21世紀の世界の大学に変化をもたらす「専門職学位」ブームの背景にあるも...

「修士号(マスター)」「博士号(ドクター)」の学位はかつて、大学教授や研究者になりたい人が取るものだったが、21世紀は「高度専門職業人」になりたい人が取る「専門職学位」がその存在感を増している。世界のどこでも通用する職業技能のグローバルスタンダードで、取得者は各国が奪いあう。分野は知名度の高い経営学修士(MBA)をはじめ、MOT(技術経営)、会計、知財、公共政策、臨床心理など多彩。世界の大学教育を変えそうな存在だが、その背景にはアメリカなど大国の「ソフトパワー」戦略がある。

バレンシアガ:モードの原点であり最先端

バレンシアガは、スペインで創業したラグジュアリー・ブランドです。20世紀を代表するクチュリエでありファッションデザイナーである彼がデザインするレディース・ラインは、シンプルでゆったりとしたシルエットが特徴で、エディターズ・バッグの「City」などが人気です。モードの原点ともいうべき歴史と伝統を継承しながら、パリだけでなく世界のモード界をリードする存在となっています。

ドルチェ&ガッバーナ:新感覚のラグジュアリー

ドルチェ&ガッバーナはイタリアのファッション・ブランドです。ドメニコ・ドルチェとステファノ・ガッバーナ、二人のデザイナーによって創立されました。「シチリアン・ドレス」に代表されるような、官能的な美しさ、イタリアらしい華やかさをたたえた斬新なラグジュアリー・スタイルは世界的に高い支持を集め、現在ではイタリアを代表する世界的なブランドに成長しています。

ルイ・ヴィトン:ラグジュアリーの申し子

ルイ・ヴィトンは、スーツケース職人だったルイ・ヴィトンが創業したファッション・ブランドです。「ダミエ」「モノグラム」などのデザインに代表される旅行用バッグで知られますが、アパレル製品なども幅広く手がけ、現在ではパリに拠点をおく世界最大のファッション企業団体、LVMHグループの中核を成すまでに成長しました。著名デザイナーによるディレクションやコラボレーションによって、モード界でも存在感を放っています。

クリスチャン・ディオール:不世出のデザイナー

クリスチャン・ディオールはフランスを代表するファッション・デザイナーの一人です。「ニュー・ルック」によって鮮烈なデビューを果たして以来、オート・クチュール界のリーダーとして君臨し続けました。現代の女性にふさわしいエレガンスを体現したクリエイションの数々は、現在でも燦然と輝いています。その足跡について解説します。

ビル・ゲイツ:アメリカで最も裕福な人物

ビル・ゲイツは、Microsoft Corporationの共同創業者の一人です。イギリスの名誉騎士やアメリカの大統領自由勲章をはじめとした多数の称号や賞を送られており、起業家や技術者としてだけでなく、慈善活動家や教育者としても多くの功績を残しました。今や世界中で利用されているMicrosoftを築き上げたゲイツについて詳しく解説します。