• アカデミー賞
エンタメ

テレンス・マリック:『天国の日々』『ツリー・オブ・ライフ』を制作した...

テレンス・マリックは1943年11月30日アメリカ合衆国イリノイ州オタワに生まれた映画監督です。当初は哲学を専攻していたものの、監督業に転向。『天国の日々』や『ツリー・オブ・ライフ』といった作品を制作し、アメリカを代表する映画監督の一人に数えられています。そんなテレンス・マリックの人生と作品について詳しく解説していきます。

エンタメ

デヴィッド・リンチ:『エレファント・マン』『ツイン・ピークス』を手掛...

デヴィッド・リンチは1946年アメリカ合衆国モンタナ州ミズーリに生まれた映画監督です。最初アートに関心をもつも、1967年には短編映画製作を開始。その後も次々と話題作を制作し、カルト映画の巨匠として知られるようになっていきました。そんなデヴィッド・リンチの人生と作品について詳しく解説していきます。

エンタメ

デヴィッド・リーン:『ドクトル・ジバコ』『アラビアのロレンス』を手掛...

デヴィッド・リーンは1908年3月25日イギリス、ロンドン郊外のクロイドンに生まれた映画監督です。拡張或る文学的な作品を制作した一方、『アラビアのロレンス』をはじめとした映画史に残る作品を制作したことでも知られています。そんなデヴィッド・リーンの人生と作品について詳しく解説していきます。

エンタメ

ダーレン・アロノフスキー:人間の精神をテーマとする作品を制作する映画監督

ダーレン・アロノフスキーは1969年2月12日にアメリカ合衆国のニューヨーク州、ブルックリンに生まれた映画監督です。ハーバード大学で人類学やアニメーションを学んだ後、『π』をわずか6万ドルの低予算で完成させ、その後は『ブラック・スワン』をはじめとした数多くの作品を制作、大変な注目を集めました。そんなダーレン・アロノフスキーの人生と作品について詳しく解説していきます。

エンタメ

ゼキ・ウクテン:トルコ出身の映画監督

ゼキ・ウクテンは1941年8月4日に生まれた映画監督です。高校在学中に演劇に興味を抱くようになり、助監督として映画製作のキャリアをはじめたのち、長編映画の監督としてデビューし、徐々に評価されるようになっていきました。その作品は故郷のトルコを題材にしたものも多く、トルコの歴史から社会問題を知るうえで重要な作品となっています。そんなゼキ・ウクテンの人生と作品について詳しく解説していきます。

エンタメ

スパイク・リー:『マルコムX』『インサイド・マン』を手掛けた映画監督

スパイク・リーは1957年3月20日アメリカ合衆国ジョージア州アトランタに生まれた映画監督です。アフリカ系アメリカ人に対する差別や偏見をテーマとして取り上げることで知られており、その作品はアメリカ議会図書館の国立フィルム登録簿に永久登録されるなど、アメリカを代表する映画監督のひとりと言えます。そんなスパイク・リーの人生と作品について詳しく解説していきます。

エンタメ

ステファン・エリオット:ロードムービー『プリシラ』を制作した映画監督

ステファン・エリオットは1964年にオーストラリアのシドニーに生まれた映画監督です。テレビ番組の制作アシスタントをつとめたのち、映画監督としてデビューし、カンヌ国際映画祭のパルムドールにノミネートされるなど高い評価を得ました。そんなステファン・エリオットの人生と作品について詳しく解説していきます。

エンタメ

ジョン・ラセター:ディズニー王国を築いた立役者の一人

ジョン・ラセターは、1957年1月12日アメリカ合衆国カリフォルニア州のハリウッドに生まれた映画監督です。ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ、ピクサー・アニメーション・スタジオの両方でチーフ・クリエイティブ・オフィサーを務めたことで知られており、ディズニーパークの企画開発も手掛けています。そんなジョン・ラセターの人生と作品について詳しく解説していきましょう。

エンタメ

ジョン・カサヴェテス:『グロリア』や『こわれゆく女』を制作した映画監督

ジョン・カサヴェテスは1929年12月9日アメリカ合衆国ニューヨークに生まれた映画監督で、俳優としてデビューしたのち、徐々に映画監督として名を知られるようになっていきました。特に『グロリア』はヴェネツィア国際映画祭で金獅子賞を受賞するなど、高い評価を受けています。そんなカサヴェテスの人生と作品について詳しく解説していきます。