“キビヤック“ 強烈な臭いの伝統食は厳しい土地で生き残るための栄養源

臭いが非常に強烈だといわれる発酵食品、キビヤックをご存知でしょうか? アザラシの腹に海鳥を入れて発酵させるという、臭いだけでなく見た目にもインパクトがある伝統食です。 ツンドラ地域の寒さの厳しい冬は、野菜や果物などの食料を手に入れることが難しいです。 そのため、ビタミン・ミネラルを補うため栄養豊富な保存食としてキビヤックが伝統的に食べられてきました。 では、キビヤックを食べるのはどのような人々なのか、どのように作るのかご紹介しましょう。

コーヒー:世界中で愛されるティータイムのお供

紅茶と並ぶティータイムのお供「コーヒー」を知らない人は世界中でほぼいないでしょう。 もちろん国の文化によってコーヒーをあまり飲まないという国もありますが、それでもほぼ世界の至る所でコーヒーを飲むことができます。 コーヒーとはどのようなものなのか、また世界ではどのようにして飲まれているのかをご紹介していきます。