HADO:AR×eスポーツ

ゲーム市場の進化は目覚ましくVR(バーチャルリアリティー) やAR(オーグメンテッド・リアリティ)の登場により新しいジャンルが次々に出ています。 VR元年と言われた2016年を皮切りにPS4などのプラットフォームでVR体験を多くの方が体験されたの思います。ゲームをプレイするという発想からゲームを体験するという次世代に突入し、VRの世界も年々進化を遂げています。 またeスポーツという新しいジャンルも確立され、FPSやTPSなどのオンラインゲーム対戦を世界規模で実施し、高額な賞金を目指して競い会う競技も人気が高まっています。 そこでeスポーツにAR(オーグメンテッド・リアリティ)、拡張現実の要素を組み合わせ全く新しい競技として日本で発祥されたものにHADOがあります。

21世紀の航空界は、世界の大都市の第2、第3空港も人の流れのハブになる

ニューヨーク・マッカーサー空港、ロンドン・サウスエンド空港、パリ・ボーヴェ空港…「そんな空港、知らない」と言うようでは21世紀の航空界に乗り遅れ、搭乗ゲートに取り残されてしまう。今や、世界の大都市の第2・第3空港でさえも、増える一方の航空利用者の国境を越える流れのハブになる時代がやってきた。

シュトゥットガルト(ドイツ):ドイツの哲学者、ヘーゲルの出身地

ドイツを代表する偉大な哲学者『ヘーゲル』。17世紀〜18世紀初頭を代表する哲学者の一人であり、後世にも色濃い影響を与えた人物です。哲学史の中では難解といわれるヘーゲルの哲学論は、この先も普遍的な真実を私たちに教えてくれるでしょう。そんなヘーゲルの出身地が現在ドイツに属する街「シュトゥットガルト」です。かつてはヴュルテンベルク公国の首都であった街。ヘーゲルとシュトゥットガルトの魅力をお伝えしていきます。

グラーツ(オーストリア):エジソンのライバル、ニコラ・テスラが学んだ街

発明家エジソンのライバルとも称される人物『ニコラ・テスラ』。8つの言語を操り、さまざまな発明品を生み出して世界に革命をもたらした発明家です。テスラ・コイルなど、自身の名前を冠したアイデアは、現在でも多くの事象に活用されています。その名前をご存知の人も多いでしょう。そんなニコラ・テスラの在籍した大学がある街が、オーストリアの『グラーツ』です。ニコラ・テスラとゆかりの街グラーツの魅力を紹介していきます。

ポーツマス(イギリス):偉大なエンジニア、イザムバード・キングダム・...

『イザムバード・キングダム・ブルネル』はイギリスの歴史を代表する凄腕のエンジニアである。イギリスの鉄道“グレート・ウェスタン”の駅舎や車両の設計にも大きく貢献し、大型蒸気船の建造にも関わってきた。その偉大な功績は、未来永劫変わることなく伝わり続けていくだろう。そんなイザムバード・キングダム・ブルネルの故郷が、イギリスの『ポーツマス』である。偉大なエンジニアとその出身地の魅力を詳しくお伝えしよう。

ブカレスト(ルーマニア):航空力学の先駆者アンリ・コアンダの出身地

世界で初めてのジェット機を開発した人物が『アンリ・コアンダ』である。ルーマニア出身の発明家で、軍隊を除隊してから大学に入学し、航空工学のクラスを主席で卒業した。開発した“コアンダ=1910”が世界に与えたインパクトは、計り知れないものだろう。そんなアンリ・コアンダの出身地が、ルーマニアの首都の『ブカレスト』である。現在のルーマニア成立のキッカケとなった街。アンリ・コアンダとその故郷の魅力を、お伝えしよう。

21世紀の世界の大学に変化をもたらす「専門職学位」ブームの背景にあるも...

「修士号(マスター)」「博士号(ドクター)」の学位はかつて、大学教授や研究者になりたい人が取るものだったが、21世紀は「高度専門職業人」になりたい人が取る「専門職学位」がその存在感を増している。世界のどこでも通用する職業技能のグローバルスタンダードで、取得者は各国が奪いあう。分野は知名度の高い経営学修士(MBA)をはじめ、MOT(技術経営)、会計、知財、公共政策、臨床心理など多彩。世界の大学教育を変えそうな存在だが、その背景にはアメリカなど大国の「ソフトパワー」戦略がある。

カンボジア:プノンペンの今を感じる5つの場所

カンボジアの首都プノンペンは、経済成長に伴って目まぐるしい勢いで発展中である。昔ながらの変わらない部分を残す一方で、外国からの投資、高層ビルの建設ラッシュにより街並みは変わり、人々のライフスタイルも変化しつつある。「内戦」「貧困」「発展途上国」といった言葉で語られがちなカンボジアの印象が一変するような、プノンペンの「今」を映し出す5つのスポットをご紹介する。