スラムダンク:スポーツ漫画の頂点

アニメと言えば、日本の作品はとても素晴らしく、ドラゴンボールやワンピースなど有名な作品が数多くあります。 中でも日本で大ヒットを記録し、世界中でも多くの人を魅了した作品にスラムダンクという作品があります。 タイトルだけでも聞いたことのある方は多いのではないでしょうか。現在でも伝説のアニメとして語り継がれるほど、世界中に影響力を与えたアニメの1つです。 高校に入学したばかりの男子がバスケットボールを始め、インターハイ出場を目指すというストーリーですが、なぜここまで大ヒットしたのかについて紹介していきます。

フィニアスとファーブ:わくわくする夏休み

「フィニアスとファーブ」は、ディズニーが制作しているアメリカのテレビ番組。夏休みを楽しむため、フィニアスとファーブの義兄弟が、自分たちでメカを作り冒険に出かけるというのが大まかなストーリー。世界167カ国、35言語で放送されている。 「夏休み何しよう?」と毎話、さまざまな遊びを思いつくフィニアスとファーブ。たとえ、思いついたとしても実行不可能な遊びを、この2人は実行に移してしまいます。ロケット旅行をしたりにミイラと対決、新種の動物を発見したり……。彼らのアイディアは底をつきません。夏休みを1日たりとも無駄にしないその姿勢に、子どもはもちろん、大人も純粋に楽しめてしまう作品です。 そんな「フィニアスとファーブ」の魅力を紹介していきたいと思います。

ヒックとドラゴン How to Train Your Dragon:ヒックとドラゴンが好きにな...

子供の頃、ヴァイキングVikingに憧れたことはないだろうか。粗野だけれど屈強で逞しく、海と家族と仲間たちをこよなく愛する誇り高き民族。ここでご紹介する「ヒックとドラゴン」は、そんなヴァイキングを統べる部族長の一人息子として生まれた、少年の成長物語だ。彼の頼りになる相棒は、なんとドラゴン。精密でリアルなグラフィックスや個性あふれるキャラクターたちなど、大ヒット冒険ファンタジーアニメーションの見どころをご紹介しよう。

『風が吹くとき』:核戦争後の世界を描くホロ苦アニメーション

「風が吹くとき」は、1986年に公開(日本公開1987年)された、核戦争の惨禍を描いたアニメーション映画作品です。(原題「When the Wind Blows」、イギリス映画) イギリスの片田舎に住む老夫婦が、核爆弾投下後の放射線障害によって亡くなるまでを描いています。原作は、「スノーマン」(同じくアニメーション化され、アカデミー賞・ノミネート)などで知られる、イギリスのイラストレーター兼、漫画家のレイモンド・ブリッグズです。

蟲師(むしし):蟲師の魅力はどこか

蟲師とは漆原友紀による漫画を原作としたアニメ作品である。アニメは2期に渡り放送され、エピソード総数は46話プラス特別編1話にのぼる。 本作の雰囲気はとても独特であるが、その不思議と人を惹き付ける魅力は世界中から高く評価された。特に原作に忠実に再現されたことが大きな要因となっているのだが、一体ここまでの評価を得た本当の魅力は果たしてどこにあるのだろうか。蟲師の本当の魅力を、いくつかに分けて考えていこう。

進撃の巨人:なぜここまで大ヒット作となったのか

人類と巨人の戦いを描いた進撃の巨人。別冊少年マガジン(日本のマンガ雑誌)にて2009年に連載を開始。現在までの累計発刊部数は7600万部を超えており、今や世界各国の言語に翻訳され、国境を越えて人気を集めている。漫画、アニメ、映画、ゲームなど、多くのコンテンツにも広がりを見せ、その勢いは衰えを知らない。一体ここまで大ヒットしたのは何故なのか。考えられる理由について記していこう。

ズートピア:潜在的な差別と偏見

「ズートピア」は2016年に公開されたディズニー映画です。肉食動物と草食動物が共存する世界で、うさぎの新米警官ジュディ・ホップスと、キツネの詐欺師ニック・ワイルドが連続行方不明事件を追うというストーリー。あらゆる人種差別や偏見などが描かれており、子供だけではなく大人も十分考えさせられる内容となっています。アカデミー賞長編アニメーション賞受賞作品です。