ノーベル生理学・医学賞1981年デイヴィッド・H・ヒューベル:大脳での情報...

デイヴィッド・H・ヒューベルはカナダの神経生理学者です。「視覚系における情報処理に関する発見」という内容で1981年にノーベル生理学・医学賞を受賞しました。ネコを使った実験を行ったことでも知られています。そんなデイヴィッド・H・ヒューベルの受賞までの道のりを詳しく解説していきます。

ノーベル生理学・医学賞1980年ジョージ・D・スネル:マウスを使って主要組...

ジョージ・D・スネルはアメリカの遺伝学者兼移植免疫学者です。「免疫学的相互作用を規制する、遺伝的に決定できる細胞表面の構造に関する発見」という内容で1980年にノーベル生理学・医学賞を受賞しました。多数のマウスを使い主要組織適合遺伝子複合体(MHC)の発見をしたことでも知られています。

ノーベル生理学・医学賞1976年ダニエル・カールトン・ガジュセック:クー...

ダニエル・カールトン・ガジュセックはアメリカ合衆国の医学研究者です。1976年に『遅発性ウイルス感染症の研究』でノーベル生理学・医学賞を受賞しました。パプアニューギニア島の流行病「クールー病」を研究した事でも知られています。そんなダニエル・カールトン・ガジュセックについて詳しく解説していきます。

ノーベル生理学・医学賞1964年フェオドル・リュネン:ドイツの生物、化学...

ドイツの生化学者フェオドル・リュネンは、1964年に『コレステロール、脂肪酸の代謝と調節の機構に関する研究』でノーベル生理学・医学賞を受賞しました。リュネンの最大の功績は、糖質、たんぱく質とともに三大栄養素と呼ばれる脂質の主な構成要素である脂肪酸の代謝やコレステロールについて解明したことです。今回はそんなフェオドル・リュネンの生涯や彼が行った研究ついて詳しく解説していきます。