フレッシュ・ワロンヌ:ゴール前に立ちはだかる「ユイの壁」

毎年4月中旬から下旬にかけて繰り広げられる「アルデンヌ・クラシック3連戦」。オランダのリンドルブ州で行われる「アムステルゴールドレース」とベルギーのアルデンヌ地方で行われる「リエージュ・バストーニュ・リエージュ」「フレッシュ・ワロンヌ」の3レースのことを指しますが、どのレースも細かいアップダウンを含んだコース設定がなされており、他のレースとは異なった特色を見せています。今回紹介するのは、ゴール前の「ユイの壁」に代表される「フレッシュ・ワロンヌ」です。

ツール・デ・フランドル:キング・オブ・クラシック、石畳と激坂のレース

「キング・オブ・クラシック(クラシックの王)」として、「パリ・ルーベ」と並んで、ワンデーレースの頂点に位置しているのが「ツール・デ・フランドル」。「パリ・ルーベ」が石畳と土煙のレースだとしたら、「ツール・デ・フランドル」は石畳と激坂のレースです。石畳だけでも選手たちを苦しめるにも関わらず、ここに激坂が加わることで、レースの過酷さは頂点を極めます。目まぐるしく変わるレース展開、劇的なアタックなどが毎年のように繰り広げられます。今回はそんな「ツール・デ・フランドル」をひも解いていきましょう。

リオネル・メッシ:神の子と呼ばれる天才サッカー選手

リオネル・メッシは、アルゼンチンのサンタフェ州ロサリオ出身のサッカー選手である。世界最高の選手に送られるバロンドールを6回受賞している人物だ。FCバルセロナに所属しており、17歳でトップチームにデビューした。アルゼンチン代表としてもプレーしており、公式戦年間通算最多得点記録の保持者になっている。

ヨハン・クライフ:現代サッカーの基盤を作った男

ヨハン・クライフはオランダの元プロサッカー選手です。彼は監督になってからも現代サッカーの創始者ともいえるサッカーを作り上げました。特に、現在のスペイン代表のプレースタイルは、クライフが作り上げたといっても過言ではないでしょう。 リヌス・ミケルスとクライフが作り上げた「トータルフットボール」と、それを発展させてアリゴ・サッキが作り上げた「ゾーン・プレス」が現代サッカーの基礎となっています。

ベッケンバウアー:カイザーから疑惑の対象へ

フランツ・ベッケンバウアーは「カイザー」と呼ばれ、選手としてだけでなく監督としても大きな成功を収めてきました。1960年代以降のドイツサッカーは、ベッケンバウアーが作り上げてきたものと言っても過言ではないでしょう。しかし、ここ数年で彼に対する信頼は地に堕ち、ドイツサッカー界の恥と言う人まで出てきてしまっています。 カイザーと呼ばれたベッケンバウアーに何があったのか、輝かしい時代から現在までをみていきます。

ミシェル・プラティニ:もたらした改革と軽率さ

ミシェル・プラティニは華麗なプレーで「Le Roi」という愛称で呼ばれた元プロサッカー選手です。引退後は代表監督、フランスサッカー連盟副会長、UEFA会長を歴任し政治力を発揮しました。現在彼は、2011年200万フランの不正報酬を受け取ったとして、4年間の活動停止処分中です。 プラティニがUEFA会長になって行った改革と、活動停止処分につながった軽率な行動についてみていきます。