R3コンソーシアム:世界の金融機関はブロックチェーン技術をどう見ているのか

R3コンソーシアムとは、世界中の銀行や証券会社、規制当局と300社を超えるテクノロジー会社によって構成され、ブロックチェーンに関する調査研究から実証実験、試作品開発などを共同して行うためのコンソーシアム(共同事業体)です。それぞれが独自で開発するだけでなく、知識と技術を持ち寄ることでより効率的に研究開発を進める狙いがあります。

ダミアン・ハースト:作品に巨額の資産を投じる現代アーティストの素顔

ダミアン・ハーストは1965年生まれのイギリス人の現代アーティストです。今世紀、世界で最も裕福なアーティストのひとりであり、現代アート界でその名を知らない人はいません。作品は主にコンセプチュアル・アートやミニマル・アートのスタイルをとっており、主なテーマは「芸術と生」「生と死」などがあげられます。

ヴィタリック・ブテリン:イーサリアムを作った天才ロシア青年

仮想通貨イーサリアムの創設者ヴィタリック・ブテリンはロシア出身の若き実業家です。彼は、ブルームバーグの「2017年世界の影響力のある50人」に選ばれており、彼が創設した仮想通貨イーサリアムのブロックチェーンは様々なプロジェクトに活用されています。この記事では非中央集権的な(管理者が独裁的に管理しない)システムで世界を変えるという野望を持つヴィタリック・ブテリンとイーサリアムに迫ります。

ゲームクリエイター:新しいゲームジャンルを開拓した10人

テレビゲームは一般的に広く普及して、まだ50年そこそこの歴史しかありません。 しかし、そんな短い歴史の中でハード・ソフト共に驚くほどの発展を遂げてきました。 今回はテレビゲームの発展に寄与してきた数多くのクリエイターの中でも、特に斬新な試みを行った世界的ゲームクリエイターをご紹介します。

21世紀アフリカ経済の潜在力

21世紀後半の世界経済では、アフリカの存在感が大きくなる。 多くのエコノミストがその見方に同意する。 その理由としては、労働力の増加率が人口の増加率を上回ることによる「人口ボーナス」の効果や、資源大国が並ぶことがよく挙げられるが、理由はそれだけにとどまらない。 経済の拡大余地があること、地理的にヨーロッパに近いこと、英国、アメリカ、フランスとの間の言葉の壁が低いこともアフリカのアドバンテージになる。 インフラ整備が遅れ気味ゆえに「21世紀へ一気に飛べる」という見方もある。

チェルシー・フラワーショー:庭好きが集まるフラワーショー

ロンドンと言ったら何を思い浮かべますか? 博物館や、美術館。二階建ての赤いバスに、バッキンガム宮殿の衛兵交代式。 世界初の百貨店ハロッズにビッグベン… サッカーにミュージカル、ビートルズにシャーロックホームズ、ハリーポッター! あちこちにある大きな公園と古い建物に癒されます。 あちこちのマーケットでは世界中の料理を堪能できます。 いつも世界中からの観光客で賑わっていて、どこに行っても沢山の人でいっぱいです。