• グルメ
アジア

チキン・ティカ・ボティ:鶏肉をスパイスに漬けて香ばしく焼いたパキスタ...

チキン・ティカ・ボティとは、インド北西部からパキスタン北東部にまたがるパンジャーブ地方でよく食べられる鶏料理です。タンドールという壷窯型オーブンで調理する料理で、「チキン・ティッカ」と呼ばれることもありますそんなチキン・ティカ・ボティの歴史と特徴について詳しく解説していきます。

ヨーロッパ

セリャンカ:「飲むオードブル」といわれるスパイシーな濃厚スープ

セリャンカ(Солянка/ソリャンカ、サリャンカ)はロシアやウクライナなど東欧地域の代表的な料理の1つで、スパイスを多く使った酸っぱく濃い味のスープです。燻製肉や燻製の魚、ピクルスなど使って作るスープなので「飲むオードブル」とも呼ばれ、そのスパイシーな味は二日酔いをすっきりさせる効果があると言われています。そんなセリャンカの歴史と特徴について詳しく解説していきます。

アジア

シンディ・ビリヤニ:インド・パキスタン発祥!ムスリムに起源を持つ米料理

ビリヤニはインドやパキスタンのムスリムに起源を持つ米料理です。別々に作った白米と肉、魚、野菜とスパイスを使って作るカレーを合わせて蒸し煮にする少し手間のかかる料理ですがそのおいしさは絶品といわれています。南アジア各地にあるビリヤニの種類の中でシンディ・ビリヤニはパキスタンでもっとも人気のあるビリヤニといえるでしょう。

ヨーロッパ

シチー(シー):ロシアの食卓に欠かせないキャベツベースのさっぱりスープ

シチーはロシアの家庭料理で、キャベツをベースとして作られるさっぱりとしたスープです。地域によるバリエーションはありますが、本場ロシアではザワークラウト(キャベツの漬物)が使われており、酸味が効いているのが特徴です。そんなシチーの歴史と特徴について詳しく解説していきます。