ポーツマス(イギリス):偉大なエンジニア、イザムバード・キングダム・...

『イザムバード・キングダム・ブルネル』はイギリスの歴史を代表する凄腕のエンジニアである。イギリスの鉄道“グレート・ウェスタン”の駅舎や車両の設計にも大きく貢献し、大型蒸気船の建造にも関わってきた。その偉大な功績は、未来永劫変わることなく伝わり続けていくだろう。そんなイザムバード・キングダム・ブルネルの故郷が、イギリスの『ポーツマス』である。偉大なエンジニアとその出身地の魅力を詳しくお伝えしよう。

ブカレスト(ルーマニア):航空力学の先駆者アンリ・コアンダの出身地

世界で初めてのジェット機を開発した人物が『アンリ・コアンダ』である。ルーマニア出身の発明家で、軍隊を除隊してから大学に入学し、航空工学のクラスを主席で卒業した。開発した“コアンダ=1910”が世界に与えたインパクトは、計り知れないものだろう。そんなアンリ・コアンダの出身地が、ルーマニアの首都の『ブカレスト』である。現在のルーマニア成立のキッカケとなった街。アンリ・コアンダとその故郷の魅力を、お伝えしよう。

電気自動車:電気で動く車が抱える事情

それほど自動車に詳しくない人でも、Hybrid-Vehicle(HEV)やElectirc Vehicle(EV)といった車のことを、聞いたことが一度はあるだろう。世界の自動車メーカーは、これまで主流だった石炭由来の燃料を使って走る自動車から、より環境に優しい電気を使って走るクルマへのシフトに、積極的に取り組んでいる。そこには解決すべきさまざまな課題も存在するが、まずはEVやHEVがどんな形で普及しつつあるのか、ご紹介したいと思う。

自動運転技術のこれから:新しい自動車がもたらすモノとは

自動運転とは、技術の進化によって誕生した新しい自動車のかたち。人間のドライバーは今よりも運転がラクに、もしくは運転の必要が無くなる可能性があります。しかし、自動運転車が完成した場合、多くのメリットと同時にデメリットも発生します。よって私たちは、自動運転車が登場した社会を意識した制度的、倫理的な問題を議論する必要があります。

BMW M GmbH:もっと凄いBMWを目指して

ドイツの自動車メーカーBMW(Bayerische Motoren Werke AG)の車たちは、運転する喜びを強く実感できる、スポーツ性能に優れたモデルが多い。中でも、特別な装備や機能を加えて高性能ぶりをアピールしているのが、「M」のアイコンを冠した車たちだ。その開発の中核となるのが、BMWグループのひとつ「BMW M GmbH」。「Motorsport」のMを頭文字に、40年以上に渡ってピュアなスポーツカーたちを生み出してきたBMW Mというブランドは、どんなきっかけから誕生したのだろうか。

アウディ:Four-Ringsの物語 Part2

ドイツの自動車メーカー「AUDI」はブランドとして、さまざまな時代の荒波にもまれながら栄枯盛衰を繰り返してきた。今やMERCEDES BENZやBMWといった同じドイツの強豪たちと肩を並べるほどの、高級車ブランドへと成長を遂げている。一時は、ブランドそのものが消滅してしまったにも関わらず復活を遂げることができた理由は、AUDIの技術たちの不屈の精神そのものだったのかもしれない。その復活劇とともに、Four-Ringsに加わることができなかったもうひとつの輪の物語を、ご紹介しよう。