ガーナ:熱帯が広がる世界屈指のカカオ大国

世界中で愛されているチョコレート。その材料となるカカオの名産地として、名高い国の一つがガーナである。西アフリカに位置するガーナから輸出されるカカオ豆は、世界でも高い評価を得ているため、ご存知の人も多いだろう。また、ガーナに残る広大な熱帯雨林や豊富な野生動物の存在も見逃すことはできない。アフリカ大陸が誇る国、ガーナの魅力を紹介しよう。

モザンビーク:アフリカが誇る歴史と自然の国

「モザンビーク」は、アフリカ大陸南東部、多くの島々を国土に抱く共和国である。その国土の中には世界遺産に認定されているかつての首都、モザンビーク島をはじめとした歴史と自然が満ちた魅力的なスポットが点在している。南部に位置する現在の首都、マプトの近代化しつつある街並みも見逃せないだろう。モザンビークの魅力、紹介していこう。

北アフリカ料理:人々を魅了するユニークで多種多様な料理の数々

アフリカ大陸の北部、地中海沿岸にある国々は北アフリカと呼ばれます。欧州や中東に至近な地理であるため、様々な土地や文化が融合した食文化が見られます。交通や商業が交わる要衝であるため、商人や旅行者の行き来により外部の食文化が伝えられたと考えられています。現代人にも注目されているタジン鍋やクスクスも、代表的な北アフリカ料理です。

コーヒー:世界中で愛されるティータイムのお供

紅茶と並ぶティータイムのお供「コーヒー」を知らない人は世界中でほぼいないでしょう。 もちろん国の文化によってコーヒーをあまり飲まないという国もありますが、それでもほぼ世界の至る所でコーヒーを飲むことができます。 コーヒーとはどのようなものなのか、また世界ではどのようにして飲まれているのかをご紹介していきます。

マラケシュ:マラケシュの観光スポット

モロッコを誇る大都市マラケシュ。そこには長い歴史を感じさせる旧市街(メディナ)をはじめ、世界遺産ジャマエル・フナ広場やモスク、スーク、多様なイスラム建築が集まる。またアフリカを代表する砂漠「サハラ砂漠」へのスタート地としても知られており、多様な文化やアクティビティを求めて多くの旅人が集まり、日々賑わいを見せている。