メアリー・チャピン・カーペンター:ハスキーボイスで魅了したカントリー...

アコースティックなメロディーとハスキーな歌声で聴衆を魅了してきたのがメアリー・チャピン・カーペンター。1995年のグラミー賞Best Country Album部門を受賞した名盤『Stones in the Road』は500万枚を超える大ヒットを記録。アーティストの名前を世界中に広めました。優しく深みのある歌声と自身の世界観を投影した作品は、現在も注目の的です。その活躍はまさにカントリーの歌姫。メアリー・チャピン・カーペンターの経歴と代表作品を紹介します。

ボニー・レイット:クロスオーバーな音楽を表現するギタリスト

これまでに10回のグラミー受賞を誇るアーティストがボニー・レイット。独特のヴィブラートが耳に残る演奏方法、スライド・ギターの草分け的存在として音楽界に歴史を刻んできました。1995年グラミー賞Best Pop Vocal Album部門を受賞した名盤『Longing in Their Hearts』をはじめ、レイットの生み出した作品はそのすべてが高い評価を獲得しています。特に1990年以降の活躍と商業的成功はあまりにも有名。ボニー・レイットの経歴や代表作を紹介します。

ベニー・カーター:キングと呼ばれたジャズ・ミュージックの巨匠

“キング”の愛称で知られるジャズ・ミュージシャンがベニー・カーター。1930年代から1990年代にかけての活躍は、ジャズ・ファンの間では周知でしょう。1995年のグラミー賞Best Improvised Jazz Solo部門を受賞した名演奏『Prelude to a Kiss』では、ジャズの歴史に残るすばらしいパフォーマンスを披露しました。また長年のキャリアで培った経験を糧に、大学で後進育成に力を注いだ晩年も知られています。ベニー・カーターの経歴や代表作を紹介します。

ベイビーフェイス:作曲から編曲までこなすマルチプレイヤー

セリーヌ・ディオンやエリック・クラプトンなど、超一流のアーティストのプロデュースを手がけてきたのがベイビーフェイス。プロデュースから作曲、編曲までこなすマルチプレイヤーです。また、ソロのアーティストとしても活躍しており、1995年のグラミー賞Best Male R&B Vocal Performance部門を受賞した名曲『When Can I See You』では甘美な歌声を披露しています。世界的な音楽プロデューサー、ベイビーフェイスの経歴や代表作品を紹介しましょう。

ブルース・スプリングスティーン:アメリカン・ロックを代表する音楽界の重鎮

アメリカン・ロックを代表するアーティスト、ブルース・スプリングスティーン。“ザ・ボス”の愛称で世界的に知られるミュージシャンです。これまでの世界累計販売枚数は1億枚を突破。2020年には最新アルバムを発表するなど、長年のキャリアで培われた実力と人気は幅広い世代のファンを獲得しています。1995年のグラミー賞Best Rock Song部門を受賞した名曲『Streets of Philadelphia』をはじめ、ロックを代表する珠玉の作品群はとても魅力的です。アメリカン・ロックの重鎮、ブルース・スプリングスティーンの経歴や代表作品を紹介します。

サウンドガーデン:グランジ・ムーブメントを牽引したロック・バンド

オルタナティヴ・ロックのひとつ、グランジ・ロックの人気を牽引したバンドがサウンドガーデン。それまでのロックの常識を覆した名作の数々は、著名なアーティストにも大きな影響を与えてきました。1995年のグラミー賞Best Metal Performance部門を受賞した名曲『Spoonman』をはじめとした、疾走感溢れる作品の数々は今でも注目の的でしょう。解散を経ての再結成は、ファンの涙を誘いました。サウンドガーデンの経歴や代表作を紹介します。

グリーン・デイ:パンクの歴史を代表するロック・バンド

1987年にバークレーで結成されたグリーン・デイは、これまでに世界的ヒットを記録した名曲を多数リリースしてきました。1995年のグラミー賞Best Alternative Music Album部門を受賞した作品『Dookie』は、メジャー・デビュー・アルバムにして音楽界を席巻するヒットを記録。パンクやオペラを組み合わせた斬新な作品など、その独特のスタイルにも注目が集まります。音楽史を代表するバンドのひとつでしょう。グリーン・デイの経歴や代表作を紹介します。

エタ・ジェイムズ:ゴスペルからキャリアを築いたヒット・メイカー

特に1960年から1976年にかけての活躍が注目を集めるエタ・ジェイムズ。ゴスペルのように深くリズミカルな楽曲はブルースやR&B、ジャズまでをカバー。1995年のグラミー賞Best Jazz Vocal Album部門を受賞した『Mystery Lady: Songs of Billie Holiday』では、ビリー・ホリデイの往年の名曲をカバーし、話題をさらいました。2008年に公開された映画では、エタ役をビヨンセが担当し注目を浴びています。エタ・ジェイムズの経歴や代表作品を紹介しましょう。

トニー・ブラクストン:女優としても活躍するR&Bの歌手

R&Bの音楽ジャンルを牽引する人気を誇るのがトニー・ブラクストン。女優として演技面での評価も集めるアーティストです。1993年に発表したソロ・デビュー・アルバムは世界販売枚数1,000万枚を突破。翌年のグラミー賞では、収録曲の『Another Sad Love Song』がFemale R&B Vocal Performance部門を受賞しています。印象的なメロディーと艶のある歌声は、発表する曲のすべてに共通してきました。トニー・ブラクストンの経歴や代表作品を紹介します。

ドゥシャン・マカヴェイエフ:『コカコーラ・キッド』『モンテネグロ』な...

ドゥシャン・マカヴェイエフは、1932年10月23日旧ユーゴスラビアのベオグラードに生まれた映画監督です。政治的な風刺と性的表現を交錯させる前衛的な作風で知られており、旧東欧における代表的な映画監督と見なされています。そんなドゥシャン・マカヴェイエフの人生と作品について詳しく解説していきます。