ベンクト・サミュエルソン:プロスタグランジン(PG)の発見とその研究で...

ベンクト・サミュエルソンはスウェーデンの生化学者です。1982年にスネ・ベリストロームとジョン・ベーンとともに生理活性物質として体の維持に重要な役割を果たす一群であるプロスタグランジン(PG)の発見とその研究によりノーベル生理学・医学賞を受賞しました。そんなベンクト・サミュエルソンの受賞までの道のりを詳しく解説していきます。

ヴェルナー・アーバー:制限酵素を発見し応用した微生物学者

ヴェルナー・アーバーは、スイス出身の微生物学者・遺伝学者です。当初は電子顕微鏡法の助手を務め、電子顕微鏡をより効率的に使うあれこれを研究していました。その後は、放射線における遺伝子への影響の研究や、制限酵素の発見とそれを応用した遺伝子組み替え技術を開発しました。これは、遺伝子工学的には、画期的な事です。それらの功績が認められ1978年同じ制限酵素について研究していたダニエル・ネーサンズとハミルトン・スミスと共にノーベル生物学・医学賞を受賞しました。

ノーベル生理学・医学賞 1992年 エドヴィン・クレープス:エドモンド・...

エドヴィン・クレープスは、アメリカ出身の生化学者です。1992年に『可逆的タンパク質リン酸化による細胞プロセス調節スイッチの発見』でノーベル生理学・医学賞を受賞しました。この受賞はエドモンド・フィッシャーとの共同研究によるもので、同時受賞しています。そんなエドヴィン・クレープスの受賞までの道のりについて詳しく解説していきます。

ノーベル生理学・医学賞 1989年 ハロルド・ヴァーマス:レトロウイルス...

ハロルド・ヴァーマスはアメリカの科学者で、1989年に『レトロウイルスのガン遺伝子が細胞起源である事の発見』でノーベル生理学・医学賞を受賞しました。この受賞は、ヴァーマスと免疫学者で微生物学者のマイケル・ビショップの共同研究によるものです。今回はそんな彼らの受賞までの道のりを、ヴァーマスの側から解説していきます。

ノーベル生理学・医学賞 1989年 マイケル・ビショップ:ハロルド・ヴァ...

マイケル・ビショップは、アメリカ出身の免疫学者・微生物学者です。1989年に『レトロウイルスのガン遺伝子が細胞起源である事の発見』でノーベル生理学・医学賞を受賞しました。この受賞はビショップとハロルド・ヴァーマスの共同研究によって成されたもので、今回はビショップの側から見た受賞までの道のりについて解説していきます。

ノーベル生理学・医学賞 1991年 エルヴィン・ネーアー:ベルト・ザクマ...

エルヴィン・ネーアーは、ドイツ出身の生物物理学者です。1991年に『細胞内に存在する単一イオンチャネルの研究と測定法の発見』で細胞生理学者のベルト・ザクマンと同時にノーベル生理学・医学賞を受賞しました。そんなエルヴィン・ネーアーの受賞までの道のりについて解説していきます。

ノーベル生理学・医学賞1963年アラン・ロイド・ホジキン:神経細胞の研究...

アラン・ロイド・ホジキンはイギリスの生物物理者です。1963年に『神経細胞膜の末梢および中枢部における興奮と抑制に関するイオン機構の発見』でノーベル生理学・医学賞を受賞しました。アメリカケンサキイカを使った実験や、イオンチャネルについて研究したことでも知られています。そんなアラン・ロイド・ホジキンの受賞までの道のりについて詳しく解説していきます。