潰瘍性大腸炎:潰瘍性大腸炎の幹細胞を用いた最新治療法

潰瘍性大腸炎は原因不明の腸粘膜炎症疾患です。粘膜はびまん性に発赤し下痢や血便などの症状がみられます。炎症が生じた状態が長期間続くと、大腸癌を生じることもあります。 今までは抗炎症薬を服用し炎症を抑える治療が行われてきましたが、最近は幹細胞を使った再生医療で傷を修復する治療法なども開発されています。 潰瘍性大腸炎の最新治療法にはどのようなものがあるのかご紹介したいと思います。

パーキンソン病:iPS細胞を用いたパーキンソン病の治療~最新治療

パーキンソン病は年々患者数が増えているにもかかわらず、まだ治癒が見込める治療法はありません。しかし、2018年iPS細胞を使った期待の持てる治療法の治験が京都大学医学部付属病院で始まりました。 パーキンソン病が起こる原因やiPS細胞、iPS細胞由来ドパミン神経前駆細胞を用いたパーキンソン病の治療法をできるだけ簡単にご説明していきます。

パーキンソン病:パーキンソン病の症状と原因、治療法

パーキンソン病は、手足の震えなどの運動障害が表れる進行性の脳神経系の病気です。脳神経系の病気の中では患者数が多いほうです。若い人もかかる病気ですが、高齢者になると発症率は飛躍的に高くなります。パーキンソン病とはどのような病気なのかを知っていただくために、症状、原因、治療法などについてご説明したいと思います。