のだめカンタービレ:空前の大ヒット作「のだめカンタービレ」のヒットの所...

2001年より日本の少女漫画誌にて連載を開始した「のだめカンタービレ」。音楽大学に通う主人公ののだめと千秋、そして落ちこぼれと呼ばれる個性豊かな面々たちの、音楽にまみれたキャンパスライフを描いている。連載開始から暫く経つと、テレビドラマ化を果たし空前の大ヒット。そのヒットの余韻が冷めやらぬ翌年にはテレビアニメ化まで果たす。

飯野賢治:没入体験の魔術師、世界中で称賛された『Dの食卓』

飯野賢治は、1990年代後半から主に家庭用ゲーム機を手がけた日本のゲームクリエイターです。家庭用ゲーム機の性能が飛躍的に上がった時代、3Dを駆使した「Dの食卓」が100万本を超えるヒット作となり、注目を集めました。その後、見えない敵と戦う「エネミー・ゼロ」、画面表示がなく音だけでプレイする「リアルサウンド〜風のリグレット〜」など、常識を覆すゲーム作りが話題を呼び、テレビや雑誌などにも登場しました。しかし2013年、高血圧性心不全により、42歳の若さで亡くなりました。

BLEACH:作品に散りばめられた作者のセンス

週刊少年ジャンプ(日本の少年誌)にて2001年からおよそ15年の間連載されていたBLEACH。ONE PIECEやNARUTO -ナルト-に続く看板作品のひとつであり、2000年代の週刊少年ジャンプを牽引してきた。 連載開始から3年後にはテレビアニメ化もされ、後に映画化。さらには実写映画化も成されたヒット作品だ。 2020年で20周年を迎え、8年ぶりにテレビアニメとして帰ってくる。 本作は物語が面白いというよりもそのセンスに魅せられた者が多いであろう。凡人には到底思いつかない作者のセンス光る数々の要素は脱帽そのもの。その全容をご紹介しようと思う。

NARUTO:忍者をテーマにした作品に詰め込まれたロマンと和の趣

日本の少年誌、週刊少年ジャンプにて連載を開始して以来、世界中で愛されている「NARUTO」。忍者の世界をテーマにした作品で、主人公の成長と仲間との絆、そして強大な敵との戦いを描いている物語。 かつて存在していた「忍者」を登場させた本作にはロマンと日本の象徴、和を感じさせる要素もふんだんに取り入れられ、日本人のみならず私たちの想像を超える大きなスケールで、海外の人からは特に大きな反響を集める作品になっている。 そんな本作に詰め込まれたロマンと和の要素はどんなものなのか、記していこうと思う。