パウエル・クワック:一度見たら忘れない!底が丸いグラスが特徴

丸いフラスコのようなグラス、木の取っ手。丸い底の奇妙な形のグラスはテーブルの上に直接置くことはできず、木の取っ手(スタンド)を使わなければ、まっすぐに立つことはできない。初めてそれを見た人はきっと、「どうしてこんな形のグラスになったのだろう?」と疑問に思うだろう。 ベルギービールを語る上で欠かせない濃厚な味わいを持つパウエル・クワック。どうしてこんな形のグラスになったのか、その歴史や味わいについてご紹介しよう。

パエリア:スペインのおいしい米料理

パエリアは、スペイン名物となっている米料理。 鉄製で浅型の「パエリア専用鍋」を使い、オリーブオイルで米を炒めてから肉、魚介類、野菜とともに米にスープを吸わせるように炊き上げる。サフランで風味づけすることもこの料理の特徴。 現在はスペイン全土で食されており、世界的には魚介類を使ったパエリアが最も有名かつ人気であるが、パエリアが最初に作られたのは、米の産地のバレンシア。この地域のパエリアの具材にはうさぎ肉やサヤインゲン等が使われる。

カフェ・フローリアン:カサノヴァが愛した、カフェラテの原点

今では世界中で楽しまれているカフェラテ。その原点は、18世紀のヴェネツィアまで遡る。世界一美しい広場と称されたサン・マルコ広場の一角にオープンし、カフェラテを初めて提供したと言われるカフェ・フローリアンには、古くから多くの著名人達が休憩のために訪れていた。現代でも変わらない姿で営業を続けるこのカフェには、かつて著名人達が味わったであろうカフェラテを飲みながら、サン・マルコ広場の美しい景色を楽しむ人々で賑わっている。

シメイ:ベルギー・トラピストビールの代表的存在

小さな国ながら、村・町ごとにビールがあるといわれるベルギー。その数は1000種類以上ともいわれています。珍しいビールも数多くあるが、その中でも特筆すべきはトラピスト修道会が世界で認定した12のビールのうち6種がベルギーにあること。 そのトラピストビールの中でも最も人々に飲まれている「シメイ」について、歴史や背景、美味しい飲み方、ビールにあう料理などご紹介しよう。