ドルチェ&ガッバーナ:新感覚のラグジュアリー

ドルチェ&ガッバーナはイタリアのファッション・ブランドです。ドメニコ・ドルチェとステファノ・ガッバーナ、二人のデザイナーによって創立されました。「シチリアン・ドレス」に代表されるような、官能的な美しさ、イタリアらしい華やかさをたたえた斬新なラグジュアリー・スタイルは世界的に高い支持を集め、現在ではイタリアを代表する世界的なブランドに成長しています。

ルイ・ヴィトン:ラグジュアリーの申し子

ルイ・ヴィトンは、スーツケース職人だったルイ・ヴィトンが創業したファッション・ブランドです。「ダミエ」「モノグラム」などのデザインに代表される旅行用バッグで知られますが、アパレル製品なども幅広く手がけ、現在ではパリに拠点をおく世界最大のファッション企業団体、LVMHグループの中核を成すまでに成長しました。著名デザイナーによるディレクションやコラボレーションによって、モード界でも存在感を放っています。

クリスチャン・ディオール:不世出のデザイナー

クリスチャン・ディオールはフランスを代表するファッション・デザイナーの一人です。「ニュー・ルック」によって鮮烈なデビューを果たして以来、オート・クチュール界のリーダーとして君臨し続けました。現代の女性にふさわしいエレガンスを体現したクリエイションの数々は、現在でも燦然と輝いています。その足跡について解説します。

飯野賢治:没入体験の魔術師、世界中で称賛された『Dの食卓』

飯野賢治は、1990年代後半から主に家庭用ゲーム機を手がけた日本のゲームクリエイターです。家庭用ゲーム機の性能が飛躍的に上がった時代、3Dを駆使した「Dの食卓」が100万本を超えるヒット作となり、注目を集めました。その後、見えない敵と戦う「エネミー・ゼロ」、画面表示がなく音だけでプレイする「リアルサウンド〜風のリグレット〜」など、常識を覆すゲーム作りが話題を呼び、テレビや雑誌などにも登場しました。しかし2013年、高血圧性心不全により、42歳の若さで亡くなりました。

ビル・ゲイツ:アメリカで最も裕福な人物

ビル・ゲイツは、Microsoft Corporationの共同創業者の一人です。イギリスの名誉騎士やアメリカの大統領自由勲章をはじめとした多数の称号や賞を送られており、起業家や技術者としてだけでなく、慈善活動家や教育者としても多くの功績を残しました。今や世界中で利用されているMicrosoftを築き上げたゲイツについて詳しく解説します。

ウォーレン・バフェット:世界で最も成功した投資家

ウォーレン・バフェットは、バークシャー・ハサウェイの会長兼CEOを勤めており、大統領自由勲章を受章している人物です。地元のネブラスカ州オマハで質素な暮らしや、慈善団体に多額の寄付をしていることから「オマハの賢人」と呼ばれ、現在も投資家や経営者、資産家として活動しているバフェットについて詳しく解説します。

アンジェリーナ・ジョリー:彼女が見たカンボジア

アンジェリーナ・ジョリーは、1975年生まれでアメリカ合衆国の女優兼映画監督です。数々の映画賞を受賞するハリウッドのトップスターであるとともに、人道支援活動家としても有名で、難民問題等に携わっています。2012年より、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)に特使。2000年にカンボジアを訪れたことをきっかけに人生の転換期を迎え、カンボジア人の養子を受け入れるなど、継続してカンボジアとの関わりを持ち続けているのです。