高齢化:世界に迫りくる高齢化、どのように立ち向かっていくべきかを考える

日本は世界に先駆け超高齢社会に突入し、日本の動向に世界中が注目している。しかし、高齢化してくるのは日本だけに限らず、一人っ子政策を敷いていた中国などは、恐るべきスピードで高齢化を迎えると言われている。その対策として、中国の公的医療保険制度は、2020年までに「皆保険」の実現を目指している。 世界的に医療・介護人材の確保合戦(?)が予想されるなかで、理想的で効率的な医療・介護の仕組みを社会保障先進国のスウェーデンに探ってみた。

医薬品:創薬の現場

全世界の各国が誇る製薬メーカー、研究機関、大学等では日夜最新医薬品の開発にしのぎを削っています。 特に医療先進国であるアメリカ、EU諸国、それに日本での活動が頻繁に見られます。 しかし、こうした世界的な動きの中にあって、今まで治療薬が無く諦めてしまっていた疾患に関しても、効果がある薬剤が世界の至る所で世に出ています。 そうした新薬は、安全性の問題などを考慮して各国の規制当局により厳しい審査を経なければ、その国内での使用が出来ない場合があります。 ここでは、現在開発中の未承認薬に関しての現状や今後の方向性等を紹介し世界的な医療問題としてみたいと思います。

潰瘍性大腸炎:潰瘍性大腸炎の幹細胞を用いた最新治療法

潰瘍性大腸炎は原因不明の腸粘膜炎症疾患です。粘膜はびまん性に発赤し下痢や血便などの症状がみられます。炎症が生じた状態が長期間続くと、大腸癌を生じることもあります。 今までは抗炎症薬を服用し炎症を抑える治療が行われてきましたが、最近は幹細胞を使った再生医療で傷を修復する治療法なども開発されています。 潰瘍性大腸炎の最新治療法にはどのようなものがあるのかご紹介したいと思います。

潰瘍性大腸炎:潰瘍性大腸炎の症状と原因、治療法

潰瘍性大腸炎は治癒しにくい原因不明の炎症性腸疾患です。30歳以下の成人によく発症しますが、小児や70歳以上の成人にも発症します。長期に渡って炎症が生じると大腸癌を発症する可能性もあります。年々、患者数は増加傾向にありますが、その原因はわかっていません。長年、苦しんでいる人も多く、1日でも早く根治治療法の開発が望まれています。 潰瘍性大腸炎とはどのような病気かご紹介したいと思います。

パーキンソン病:iPS細胞を用いたパーキンソン病の治療~最新治療

パーキンソン病は年々患者数が増えているにもかかわらず、まだ治癒が見込める治療法はありません。しかし、2018年iPS細胞を使った期待の持てる治療法の治験が京都大学医学部付属病院で始まりました。 パーキンソン病が起こる原因やiPS細胞、iPS細胞由来ドパミン神経前駆細胞を用いたパーキンソン病の治療法をできるだけ簡単にご説明していきます。

パーキンソン病:パーキンソン病の症状と原因、治療法

パーキンソン病は、手足の震えなどの運動障害が表れる進行性の脳神経系の病気です。脳神経系の病気の中では患者数が多いほうです。若い人もかかる病気ですが、高齢者になると発症率は飛躍的に高くなります。パーキンソン病とはどのような病気なのかを知っていただくために、症状、原因、治療法などについてご説明したいと思います。

白血病:急性リンパ性白血病に対するCAR-T療法

白血病の治療法は、化学療法(抗がん剤)、放射線治療、骨髄移植(造血幹細胞移植)、臍帯血移植などが一般的には行われていますが、治癒しない人や再発してしまう人がたくさんいます。 現在、白血病の最新治療法は「CAR-T療法」という免疫治療です。CAR-T細胞はT細胞の遺伝子を組み替えてがんを攻撃できる細胞にしたものです。 T細胞、免疫療法、CAR-T療法、CAR-T療法の問題点をご説明いたします。