BMW M GmbH:もっと凄いBMWを目指して

ドイツの自動車メーカーBMW(Bayerische Motoren Werke AG)の車たちは、運転する喜びを強く実感できる、スポーツ性能に優れたモデルが多い。中でも、特別な装備や機能を加えて高性能ぶりをアピールしているのが、「M」のアイコンを冠した車たちだ。その開発の中核となるのが、BMWグループのひとつ「BMW M GmbH」。「Motorsport」のMを頭文字に、40年以上に渡ってピュアなスポーツカーたちを生み出してきたBMW Mというブランドは、どんなきっかけから誕生したのだろうか。

アウディ:Four-Ringsの物語 Part2

ドイツの自動車メーカー「AUDI」はブランドとして、さまざまな時代の荒波にもまれながら栄枯盛衰を繰り返してきた。今やMERCEDES BENZやBMWといった同じドイツの強豪たちと肩を並べるほどの、高級車ブランドへと成長を遂げている。一時は、ブランドそのものが消滅してしまったにも関わらず復活を遂げることができた理由は、AUDIの技術たちの不屈の精神そのものだったのかもしれない。その復活劇とともに、Four-Ringsに加わることができなかったもうひとつの輪の物語を、ご紹介しよう。

グランツーリスモ:レースゲームの新たなスタンダードを築いたシリーズ

レースゲームはゲーム黎明期からアーケードや家庭用ゲーム機、PCゲームなど様々なプラットフォームで発売されてきた人気ジャンルの1つです。 そんなレースゲームに実際に運転しているかのような挙動を取り入れ、ドライブシミュレーターというジャンルを確立したとされるのが、初代プレイステーション(PS)で発売された「グランツーリスモ」です。 この記事ではそんな「グランツーリスモ」シリーズのゲーム内容や魅力を紹介します。

ビル・ゲイツ:「大学に忍び込んで追い出された」やんちゃな青春時代のエ...

ビル・ゲイツといえばソフトウェア大手・マイクロソフトの創業者にして、世界トップクラスの大富豪です。その資産は推定860億ドルで、Amazonのジェフ・ベゾスと毎年トップの座を争っています。そんなゲイツですが、若い頃はかなりやんちゃな青年で、数々の問題行動を引き起こしています。そんなゲイツの青春時代のエピソードをまとめてみました。

ジョンソン・エンド・ジョンソン:絆創膏で有名な「ヘルスケアの巨人」の歴史

台所仕事やスポーツなどで切り傷を作ったとき、まっさきにお世話になるのが「(救急)絆創膏」だろう。この絆創膏、今ではさまざまな企業から販売されているが、元は一つの企業の発明であることをご存知だろうか。その企業というのが米国・ニュージャージー州に本社のある「ジョンソン・エンド・ジョンソン」である。「バンドエイド」のほか、「ベビーローション」「アキュビュー」「リステリン」などで有名なヘルスケア界の巨人の歴史を振り返ってみる。