• 旅行
ブレーマーハーフェン
ヨーロッパ

ブレーマーハーフェン(ドイツ):世界的ヒットを記録した歌手、ララ・ア...

戦場の兵士たちの心を癒した名曲“リリー・マルレーン”、その曲を歌った歌手が『ララ・アンデルセン』である。ラジオから流れる名曲は、毎日のように兵士の心にぬくもりをもたらしたという。自伝を出版し、ベストセラーとなったことも有名だろう。そんなララ・アンデルセンの出身地が、ブレーメン州の街『ブレーマーハーフェン』である。ドイツを代表する港湾都市。ララ・アンデルセンと故郷ブレーマーハーフェンの魅力を紹介しよう。

アート

悪魔博物館:世界の悪魔が一堂に会する博物館

バルト三国の最南端リトアニアにある悪魔博物館は、世界中の悪魔に関する人形や絵画、彫刻を所蔵、公開しています。世界でも珍しいという希少なコレクションは、悪魔らしい恐ろしいものから可愛らしさを感じるひょうきんなものまでさまざま。あなたの持っている悪魔の概念をくつがえすような新しい発見があるかもしれません。

アート

ルクセンブルク国立歴史美術博物館:充実のコレクションと巡る歴史と考古...

西ヨーロッパのルクセンブルクにあるのが、ルクセンブルク国立歴史美術博物館。ルクセンブルクの歴史、考古学、芸術に関するコレクションを所蔵した国内屈指の博物館です。2002年に完成したモダンな本館をメインとした展示空間は広く、見応えがあります。ルクセンブルクの街並みと同様に、優雅かつ歴史の詰まったコレクションに魅了されることは間違いないでしょう。

アート

ルーマニア国立歴史博物館:ルーマニアの歴史を語るミュージアム

ルーマニアの歴史の経緯を学べる施設が、首都ブカレストにあるルーマニア国立歴史博物館です。陶器、装飾品、王室が収集した希少な宝飾品など、幅広いジャンルのコレクションを公開しています。歴史的価値も高い石板やレリーフなど、ここでしか見学できないコレクションを堪能することもできるでしょう。特に「トラヤヌスの記念柱」は、博物館を訪れたら必見の作品です。

アート

リトアニア民俗生活博物館:ヨーロッパ最大級の野外博物館

リトアニアの伝統的な建物を展示したのがリトアニア民俗生活博物館。主に18世紀から20世紀にかけての地域ごとに異なる建物を公開しています。野外博物館としてはヨーロッパで最大規模。広大な空間を徒歩で回りながら、リトアニアの民俗文化にまつわる知識を深めることができます。この記事ではリトアニア民俗生活博物館の歴史や見どころを紹介します。

アート

リトアニア国立博物館:19世紀に設立された民族と歴史の博物館

リトアニアの歴史や民族文化についてのコレクションを披露しているのが、リトアニア国立博物館です。18世紀に建造された武器庫をベースにした建物は美しく、また優雅なたたずまい。館内ではリトアニア大公国時代からの歴史や、民族文化にまつわる展示が充実しています。リトアニアを観光するなら、必ず訪れておきたいスポットのひとつでしょう。

アート

リガ自動車博物館:車好きでなくても楽しめるヨーロッパの自動車史

バルト三国のラトビアにあるのがリガ自動車博物館です。2016年にリニューアルしたモダンな建物内では、ラトビアやヨーロッパの自動車史を巡るコレクションが公開されています。ピカピカに磨かれたクラシックな自動車の数々は、あなたの好奇心をチクチクと刺激するでしょう。展示に関する解説も充実しており、知識なしでも十分に楽しめる内容です。

アート

ラトビア占領博物館:コレクションと巡るラトビアの歴史

バルト三国に含まれるラトビア共和国の歴史を展示した施設が、ラトビア占領博物館です。1940年から1991年にかけて、ソ連とナチス・ドイツによって占領されたラトビアの歴史に焦点を当てています。当時の写真や映像、新聞記事の展示からは、占領時代のラトビアの苦悩がありありと伝わってくるでしょう。