ノーベル生理学・医学賞1964年フェオドル・リュネン:ドイツの生物、化学...

ドイツの生化学者フェオドル・リュネンは、1964年に『コレステロール、脂肪酸の代謝と調節の機構に関する研究』でノーベル生理学・医学賞を受賞しました。リュネンの最大の功績は、糖質、たんぱく質とともに三大栄養素と呼ばれる脂質の主な構成要素である脂肪酸の代謝やコレステロールについて解明したことです。今回はそんなフェオドル・リュネンの生涯や彼が行った研究ついて詳しく解説していきます。

ノーベル生理学・医学賞1963年ジョン・C・エックルス:神経細胞の研究に尽...

ジョン・C・エックルスはオーストラリアの神経生理学者です。1963年に『神経細胞膜の末梢および中枢部における興奮と抑制に関するイオン機構の発見』でノーベル生理学・医学賞を受賞しました。精神が脳にもたらす影響を研究し続けた学者としても知られます。そんなジョン・C・エックルスについて詳しく解説していきます。

ノーベル生理学・医学賞1980年バルフ・ベナセラフ:自らの気管支喘息から...

バルフ・ベナセラフはベネズエラ、カラカス出身の病理学者です。フランスの免疫学者であるジャン・ドーセと、アメリカの遺伝学者兼移植免疫学者であるジョージ・スネルと共に、「免疫反応を調節する、細胞表面上の遺伝的構造に関する発見」で1980年度のノーベル生理学・医学賞を受賞しました。

ノーベル生理学・医学賞1979年アラン・コーマック:CT技術の開発に貢献し...

アラン・コーマックは南アフリカ共和国生まれの物理学者です。イギリスの電子技術者であるゴッドフリー・ニューボルド・ハウンズフィールドと共に、「コンピューター支援トモグラフィーの開発」という内容で1979年度のノーベル生理学・医学賞を受賞しました。そんなアラン・コーマックについて詳しくご紹介していきます。

ノーベル生理学・医学賞1975年ハワード・マーティン・テミン:遺伝情報の...

ハワード・マーティン・テミンはアメリカの遺伝学者です。1975年に『腫瘍ウイルスと細胞の遺伝物質との相互作用に関する発見』でノーベル生理学・医学賞を受賞しました。彼の研究により当時の遺伝情報についての常識が変わることになり今尚遺伝学においてその実績は讃えられています。そんなハワード・マーティン・テミンの受賞までの道のりについて詳しく解説していきます。