NARUTO:忍者をテーマにした作品に詰め込まれたロマンと和の趣

日本の少年誌、週刊少年ジャンプにて連載を開始して以来、世界中で愛されている「NARUTO」。忍者の世界をテーマにした作品で、主人公の成長と仲間との絆、そして強大な敵との戦いを描いている物語。 かつて存在していた「忍者」を登場させた本作にはロマンと日本の象徴、和を感じさせる要素もふんだんに取り入れられ、日本人のみならず私たちの想像を超える大きなスケールで、海外の人からは特に大きな反響を集める作品になっている。 そんな本作に詰め込まれたロマンと和の要素はどんなものなのか、記していこうと思う。

鋼の錬金術師:現実世界とリンクした概念について

荒川弘による漫画を原作としたアニメ「鋼の錬金術師」。連載開始から間もなく人気に火がつき、2018年までに映画化したりゲームになったりと、幅広くコンテンツを展開させていった。錬金術をテーマにした作品だが、錬金術を扱う上での根本の原理は現実の世界と同じものが用いられている。これが作品にのめりこみやすさに繋がり、読者および視聴者に刺さったのだ。この物語の中で扱われる「錬金術を扱う上での根本の原理」とは一体どういうことなのかを解説していこうと思う。

攻殻機動隊STAND ALONE COMPLEX:その魅力はどこにあるか

「攻殻機動隊 S.A.C.」は士郎正宗原作によるSFアニメである。電脳化が一般化された高度な情報ネットワーク社会を舞台に、完璧なるSFの世界を描ききった本作は「東京国際アニメフェア2003 公募・アニメ作品部門優秀作品賞」を受賞し、日本のみならず世界的にも高く評価されている。 SFアニメの金字塔と言っても過言ではない本作の魅力は、作り込まれた完璧な世界観だけではない。本作の魅力の正体とは一体なんなのだろうか。

ウォレスとグルミット:世界的名作クレイアニメの魅力

クレイアニメの代表作『ウォレスとグルミット』。発明家のウォレスと賢いビーグル犬のグルミットが繰り広げるドタバタなストーリーは、見る者を飽きさせません。イギリスで誕生した本作品は世界中から愛されており、シリーズ6作品中3作品でアカデミー賞を獲得する実力派でもあります。また、スピンオフ作品『ひつじのショーン』も有名です。2006年には初の長編アニメが公開されるなど、作品がリリースされるたび注目を集めてきました。

ウォルト・ディズニー:一匹のウサギから始まった

アメリカ合衆国イリノイ州のシカゴで生まれた、アニメーター兼プロデューサー。他にも映画監督、脚本家、声優、実業家、そしてエンターテイナーなど様々な顔を持っています。ミッキー・マウスの生みの親でもある彼は、ディズニーリゾートを創立。また、兄のロイ・O・ディズニーと共にウォルト・ディズニー・カンパニーを創立し、国際的な大企業に発展させました。