• ドイツ
エンタメ

レニ・リーフェンシュタール:『オリンピア』『意志の勝利』を手がけた映...

レニ・リーフェンシュタールは1902年ドイツのベルリンに生まれた映画監督です。舞踏家としてキャリアをはじめ、その後ナチスドイツのもと『オリンピア』や『意志の勝利』を制作。ナチの独裁を正当化させるプロパガンダ作品を制作したとして批判される一方、その芸術性が高く評価されています。そんなレニ・リーフェンシュタールの人生と作品について詳しく解説していきます。

エンタメ

エルンスト・ルビッチ:『生きるべきか死ぬべきか』『生活の設計』を手掛...

エルンスト・ルビッチは、1892年1月28日ドイツのベルリンに生まれた映画監督です。当初は俳優や小道具係からキャリアをはじめ、1918年からは監督業に転身。アメリカに制作の拠点を移してからは、メトロ・ゴールドウィン・メイヤー社やパラマウント社などに籍を置き、『生きるべきか死ぬべきか』『生活の設計』といった映画史に残る作品を制作しました。そんなエルンスト・ルビッチの人生と作品について詳しく解説していきましょう。

エンタメ

ウィリアム・ワイラー:『嵐が丘』『ローマの休日』を手掛けた映画監督

ウィリアム・ワイラーは1902年7月1日ドイツのミュールハウゼンに生まれた映画監督です。第一次世界大戦後に渡米し、1925年には映画監督デビュー。『嵐が丘』や『ローマの休日』をはじめとした映画史に残る作品を手がけました。そんなウィリアム・ワイラーの人生と作品について詳しく解説していきます。

エンタメ

ヴィム・ヴェンダース:ロードムービーで映画史に残る作品を制作した映画監督

ヴィム・ヴェンダースは1945年8月14日、ドイツのデュッセルドルフに生まれた映画監督です。大学では医学を学んだものの、のちに映画業界に転向し、ロードムービーをはじめとした数多くの作品を制作しました。そんなヴィム・ヴェンダースの人生と作品について詳しく解説していきます。

エンタメ

ライナー・ヴェルナー・ファスビンダー:ニュー・ジャーマン・シネマの旗手

ライナー・ヴェルナー・ファスビンダーは1945年5月31日にドイツのバート・ヴェリスホーフェンに生まれた映画監督です。『不安と魂』や『マリア・ブラウンの結婚』など16年で44本もの作品を発表し、ニュー・ジャーマン・シネマを代表する映画監督といわれています。そんなライナー・ヴェルナー・ファスビンダーの人生と作品について詳しく解説していきます。

エンタメ

ミヒャエル・ハネケ:『ファニーゲーム』や『ピアニスト』を制作した映画監督

ミヒャエル・ハネケは1942年3月23日にドイツのミュンヘンに生まれた映画監督です。ウィーン大学で哲学や心理学、演劇を学んだ後、テレビ局での仕事を経て映画監督に転身し、『ファニーゲーム』や『ピアニスト』といった作品を制作し、高い評価を得ました。そんなミヒャエル・ハネケの人生と作品について詳しく解説していきます。

エンタメ

マイク・ニコルズ:グラミー賞、アカデミー賞、トニー賞、エミー賞を受賞...

マイク・ニコルズは1931年11月6日にヴァイマル共和国ベルリンに生まれた映画監督です。ユダヤ人迫害から逃れるためにアメリカにわたり、その後シカゴ大学で医師になるべく勉強していたものの中隊。その後俳優としてのキャリアを積んだのち、『バージニア・ウルフなんかこわくない』や『クローサー』といった作品を発表したことで話題になりました。そんなマイク・ニコルズについて詳しく解説していきます。

エンタメ

ウォルフガング・ピーターゼン:『Uボート』を制作した映画監督

ウォルフガング・ピーターゼンは1941年3月14日ドイツ・ニーダーザクセン州エムデンに生まれた映画監督です。『Uボート』の監督として成功したのち、アメリカに移住。その後は『エアフォースワン』や『アウトブレイク』、『トロイ』や『ポセイドン』などの大作を手掛け、ハリウッドでも注目を浴び続けている映画監督の一人と言えます。そんなウォルフガング・ピーターゼンの人生と作品について詳しく解説していきます。