• フランス
エンタメ

フランソワ・トリュフォー:ヌーヴェル・ヴァーグを代表する映画監督

フランソワ・トリュフォーは1932年にフランスのパリに生まれた映画監督で、ヌーヴェル・ヴァーグを代表する映画監督の一人といわれている人物です。『大人は判ってくれない』や『アメリカの夜』といった作品を制作し、映画作家のアレクサンドル・アストリュックからは「愛のシネアスト」とも呼ばれました。そんなフランソワ・トリュフォーの人生と作品について、詳しく解説していきます。

エンタメ

フランク・ダラボン:『ショーシャンクの空に』『グリーンマイル』を制作...

フランク・ダラボンは1959年1月28日フランスのモンベリアルに生まれた映画監督です。スティーブン・キングの作品を映画化した映画作品で知られるとともに、『ショーシャンクの空に』や『グリーンマイル』といった映画史に残る作品を制作したことで知られています。そんなフランク・ダラボンの人生と作品について詳しく解説していきます。

エンタメ

ジュリアン・デュヴィヴィエ:『にんじん』『アンナ・カレーニナ』を制作...

ジュリアン・デュヴィヴィエは1896年10月3日にフランス共和国ノール県リールに生まれた映画監督です。パリで舞台俳優として活躍していたものの、1919年には映画監督としてデビュー。『にんじん』や『アンナ・カレーニナ』といった映画史に残る作品を制作しました。そんなジュリアン・デュヴィヴィエの人生と作品について詳しく解説していきます。

エンタメ

ジャン=ピエール・ジュネ:『デリカテッセン』『アメリ』を制作した映画監督

ジャン=ピエール・ジュネは1953年9月3日フランスのル・コトーに生まれた映画監督です。友人でもある映画監督マルク・キャロとともに撮影活動をはじめ、1991年には『デリカテッセン』で長編映画デビュー。そのブラックユーモアから大ヒットをおさめました。そんなジャン=ピエール・ジュネの人生と作品について詳しく解説していきます。

エンタメ

ジャック・ドワイヨン:『ラ・ピラート』や『ポネット』を制作した映画監督

ジャック・ドワイヨンは1944年3月15日フランス・パリに生まれた映画監督です。モーリス・ピアラやフィリップ・ガレルらと「ポスト・ヌーヴェル・ヴァーグ」と称されており、これまでフランス映画史に残るさまざまな作品を制作してきました。そんなジャック・ドワイヨンの人生と作品について詳しく解説していきます。

エンタメ

ジャック・ドゥミ:ヌーヴェル・ヴァーグの左岸派として活躍した映画監督

ジャック・ドゥミは、1931年6月5日にフランス西部のポンシャトーで生まれました。映画監督のジャン=リュック・ゴダールやフランソワ・トリュフォーらと共に活躍し、「ヌーヴェル・ヴァーグの左岸派」の一人として高く評価されています。そんな彼の人生と作品について詳しく解説していきましょう。

アーティスト

エドゥアール・ヴュイヤール:アンティミストの画家

エドゥアール・ヴュイヤールは1868年フランスのキュイゾーに生まれました。モーリス・ドニやピエール・ボナールなどナビ派の画家のひとりとして知られており、室内情景や日常生活など身近に親しい題材を好んでおり、自らを「アンティミスト」と称したことでも有名です。晩年は室内装飾や日本美術に影響を受けた屏風絵など、その制作の幅は絵画のみにとどまることはありませんでした。

アーティスト

ジョルジュ・スーラ:点描の画家

ジョルジュ・スーラは1859年にフランス、パリに生まれた画家です。スーラは印象派の画家たちが用いた「筆触分割」という方法を応用し、点の集合を描いていく「点描」という方法を編み出しました。点描は非常に数学的かつ合理的なもので、構図や色彩、光などを緻密に計算されたこれまでにない新しい表現方法でした。そんなスーラの生涯と作品とは、どのようなものだったのでしょうか。