セリャンカ:「飲むオードブル」といわれるスパイシーな濃厚スープ

セリャンカ(Солянка/ソリャンカ、サリャンカ)はロシアやウクライナなど東欧地域の代表的な料理の1つで、スパイスを多く使った酸っぱく濃い味のスープです。燻製肉や燻製の魚、ピクルスなど使って作るスープなので「飲むオードブル」とも呼ばれ、そのスパイシーな味は二日酔いをすっきりさせる効果があると言われています。そんなセリャンカの歴史と特徴について詳しく解説していきます。

シチー(シー):ロシアの食卓に欠かせないキャベツベースのさっぱりスープ

シチーはロシアの家庭料理で、キャベツをベースとして作られるさっぱりとしたスープです。地域によるバリエーションはありますが、本場ロシアではザワークラウト(キャベツの漬物)が使われており、酸味が効いているのが特徴です。そんなシチーの歴史と特徴について詳しく解説していきます。

オクローシカ:夏に食べたくなる、ほのかな酸味の新鮮野菜の冷製スープ

オクローシカはロシアの伝統的な家庭料理の冷製スープです。キュウリやタマネギ、ハツカダイコンなど季節の生野菜を細かく刻み、クワスというロシア独特の清涼飲料と混ぜて食べます。クワスのほのかな酸味とシャキシャキとした新鮮な生野菜の冷製スープは夏にぴったりの味わいです。また、加熱しない生の野菜からたっぷりのビタミンを取ることが出来るので健康にも良いと言われています。そんなオクローシカの歴史と特徴について詳しく解説していきます。