ボズ・スキャッグス:アダルト・コンテンポラリーを代表するミュージシャン

ボス・スキャッグスはアダルト・コンテンポラリー、ブルーアイド・ソウルを代表するミュージシャンです。1977年に発表したアルバムからシングルカットされ、スマッシュヒットを記録した『Lowdown』は、同年のグラミーでBest R&B Song賞に輝いた名曲です。エレガントでアダルトな雰囲気が漂う彼作品は、今も世界中から注目を集め続けています。そんな、ボズ・スキャッグスの経歴や代表作を紹介します。

カウント・ベイシー:アメリカを代表するビッグバンドの巨人

ビッグ・バンド、スウィング・ジャズを代表するジャズピアニスト、カウント・ベイシー。1977年にグラミー賞Best Improvised Jazz Solo賞を受賞した『Basie & Zoot』の、洗練された音楽性は多方面から高い評価を獲得し、彼の活躍ぶりは音楽史に刻まれました。ビッグ・バンドでは持ち前の統率力や抜群のセンスでメンバーを率いて、時代を超え愛される普遍的な音楽を生み出してきました。そんなジャズ界の巨人、カウント・ベイシーの経歴や代表曲を紹介します。

ナタリー・コール:グラミー新人賞を受賞した栄光のシンガー

ナタリー・コールは1976年に初めてグラミー賞のFemale R&B Vocal Performance部門を受賞して以来、長年グラミーの様々な賞を受賞してきたアーティストです。デビュー曲の『This Will Be』は彼女の栄光の扉を開いた曲であり、今なおたくさんの人々に愛されています。父であり“キング”の愛称で知られる歌手、ナット・キング・コールとの幾度かの共演も話題を呼びました。そんな彼女には不遇な時代もありましたが、それも乗り越えて復活を果たした経歴はとても魅力的です。

ディジー・ガレスピー:ひとつの時代を築いたジャズの巨匠

ディジー・ガレスピーは1976年にグラミー賞Best Improvised Jazz Solo賞を受賞した、アドリブ演奏を得意とするトランペット奏者です。受賞作の『Oscar Peterson and Dizzy Gillespie』ではピアニストのオスカー・ピーターソンと共演し、世界中の音楽ファンを魅了しました。モダン・ジャズの原型を築き、ビバップを創設したミュージシャンの一人としてジャズ界に大きな変革をもたらした巨匠と言える人物です。そんなディジー・ガレスピーの経歴や代表曲を紹介していきます。

ロジャー・コーマン:「低予算映画の王者」「B級映画の帝王」と呼ばれる映...

ロジャー・コーマンは1926年4月5日アメリカ合衆国ミシガン州デトロイトに生まれた映画監督です。エドガー・アラン・ポーの『アッシャー家の惨劇』や『黒猫の住む館』といった作品を制作。「低予算映画の王者」「B級映画の帝王」と呼ばれ、自伝『私はいかにハリウッドで100本の映画をつくり、しかも10セントも損をしなかったか』を発表したことでも話題になりました。そんなロジャー・コーマンの人生と作品について詳しく解説していきます。

ルネ・クレマン:『禁じられた遊び』や『太陽がいっぱい』を制作した映画監督

ルネ・クレマンは1913年3月18日にフランス・ボルドーに生まれた映画監督です。サスペンス、コメディ、恋愛とさまざまなジャンルの作品を制作し、『禁じられた遊び』や『太陽がいっぱい』といった映画史に残る代表作を残しました。そんなルネ・クレマンの人生と作品について詳しく解説していきます。

ウマール・ガンダ:ニジェールを代表する映画監督

ウマール・ガンダはニジェールのニアメに生まれた映画監督です。ナイジェリア映画をはじめとしたアフリカ映画を国外に紹介し、大きな注目を集めました。1981年に心臓発作で亡くなってしまいましたが、そのアフリカ映画への貢献から今も大きな尊敬をあつめています。そんなウマール・ガンダについて解紹介します。

ユルマズ・ギュネイ:トルコを代表する映画監督

ユルマズ・ギュネイは1937年4月1日にトルコのカタラシュ、アダナ県に生まれた映画監督です。執筆した小説が共産主義的であるとして刑務所に投獄されたこともあったものの、獄中から指示を出して映画制作を行うなど並々ならぬ情熱をもった人物として知られています。そんなユルマズ・ギュネイの人生と作品について詳しく解説していきます。