• 映画監督
エンタメ

アンソニー・ミンゲラ:『モース警部』や『イングリッシュ・ペイシェント...

アンソニー・ミンゲラは1954年1月6日イングランドのワイト島に生まれた映画監督です。舞台演出や脚本家として活動したのち、1991年には映画監督としてデビュー。その後『イングリッシュ・ペイシェント』でアカデミー監督賞を受賞し、高い評価を受けました。そんなアンソニー・インゲラの人生と作品について詳しく解説していきます。

エンタメ

アンソニー・マン:『遠い国』『ローマ帝国の滅亡』を制作した映画監督

アンソニー・マンは1906年6月30日アメリカ合衆国カリフォルニア州サンディエゴに生まれた映画監督です。当初は俳優として活躍していたものの、監督業に進出。西部劇を中心とするヒット作を連発して、ハリウッド黄金期を築き上げました。そんなアンソニー・マンの人生と作品について詳しく解説していきます。

エンタメ

アンジェイ・ワイダ:『鉄の男』『カティンの森』を手掛けた映画監督

アンジェイ・ワイダは1926年3月6日ポーランド島北部スヴァウキで生まれた映画監督です。1955年に映画監督としてデビューしたのちはポーランド社会をテーマとした作品を次々と発表し、ポーランドを代表する映画監督の一人に数えられています。そんなアンジェイ・ワイダの人生と作品について詳しく解説していきます。

エンタメ

アン・リー:『ブロークバック・マウンテン』『グリーン・ディスティニー...

アン・リーは1954年10月23日台湾南部の屏東県に生まれた映画監督です。アメリカにわたって映画製作を学んだ後映画監督としてデビューし、代表作『グリーン・ディスティニー』はアカデミー外国語映画賞を受賞しました。そんなアン・リーの人生と作品について詳しく解説していきます。

エンタメ

アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ:メキシコ出身、『21グラム』を...

アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥは1963年8月15日メキシコシティに生まれた映画監督です。『21グラム』や『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』といった作品を手掛け、アカデミー賞やヴェネツィア国際映画祭で受賞するなど、現在もっとも高く評価されている映画監督のひとりです。そんなアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥの人生と作品について詳しく解説していきます。

エンタメ

アレハンドロ・アメナーバル:脚本家・作曲家としても活躍する多彩なスペ...

アレハンドロ・アメナーバルは1972年チリのサンティアゴに生まれた映画監督です。弱冠23歳で『テシス 次に私が殺される』を監督しゴヤ賞で新人監督賞と脚本賞を受賞したほか、ベルリン国際映画祭でも審査員の注目を集めました。近年も精力的に撮影活動を行っているほか、脚本家・作曲家としても活躍しており、その活動には注目が集まっています。そんなアナメーバルについて詳しく解説していきます。

エンタメ

アレックス・デ・ラ・イグレシア:『気狂いピエロの決闘』や『スガラムル...

アレックス・デ・ラ・イグレシアは1965年12月4日にスペイン・ビスカヤ県ビルバオに生まれた映画監督です。大学では哲学を学んだ後、漫画業界やテレビ業界で働き、1993年には長編映画監督としてデビュー。ゴヤ賞やスペイン映画国民賞を受賞するなど、スペインを代表する映画監督として高く評価されています。そんなアレックス・デ・ラ・イグレシアの人生と作品について詳しく解説していきます。

エンタメ

アレクサンダー・マッケンドリック:『成功の甘き香り』『サミー南へ行く...

アレクサンダー・マッケンドリックは1912年9月8日アメリカ合衆国マサチューセッツ州ボストンに生まれた映画監督です。漫画家としてキャリアをはじめ、脚本家やドキュメンタリー制作の仕事に就くようになり、1949年には映画監督デビュー。数々の作品を制作しました。そんなアレクサンダー・マッケンドリックの人生と作品について詳しく解説していきます。

エンタメ

アラン・レネ:『夜と霧』『二十四時間の情事』を手掛けた映画監督

アラン・レネは1922年6月3日フランス、ヴァンヌに生まれた映画監督です。幼いころから映画に関心を持つようになり、映画編集者として働き始めたのち短編映画を制作するようになり、1955年にはナチスによるアウシュヴィッツ強制収容所を扱った『夜と霧』を発表。その後も戦争や芸術家などをテーマとして作品制作を続けていきました。そんなアレン・レネの人生と作品について詳しく解説していきます。