ギャビン・ウッド:イーサリアム体系化に貢献した影の天才

イーサリアムの元技術責任者で、現在はウェブ開発をしている、インターネット界の最先端に君臨する技術者、ギャビン・ウッド。彼はヨーク大学でエンジニアリングを習得後、その知識を活用しマイクロソフトの研究科学者として活躍。曲の盛り上がりを可視化するツールの開発にも携わります。その後、イーサリアムの技術的解説をまとめ、多くの技術者に指針を与えました。今は、サーバーのいらないインターネットを実現するための基盤技術を開発しています。彼がどのような世界を創ろうとしているのか、彼の生い立ちとともに探ります。

世界最大規模の仮想通貨Binance(バイナンス)とは?

Binance(バイナンス)は2017年7月にオープンし、世界各地にあった既存の取引所を押しのけ、たった半年で、世界でもっとも利用されている仮想通貨取引所になりました。その背景には、利用者にとって使いやすい取引所になるための様々な工夫があります。この記事では、仮想通貨取引所の中でも「シンデレラストーリー」を歩んできたBinanceについて、その人気の秘密を探りながらお伝えします。

CZ(Binance社長):1年で世界を席巻したCEOの素顔とは

世界で最大規模の取引量をほこる仮想通貨取引所、Binance。この創業者であるジャオ・チャンポン氏は若いうちに父を亡くし、夜勤のアルバイトを掛け持ちするような少年時代を過ごしました。その後、IT業界にてシステム開発と運用の知識・技術を身につけ、2013年から仮想通貨業界へ転身。2017年にBinanceを立ち上げると、一年も経たないうちに世界でもっとも有名な取引所へと成長させました。そんなジャオ氏の半生と、業界に対するビジョンをまとめました。

R3コンソーシアム:世界の金融機関はブロックチェーン技術をどう見ているのか

R3コンソーシアムとは、世界中の銀行や証券会社、規制当局と300社を超えるテクノロジー会社によって構成され、ブロックチェーンに関する調査研究から実証実験、試作品開発などを共同して行うためのコンソーシアム(共同事業体)です。それぞれが独自で開発するだけでなく、知識と技術を持ち寄ることでより効率的に研究開発を進める狙いがあります。

ダミアン・ハースト:作品に巨額の資産を投じる現代アーティストの素顔

ダミアン・ハーストは1965年生まれのイギリス人の現代アーティストです。今世紀、世界で最も裕福なアーティストのひとりであり、現代アート界でその名を知らない人はいません。作品は主にコンセプチュアル・アートやミニマル・アートのスタイルをとっており、主なテーマは「芸術と生」「生と死」などがあげられます。