• フランス
エンタメ

セドリック・カーン:24歳で映画監督デビューした天才

セドリック・カーンは1966年6月17日フランスのフォントネー=オー=ローズに生まれた映画監督です。パリ高等映画学院で学んだ後、脚本家としてキャリアをはじめ、弱冠24歳で映画監督としてデビュー。その後はカンヌ国際映画祭をはじめとした数々の賞を受賞するなど、高い評価を得ています。そんなセドリック・カーンの人生と作品について詳しく解説していきます。

エンタメ

ジョルジュ・メリエス:『月世界旅行』『悪魔の館』などを制作した映画監督

ジョルジュ・メリエスは1861年フランスのパリに生まれた映画監督です。映画の黎明期において多重露光や低速度撮影、ストップモーションといった映画技術を発明し、また映像化は不可能と思われていた『月世界旅行』や『不可能を通る旅』といった作品を制作したことでも有名です。そんなジョルジュ・メリエスの人生と作品について詳しく解説していきます。

エンタメ

ジャン=ジャック・アノー:『薔薇の名前』を制作した映画監督

ジャン=ジャック・アノーは1943年フランスのジュヴィシー=シュル=オルジュに生まれた映画監督です。『人類創世』や『薔薇の名前』など映画史に残る作品を制作したことで知られており、そのミステリアスな演出は後世の映画作品に多大な影響を与えました。そんなジャン=ジャック・アノーについて詳しく解説していきます。

エンタメ

ジャン・ルノワール:戦後フランス映画界を代表する人物

ジャン・ルノワールは1894年9月15日フランス、パリのモンマルトルに生まれた映画監督です。父は印象派の画家ピエール=オーギュスト・ルノワールであり、幼少期は絵のモデルをつとめることも多くあったものの、自身は監督業に邁進。戦後フランス映画界を代表する人物となりました。そんなジャン・ルノワールの人生と作品について詳しく解説していきます。

エンタメ

ジャン・ユスターシュ:ポスト・ヌーヴェルヴァーグの旗手

ジャン・ユスターシュは1938年11月30日フランス、ジロンド県ペサックに生まれた映画監督です。1960年代からヌーヴェル・ヴァーグの映画監督たちと交流し始め、その才能が開花。ポスト・ヌーヴェルヴァーグの旗手として高く評価されていきました。そんなジャン・ユスターシュの人生と作品について詳しく解説していきます。

エンタメ

ジャン・エルマン:小説家、脚本家、映画監督として多彩な才能を発揮する...

ジャン・エルマンは1933年フランスのムルト=エ=モゼル県のパニ=シュル=モゼルに生まれた映画監督です。ロベルト・ロッセリーニやヴィンセント・ミネリらの助監督を務めたのち映画監督としてデビューしました。また1973年にはジャン・ヴォートラン名義で小説家としても活動しており、短編集「パッチワーク」ではドゥ・マゴ賞を受賞するなど、映画監督のほかにも小説家、脚本家としても才能を発揮しています。そんなジャン・エルマンの人生と作品には、どのような作品が含まれているのでしょうか。主要な作品についてご紹介します。

エンタメ

ジャン・ヴィゴ:フランス映画に大きな影響を及ぼした夭折の映画監督

ジャン・ヴィゴはフランス、パリに生まれた映画監督です。『アタラント号』や『ニースについて』といた作品を制作したものの、29歳という若さで亡くなったこともあり、作品すべての時間は合わせても3時間あまりしかありません。しかしその撮影技法や主題がのちのフランス映画に大きな影響を及ぼしたことから、「呪われた映画作家」ともいわれています。そんなジャン・ヴィゴの人生と作品について詳しく解説していきます。

エンタメ

ジャック・リヴェット:ヌーヴェル・ヴァーグの中心人物

ジャック・リヴェットは、1928年3月1日フランスのルーアンに生まれた映画監督です。フランス映画史上伝説的な『カイエ・デュ・シネマ』の編集長を務め、ヌーヴェル・ヴァーグの若手監督たちを牽引した人物でもあります。そんなジャック・リヴェットの人生と作品について詳しく解説していきましょう。

アート

サマセット・モーム:『月と六ペンス』を執筆した小説家

サマセット・モームは1874年1月25日フランス、パリに生まれた小説家です。第一次世界大戦中は医師として従軍したのち、1919年には『月と六ペンス』を発表。その平明な文体が評判となり、作家としての地位を確立。その後も数々の作品を発表し、イギリスを代表する小説家となっていきました。そんなサマセット・モームの人生と作品について詳しく解説していきます。

エンタメ

ロマン・ポランスキー:『ローズマリーの赤ちゃん』『戦場のピアニスト』...

ロマン・ポランスキーは1933年8月18年フランス、パリに生まれた映画監督です。第二次世界大戦下のユダヤ人迫害を生き残り、ウッチ映画大学に進学。冷戦下の1950年代のポーランドで俳優として活動をはじめ、監督業に転向しては『戦場のピアニスト』や『ローズマリーの赤ちゃん』といった作品を制作しました。そんなロマン・ポランスキーの人生と作品について詳しく解説していきます。