイン:人種の多様性を「個性的な美しさ」として浸透させたメイ...

サム・ファインはナオミ・キャンベルやハル・ベリーなどアフリカ系アメリカ女性著名アーティストのメイクアップを担当してきたメイクアップアーティストです。数々の世界的有名雑誌の表紙のメイクを担当した彼は、黒人女性が直面するメイクアップの問題について真摯に向き合ってきました。サムがメイクアップアーティストとして大成する軌跡から、彼が現在のメイクアップトレンドにもたらした変化を紹介します。

PONY:韓国No.1ユーチューバー兼ヘアメイクアップアーティスト

今や韓国で最も影響力のある美容インフルエンサー兼メイクアップアーティストPONY。モデルやアイドルでもなかった彼女が、全世界で1300万人のフォロワーを保有している人気の秘密はどこにあるのでしょうか?メイクスキルと映像クオリティの高さで世界中にファンを持つユーチューブチャンネルPONY syndromeへのこだわりや、プロメイクアップアーティストとしての彼女の活動に触れていきます。

ウィリアム・ターナー:風景画から輪郭を消しさった英国ロマン主義の巨匠

18~19世紀、イギリスのロマン主義を代表する巨匠ウィリアム・ターナー。史上最年少27歳にして、王立アカデミーの正会員に選ばれる。イギリス近代美術の先駆けであり、印象派クロード・モネに大きな影響を与えた。ターナーの風景画は、”光の画家”と呼ばれる鮮やかな光の描き方が特徴であり、それはモネが「印象 日の出」を描き印象派が誕生する35年も前に描かれたものだった。老いてなお挑戦し続けたターナーの人物像と作品に迫る。

オラファー・エリアソン:ニューヨークを巨大な滝によってアート空間へ

オラファー・エリアソンは、デンマーク生まれのアイスランドの芸術家。空間・光・水・霧などの自然界の要素を使い、インスタレーション作品を創作している。2008年にニューヨークのイースト川に巨大な滝を創った作品「ニューヨークシティ・ウォーターフォール」が話題となった。世界各地の著名な美術館に彼の作品は所蔵されている。