アンドレイ・タルコフスキー:「映像の詩人」と呼ばれるソ連の映画監督

アンドレイ・タルコフスキーは1932年にソビエト連邦のイヴァノヴォ州ザブラジェに生まれた映画監督です。ソ連時代のロシアで活躍した映画監督であり、特に叙情的ともいえる自然描写で独特の映像美を描き出したことで有名です。そんなタルコフスキーの人生と作品について詳しく解説していきます。

アレクサンドル・ソクーロフ:『エルミタージュ幻想』や『太陽』を制作し...

アレクサンドル・ソクーロフは1951年6月14日ソビエト連邦のイルクーツクで生まれた映画監督です。 『エルミタージュ幻想』や『太陽』、『ファウスト』など、独特の映像美をはなつ作品を多数制作しており、根強いファンが多いことで知られています。 そんなアレクサンドル・ソクーロフの人生と作品について詳しく解説していきます。

アルノー・デプレシャン:『クリスマス・ストーリー』や『二十歳の死』を...

アルノー・デプレシャンは1960年10月31日フランスのノール=パ・ド・カレー地域圏ノール県ルーベに生まれました。デプレシャンはパリ第3大学で映画製作を学んだ後、フランス公立高等映画学院に進学。在学中にはベルギーの小説家ジャン・レイの作品からインスピレーションを受けた短編映画を制作。1991年には『二十歳の死』を制作し、数々の映画賞を受賞しました。その後も精力的に制作活動を続けており、フランスを代表する映画監督の一人に数えられています。

ロジャー・コーマン:「低予算映画の王者」「B級映画の帝王」と呼ばれる映...

ロジャー・コーマンは1926年4月5日アメリカ合衆国ミシガン州デトロイトに生まれた映画監督です。エドガー・アラン・ポーの『アッシャー家の惨劇』や『黒猫の住む館』といった作品を制作。「低予算映画の王者」「B級映画の帝王」と呼ばれ、自伝『私はいかにハリウッドで100本の映画をつくり、しかも10セントも損をしなかったか』を発表したことでも話題になりました。そんなロジャー・コーマンの人生と作品について詳しく解説していきます。

ルネ・クレマン:『禁じられた遊び』や『太陽がいっぱい』を制作した映画監督

ルネ・クレマンは1913年3月18日にフランス・ボルドーに生まれた映画監督です。サスペンス、コメディ、恋愛とさまざまなジャンルの作品を制作し、『禁じられた遊び』や『太陽がいっぱい』といった映画史に残る代表作を残しました。そんなルネ・クレマンの人生と作品について詳しく解説していきます。

ウマール・ガンダ:ニジェールを代表する映画監督

ウマール・ガンダはニジェールのニアメに生まれた映画監督です。ナイジェリア映画をはじめとしたアフリカ映画を国外に紹介し、大きな注目を集めました。1981年に心臓発作で亡くなってしまいましたが、そのアフリカ映画への貢献から今も大きな尊敬をあつめています。そんなウマール・ガンダについて解紹介します。