• 画家
アーティスト

アルフォンス・ミュシャ:アール・ヌーヴォーの巨匠

アルフォンス・ミュシャは1860年のオーストリア、モラヴィアに生まれたグラフィックデザイナーかつ、画家である人物です。華麗な曲線を多用したデザインは当時の芸術界で絶賛され、イラストレーションと絵画の両方で20世紀美術に残る名作を数多く残しました。そんなミュシャの生涯と作品とはどのようなものだったのでしょうか。

アーティスト

エドゥアール・ヴュイヤール:アンティミストの画家

エドゥアール・ヴュイヤールは1868年フランスのキュイゾーに生まれました。モーリス・ドニやピエール・ボナールなどナビ派の画家のひとりとして知られており、室内情景や日常生活など身近に親しい題材を好んでおり、自らを「アンティミスト」と称したことでも有名です。晩年は室内装飾や日本美術に影響を受けた屏風絵など、その制作の幅は絵画のみにとどまることはありませんでした。

アーティスト

ジェームズ・アンソール:仮面の画家

ジェームズ・アンソールは1860年ベルギーのオーステンデに生まれた画家です。その仮面や骸骨をモチーフとした独特な表現は、最初こそ異端児と嘲笑されたものの、20世紀からは徐々に人気が高まり、フランスのレジオン・ドヌール勲章を受章するほどでした。そんなアンソールの生涯や作品はどのようなものだったのでしょうか。

アーティスト

ジョルジュ・スーラ:点描の画家

ジョルジュ・スーラは1859年にフランス、パリに生まれた画家です。スーラは印象派の画家たちが用いた「筆触分割」という方法を応用し、点の集合を描いていく「点描」という方法を編み出しました。点描は非常に数学的かつ合理的なもので、構図や色彩、光などを緻密に計算されたこれまでにない新しい表現方法でした。そんなスーラの生涯と作品とは、どのようなものだったのでしょうか。

アーティスト

ピエール・ボナール:ナビ派の創設者

ピエール・ボナールは版画やポスターなど絵画にとどまらず様々な作品を制作したことで知られており、日本美術の影響を色濃く受けたことでも有名です。また室内情景などの身近なモチーフを好んで描いたことから、「アンティミスト」とよばれています。そんなボナールの生涯と作品とは、どのようなものだったのでしょうか。

アート

ザッキン美術館:パリの町で味わうザッキンの世界観

ザッキン美術館は、主に彫刻家として活躍したザッキンの世界観をそのままに感じる事の出来る美術館です。その美しいアトリエから多くのザッキン作品が誕生したと思うと、大変感慨深くなるでしょう。こぢんまりとした感じが、可愛らしい美術館です。今回は、そんなザッキン美術館についてご紹介します。

アーティスト

葛飾北斎:数多くの改号と転居を繰り返し、生涯に3万点の作品を残した浮世...

富士山を表富士と裏富士に分け、随所から描いた風景画集「冨嶽三十六景」で知られる、江戸時代後期を代表する浮世絵師。生涯に約3万点を超える作品を発表した。世界へも衝撃と日本文化を広めるという多くの良き影響を与え、印象派画壇の芸術家であるフィンセント・ファン・ゴッホも葛飾北斎の作品に影響を受けた。葛飾北斎の作品はこの世の天地間に存在する数限りない万物を描き、絵画業界だけでなく、工芸や音楽業界にも高く評価された。当時ではまれな90歳という長寿であった。

アーティスト

ヤン・ファン・エイク:油絵具の生みの親で高給取りのエリート画家

ヤン・ファン・エイクは現在のベルギーに位置するブルゴーミュ領ネーデルランドにあるマースエイクという町で生まれた画家及び外交官です。彼は15世紀に画家として活躍する一方で、1425年頃からイングランドと同盟関係にあったフィリップ善良公に仕え始め、外交官としての存在感を発揮していました。生涯にわたり宮廷画家であったヤンの代表作には「ヘントの祭壇画」や「アルノルフィーニ夫妻像」、「フアン・デル・パーレの聖母子」があります。また、ロンドンのナショナル・ギャラリーに所蔵されている「ターバンを巻いた男」は自画像とも言われ、強烈な印象を与えています。