ロベール・ブレッソン:『スリ』『ラルジャン』を制作した映画監督

ロベール・ブレッソンは1901年9月25日にフランスのピュイ=ド=ドーム県ブロモン=ラモトで生まれた映画監督です。当初は画家、写真家として活躍していたものの、1934年に映画監督としてデビュー。のちに「カイユ・デュ・シネマ」の母体となる「オブジェクティフ49」の創設に関わるなど、フランス映画の意志杖を築きました。そんなロベール・ブレッソンの人生と作品について、詳しく解説していきます。

レニー・ハーリン:『ダイ・ハード2』や『ディープ・ブルー』を制作した映...

レニー・ハーリンは1959年フィンランドのリーヒマキで生まれた映画監督です。ヘルシンキ大学で学んだ後、フィンランドでテレビや映画の製作業につき、アメリカに渡ったのちは大ヒット作を連発。アクション映画を撮影することで有名な映画監督となりました。そんなレニー・ハーリンの人生と作品について詳しく解説していきます。

レナード・ニモイ:『スター・トレック』シリーズを制作した映画監督

レナード・ニモイは1931年3月26日アメリカ合衆国マサチューセッツ州ボストンに生まれた映画監督です。『スター・トレック』シリーズを手がけたことで知られており、その観客を魅了するユニークなSF作品はアメリカを代表する作品のひとつとなりました。そんなレナード・ニモイの人生と作品について、詳しく解説していきます。

ルイス・ブニュエル:『アンダルシアの犬』『昼顔』を制作した映画監督

ルイス・ブニュエルは1900年2月22日にスペインのアラゴン州カランダに生まれた映画監督です。フランスやスペイン、アメリカ、メキシコなど国境を越えて多様な作品を制作したことで知られており、特にシュルレアリスムやエロティシズムを描いた耽美な作品を制作したことで有名です。そんなルイス・ブニュエルの人生と作品について詳しく解説していきます。

リュック・ベッソン:ニュー・フレンチ・アクション・シネマの旗手

リュック・ベッソンは1959年3月18日フランスに生まれた映画監督です。その異彩を放つ作品から同年代にデビューしたジャン=ジャック・ベネックス、レオン・カラックスとともに「恐るべき子どもたち」と呼ばれ、ヌーヴェルヴァーグ後のフランス映画界に革新をもたらしてきました。そんなリュック・ベッソンの人生と作品について詳しく解説していきます。

ラッセ・ハルストレム:『ギルバート・クレイプ』『ショコラ』を制作した...

ラッセ・ハルストレムは1946年6月2日スウェーデンのストックホルムに生まれた映画監督です。1975年に監督としてデビューして以来、『ギルバート・クレイプ』や『サイダーハウス・ルール』、『ショコラ』などさまざまな作品を発表してきました。そんなラッセ・ハルストレムの人生と作品について詳しく解説していきます。

ライナー・ヴェルナー・ファスビンダー:ニュー・ジャーマン・シネマの旗手

ライナー・ヴェルナー・ファスビンダーは1945年5月31日にドイツのバート・ヴェリスホーフェンに生まれた映画監督です。『不安と魂』や『マリア・ブラウンの結婚』など16年で44本もの作品を発表し、ニュー・ジャーマン・シネマを代表する映画監督といわれています。そんなライナー・ヴェルナー・ファスビンダーの人生と作品について詳しく解説していきます。

メル・ブルックス:コメディ映画の巨匠

メル・ブルックスは1926年6月28日にアメリカ合衆国ニューヨーク州ブルックリンに生まれた映画監督です。ニューヨーク市立大学ブルックリン校で心理学を学んだ後、士官候補生となり、軍務を終えてからはコント作家として活動。のちに映画監督に転向し、ユニークな作品を数々手がけていきました。そんなメル・ブルックスの人生と作品について詳しく解説していきます。

ミロス・フォアマン:『アマデウス』を制作した映画監督

ミロス・フォアマンは1932年2月18日チェコスロバキアのチャースラフに生まれた映画監督で、チェコ・ヌーヴェルヴァーグの一員として知られる人物です。特に1984年には『アマデウス』でアカデミー監督賞を受賞したことで話題になりました。そんなミロス・フォアマンの人生と作品について詳しく解説していきます。

ミヒャエル・ハネケ:『ファニーゲーム』や『ピアニスト』を制作した映画監督

ミヒャエル・ハネケは1942年3月23日にドイツのミュンヘンに生まれた映画監督です。ウィーン大学で哲学や心理学、演劇を学んだ後、テレビ局での仕事を経て映画監督に転身し、『ファニーゲーム』や『ピアニスト』といった作品を制作し、高い評価を得ました。そんなミヒャエル・ハネケの人生と作品について詳しく解説していきます。